40代からの再婚生活のリアル&知っておくべき心構え

「20~30代で一度は結婚に失敗してしまったけれど、40代になり再婚願望が芽生えた」「今度こそ運命の人と出会った」と、このような方もいるのではないでしょうか。今や婚活市場では女性が溢れてきていると言われていますが、実際には40代での結婚数は年々増加しています。そこで今回は、40代での再婚を考えている方に向けて、再婚生活の実情や心構えについてをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

40代での再婚は珍しいことではない

40代だからといって結婚をあきらめることはない!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUSEI9V9A7485_TP_V.jpg

近年はライフスタイルの多様化から、結婚する年齢も多岐に渡っており、40代はもちろん、50代で結婚を経験する人というのは決して珍しい存在ではなくなっています。テレビのニュースや雑誌を見ても、40代、50代の芸能人が初めて結婚を経験、あるいは再婚したという報道も頻繁に目にできるほどです。

確かに一昔前だと、早い人は高校を卒業した10代、遅くても20代後半には結婚しているというパターンが一般的だったかもしれません。今となっては本当に失礼な話ですが30代で未婚だと、売れ残りだと揶揄する人も少なからずいたのも事実です。ましてや、40代で結婚、あるいは再婚するというのは考えられませんでした。

また、20代、30代で結婚をしたのにも関わらず、その後離婚しバツイチとなってしまうと、親族や周りの人からの偏見から肩身を狭い思いをした人も多いのではないでしょうか。昔だと、20代で結婚し子供を作り、家庭を持ちながら1つの会社で定年まで働くというライフスタイルが良くも悪くも理想的な人生のレールとされてきました。離婚してそのレールから外れてしまった人は、どうしても白い目で見られてしまった時代もあったのです。

しかし、現在では結婚という選択肢は必ずしも王道ではなくなりました。離婚件数も、3組に1組のカップルが離婚していると言われており、バツイチという人も珍しくなくなりました。そして、それに伴って増加しているのが、40代バツイチの人の再婚です。

昔はアラフォーの人が再婚するということは一般的ではありませんでした。しかし、離婚件数が増え、バツイチの人やシングルマザー・シングルファーザーへの偏見というのもだいぶ改善しました。そのため、40代の人でも、初婚の方と結婚するというのは多くなってきているのです。

40代の離婚・再婚件数


https://www.instagram.com/p/Boeo8MonK_H/media/?size=l

2015年度の厚生労働省の人口動態統計の調査で、40代の離婚率・再婚率のデータがあります。はじめに40代の離婚率のデータについて紹介します。

男女共に35歳から44歳のアラフォーと呼ばれる年齢の間に、およそ33%の夫婦が離婚しています。40代の男性の場合、40歳から49歳の離婚率がおよそ28%という値となっています。一方、女性の場合でも30代後半が離婚のピークですが、40歳から49歳の人の約27%の人が離婚を経験しているのです。

また、40代の再婚率も年々増加しており、2015年には40歳から49歳で、男性の場合はおよそ30000件、女性の場合は20000件の再婚が行われ、離婚数のおよそ半分の人が再婚をしているという調査結果があります。さらに、1年で結婚したカップルのうち、3組に1人はなんと再婚のカップルとなっているのです。

このように日本では再婚率は上がっており、40代の女性でも結婚をあきらめる必要はありません。平均寿命が上がっている今の時代、40代から生涯をともにするパートナーを探すのも良いでしょう。以前の結婚で得た経験や失敗を糧にして、胸を張って再婚へと歩みだしましょう。

40代での再婚は幸せになれる?

40代の再婚ならではのメリットもある


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/gori20161113443818_TP_V.jpg

3組に1組の結婚が再婚カップルとされている現代において、40代の再婚でも幸せに暮らしている人は大勢います。決して40代だから、バツイチだからと引け目を感じることもないんですよ。

また、離婚や再婚、シングルマザーも珍しくなくなったことで、一昔前のような周囲からの偏見もほとんどありません。専門のサポートも行政・民間問わず増加傾向にあるので、周囲からの助けも得やすくなっています。

そして何より、40代での再婚は、20代・30代の結婚との時には持っていなかったメリットもあるのです。

過去の失敗からの学びがある


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_amaenbounokanojyo20140321_TP_V.jpg

バツイチの人が経験していて、初婚の人が持っていないもの、それは結婚生活についての経験です。40代で再婚の人は結婚生活がどのようなものかを若者以上に理解しており、また、1度大きな失敗をしているため、同じ失敗を繰り返しにくいのです。

確かに40代で再婚した人は、最初の結婚生活には失敗してしまったのかもしれません。しかし、その失敗はかけがえのない財産となり、次の結婚生活をより良いものにしてくれます。

初めての結婚のカップルは、結婚生活が右も左もわからない状態です。そのため、2人のコミュニケーションや連携がうまくいかなかったり、相手に対して失礼なことをしてしまなど、様々な不安要素があります。

しかし、再婚の方は1度離婚し、結婚生活のノウハウを始めから持っています。そして、何より大きいのが、相手の存在がいかに重要かを身をもって知っているということです。

はじめの結婚生活では相手を傷つけてしまい、1度は手放してしまいました。そのため、相手がいない1人の時間がどんなに辛いかをよく理解しているのです。その辛さを知っているからこそ、2度と同じことを繰り返さないように相手に接することができ、そこに相手への優しさや思いやりが生まれます。

また離婚をしたくないと思うからこそ、少しのことで文句を言ったり、失礼な行動を控えるようになります。そのため、昔とは全く違う、安定感のある結婚生活を送ることができるのは、再婚の人ならではでしょう。

40代での再婚生活ってどんなもの?

では実際に40代で再婚した場合、もっと若い時に結婚した場合や初婚の場合と比べてどんな生活が待っているのでしょうか?40代の再婚だからこそ得られるメリットもあれば、40代の再婚だからこそ気をつけなければならない注意点もあります。ここからはそんな40代の再婚生活におけるメリットや注意点を、順を追って説明していきましょう。

2度目の結婚生活で余裕がある


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CON_katawo15092721_TP_V.jpg

再婚した人が持っている結婚生活のノウハウは、新しく始めた再婚生活にも役立てることができ、初婚よりも慌てず余裕のある生活を送れることが特徴です。結婚生活にかかるお金、近所づきあい、親戚づきあい、各種保険などの制度など、結婚生活を始めたばかりの頃は覚えなければいけないことが多く、初婚の人だとあたふたしてしまうことも少なくないでしょう。

しかし、再婚の場合だと、それらは1度経験しているため、結婚生活にかかる金額や生活に必要なもの、各種手続きなどに迷うということはなくなります。これほど頼り甲斐のある人はいないのではないでしょうか。

また通常の新婚生活というのは、お互いの生活スタイルや習慣をなかなか変えられずケンカになることも多いものです。しかし再婚する人は以前の結婚でそういった時期を経験していますので、柔軟に変化させることができたり相手ときちんと相談できたりすることができます。結婚を一度経験しているからこそ、新婚当初から落ち着いた生活ができるというのも、40代での再婚のメリットではないでしょうか?

責任ある大人同士協力して生活できる


https://www.pakutaso.com/20180519129post-16098.html

40代での再婚をする時には、お互い社会経験や結婚の経験をふまえ落ち着いた大人になっているというのもメリットではないでしょうか?お互いの仕事や価値観、家族なども尊重し、お互いの「個人」としての領域を大切にできる結婚は、若い時にはなかなか難しいものです。それが可能なのが40代での再婚です。特に仕事を頑張りたい40代女性や、いろいろなことを二人できちんと相談したいという人にはぴったりです。

それぞれしっかりした大人二人での共同生活は、掃除や洗濯・料理などの家事の分担などもしっかりできるので毎日の生活がスムーズでしょう。また仕事への理解も深いので、出張や残業が多い仕事に従事している40代女性でも安心ですね。結婚という安心感がありながら個人の生活を守れる環境が、40代女性が再婚で得られるメリットではないでしょうか?

関連記事