スポンサーリンク

料理が苦手で嫌い!毎日の料理のストレスを開放する10の方法
スポンサーリンク

毎日の料理…何が嫌い?苦手?

毎日、料理をしなければいけない人はたくさんいますが、人によって、料理のどこが嫌い?何が苦手?かは、さまざまあるでしょう。まず、料理のどこが嫌い?何が苦手?を整理してみましょう。

料理のどこが嫌い?何が苦手?①面倒くさい

子供が小さいから野菜をたくさん食べさせなくては。夫のために、低カロリーで高タンパクな料理を作らなくては。栄養バランスはちゃんと整っているか。毎日、義務感のようなものを感じていませんか。そして、簡単に済ませることに、罪悪感を感じていませんか。そういう気持ちを抱えながら、毎日台所に立ち続けると、いつしか、食事作りを始める時間になると気分が落ち込んだり、面倒くさいと感じてしまい、料理することが嫌いになってしまうのです。

料理のどこが嫌い?何が苦手?②献立を考えるだけで一苦労

家庭を持っていれば、自分の好みのものだけを作るわけにはいきません。子供に偏食があれば、献立を考えるのも一苦労で、苦手という方もいます。家族からの不満の声もあるでしょう。同じものを何度も作ると「また、これ~」と言われ、新しいレシピに挑戦したものの「あんまりおいしくないんだけど…」。じゃ何が食べたいのと聞けば「別に何でもいいよ…」誰か献立を決めて!そんな叫び声が聞こえてきます。

料理のどこが嫌い?何が苦手?③下ごしらえが面倒

カット野菜は便利だけど、割高…。ごぼう、レンコンなど、皮がついたままの方が栄養価も高いのは分かっているけれども、下ごしらえが面倒くさい…。もやしのひげ根とりなんて、「本当にやるんですか…」って感じでしょう。魚屋では、下ごしらえを頼みたくても頼み方が分からず、仕方なく自分で…。エビの背わたや魚の小骨を取るのが面倒。あげていけば、きりがありません。何かを作ろうにも、下ごしらえだけで疲れてしまい、料理が嫌いになってしまうことがあります。

料理のどこが嫌い?何が苦手?④洗い物が面倒くさい

家族が多ければ、それだけ使う食器も増えるもの。4,5人家族で、おかずを2、3品作ると、一度の食事で使う食器の数も多いはずです。洗い物を少なくするためにワンプレートで済まそう、なんていう提案もありますが、汁気の多いものは乗せにくいし、味が混ざるのが嫌い、という家族の声もあるでしょう。さらに、小さな子供にとって、器を持って食べられないワンプレートは、食器を持って食べる、という日本食のマナーが身につかない、というデメリットもあるのです。賃貸住宅ですと、食洗機を置けないこともあります。大量の洗い物が出ると、どっと疲れる、という声も聞かれます。

スポンサーリンク

子供には母親の手作りを!という固定観念もツラい

「母親ならポテトサラダぐらい作ったらどうだ」幼児を連れた母親が、惣菜売り場で、ポテトサラダを買おうとしたら、後ろにいた高齢男性から、母親に投げかけられた言葉です。2020年夏、その場面に居合わせたという女性がツイッターに投稿し、話題となりました。高齢男性のように、「子供には、母親の手作りの食事を用意するものだ」という昔ながらの固定観念がまだあることが明らかになりました。また、女性の中にも、「惣菜を買うのは、手抜きかも…」と、罪悪感を感じてしまう人もいます。

スポンサーリンク

料理は女性の仕事!という固定観念もまだあります

世間では、家事の分担などと叫ばれているけれども、料理を作るのは、やはり女性の役目である家庭が多いでしょう。小さい頃、男兄弟がいるのに、女の子の自分だけが母親の手伝いをさせられた、そういう経験がある人も少なくないはずです。一口に料理と言っても、献立を決めるところから始まり、予算とにらめっこしながら買い出しに行き、安いものを探してスーパーをはしごすることもあるでしょう。疲れて帰宅をして、下ごしらえをして、調理に取り掛かるという、長い流れがあります。

特に小さな子供がいると、好き嫌い、アレルギーがあることもあるでしょう。集中して調理を短時間で済ませたいときに限って、子供が「遊んで~」と台所まで来てしまい、イライラすることもあるはずです。「料理は女性がするものだ」「子供には母親の手作りを」という、昔ながらの固定観念が女性を苦しめ、料理が嫌い、苦手になってしまうこともあります。

料理する前に…まずは知識を身につけよう

どうしても毎日の生活についてまわる料理。それならば、料理に対するネガティブな感情を払拭して、嫌悪感や苦手意識を軽くしませんか。料理が嫌い、苦手な人の中には、毎日何となく料理をしていれば、いつかは上達するはず、そう思っている人はいませんか。もしどこかに学生時代の家庭科の教科書があれば、引っ張りだしてきて、もう一度目を通してみましょう。料理の基礎がしっかりと書かれているはずです。

また、たくさんのレシピサイトがありますが、やはり一度、料理の基本をおさらいしてみませんか。なぜ卵をゆでるときに塩をいれるのか、なぜ肉のスジを切るのか、野菜をゆでた後に水にさらすのか、さらさないのかなど、レシピにはその作業の理由が書いてないことがあります。しかし、何となくやっていたことの理由が分かると、がぜん、料理が面白くなること、間違いなしです!自己流で料理をしてきたという方も多いかもしれません。一度、料理の基本に目を通してみましょう。

AJINOMOTOPARK 食べる楽しさを、もっと。「料理の基本」

料理は科学だ!ってご存じですか

上記にも書いたように、レシピに書いてあるからと、何となくやっていたことってありますよね。他にも

  • 電子レンジでさつまいもを加熱したけれども、なんだか甘くない。
  • ハンバーグをこねるときに、塩を入れるのはなぜ。
  • ホワイトソースを作りたいけれども、小麦粉がダマになってしまう

など。なぜ塩を入れるのか、どうしたら素材の持ち味を引き出せるのか、などレシピを見るだけでは分からないことがあります。実は、料理は科学の勉強につながっているんです!科学的根拠を知れば、料理の楽しさも増してくるはずです。ぜひ、チェックしてみませんか?知識を頭に入れておくと、いろいろな場面で応用もできるようになります。

Z-SQUARE 子供と楽しむ料理の科学の記事一覧

味つけの黄金比を覚えよう!

レシピをいちいち見ながら調理するのは、卒業したいなぁと思い始めたあなた!味付けの黄金比をご存じですか。この黄金比をメモしておけば、あとは材料を量るだけ。ビジッと味が決まるはずです。くれぐれも、味付けは少量から加えていって下さい。濃すぎると、後から薄くできませんからね。

オレンジページnet「基本の料理12品【味つけ黄金比率】早見表」

料理が嫌い、苦手から解放されるための10の方法!

どうしても避けられない料理。それならば、楽しみに変えてしまいませんか。これまで、料理の基本も身につけました。料理にまつわる科学的根拠も頭に入れました。さぁ、あとは実践のみです。でも作る前に、すこしアドバイスがあります。あなたにとって、苦行のような料理から解放されるための10の方法です。どれか一つでも、あなたの心に響くものがあれば本望です!

料理が嫌い・苦手から解放されるために①どんな料理を作りたいか決めよう!

基本の和食だけ押さえたい。簡単にできる一人分の料理を極めたい。人によって、どんな料理を作りたいのか、さまざまでしょう。料理の範囲は広いので、自分の作りたい料理を絞り込み、その範囲をしっかり勉強して身につけると、上達が早いかもしれません。例えば、主婦ですと、白いご飯にあうおかずの出番が多くなるでしょう。唐揚げ、肉じゃがなど、ご飯にあう定番のおかずを上手に作れるようになると、料理がおっくうにならずにすむはずです。

料理が嫌い・苦手から解放されるために②お気に入りのレシピを見つけよう!

料理レシピを検索すれば、星の数ほどのレシピが出てきますね。写真を見るとおいしそうなので、作ってみたら、味がイマイチ…。有名な料理研究家の人気のレシピを手に、料理を作ってみたものの、味が濃すぎて、また逆に薄すぎて、おいしくない…。どこか間違えたかな?と思ってチェックするけれども、間違えていない。そんな経験はありませんか?

また、レシピ本ジプシーといって、家の本棚に、いろいろなレシピ本が山ほど並んでいるけれども、ピンと来るレシピや料理研究家に出会えてない、という人もいるでしょう。いくら他の人がおいしいと言っても、自分の舌には合わない、そんなこともあります。料理研究家のレシピを選ぶよりも、調理学校や大学から出版されているものを選ぶと、ハズレなしの可能性が高いです。料理が嫌い、苦手というストレスから解放されるには、自分の好みのレシピを見つけ、繰り返し作ることも大切です。

料理が嫌い・苦手から解放されるために③youtubeを活用しよう!

youtubeで家庭料理と検索すると、テレビで活躍しているような、プロの料理人のサイトがあります。そんなプロの料理方法を無料で視聴できるなんて、驚きです。見ないでいられますか?料理教室に行かなくとも、簡単に学ぶことができます。ぜひ、お気に入りのサイトを見つけて、一緒に作ってみましょう。

料理が嫌い・苦手から解放されるために④献立を固定しよう!

手間を省こうと、一度に大量におかずを作りたくなるとき、ありますよね。同じ料理を二日出しても、家族から不満の声は上がらなくても、3日目には「また~」と言われてしまいそうです。けれども、一週間サイクルでしたら、どうしょうか。「また~」なんてことは、言われないかもしれません。一週間分の献立を、余裕のあるときに、考えておくといいですね。また、毎週日曜日はカレーの日、毎週水曜日は、デパ地下グルメの日などと、料理のことを考えずにすむ日を設けておくと、気持ちが楽になるはずです。

スポンサーリンク