スポンサーリンク

料理が苦手で嫌い!毎日の料理のストレスを開放する10の方法

スポンサーリンク

毎日の料理…何が嫌い?苦手?

毎日、料理をしなければいけない人はたくさんいますが、人によって、料理のどこが嫌い?何が苦手?かは、さまざまあるでしょう。まず、料理のどこが嫌い?何が苦手?を整理してみましょう。

料理のどこが嫌い?何が苦手?①面倒くさい

子供が小さいから野菜をたくさん食べさせなくては。夫のために、低カロリーで高タンパクな料理を作らなくては。栄養バランスはちゃんと整っているか。毎日、義務感のようなものを感じていませんか。そして、簡単に済ませることに、罪悪感を感じていませんか。そういう気持ちを抱えながら、毎日台所に立ち続けると、いつしか、食事作りを始める時間になると気分が落ち込んだり、面倒くさいと感じてしまい、料理することが嫌いになってしまうのです。

料理のどこが嫌い?何が苦手?②献立を考えるだけで一苦労

家庭を持っていれば、自分の好みのものだけを作るわけにはいきません。子供に偏食があれば、献立を考えるのも一苦労で、苦手という方もいます。家族からの不満の声もあるでしょう。同じものを何度も作ると「また、これ~」と言われ、新しいレシピに挑戦したものの「あんまりおいしくないんだけど…」。じゃ何が食べたいのと聞けば「別に何でもいいよ…」誰か献立を決めて!そんな叫び声が聞こえてきます。

料理のどこが嫌い?何が苦手?③下ごしらえが面倒

カット野菜は便利だけど、割高…。ごぼう、レンコンなど、皮がついたままの方が栄養価も高いのは分かっているけれども、下ごしらえが面倒くさい…。もやしのひげ根とりなんて、「本当にやるんですか…」って感じでしょう。魚屋では、下ごしらえを頼みたくても頼み方が分からず、仕方なく自分で…。エビの背わたや魚の小骨を取るのが面倒。あげていけば、きりがありません。何かを作ろうにも、下ごしらえだけで疲れてしまい、料理が嫌いになってしまうことがあります。

タイトルとURLをコピーしました