恋愛は「待つ」ことができる人が制す!焦りは自滅のもと

あなたの「待てなかった」を振り返ってみよう

最近、彼とのケンカが増えた。次のデートの約束はまだなの。まだプロポーズはしてくれないの。恋愛に悩みはつきものですね。時には、あなたが待つことをしなかったために、無用の焦りを感じてしまったり、自滅してしてしまったこともあるはず。

過去の自分の恋愛を思い返してみて、そんな失敗を再チェックしてみましょう。

<待てずに自滅した恋愛>売り言葉に買い言葉のケンカに心当たりは?

交際中、恋人とケンカしてしまうことは、必ずあります。他人同士です、意見が合わないことがあっても不思議ではありません。

けれども、そのケンカの仕方が、その恋愛の行方を決めてしまうのです!

互いの意見の相違点は何か、歩みよることができる点はどこなのか、冷静に議論できる気持ちがあると、ケンカしたとしても、さらに互いをわかり合い、より強く結ばれることになります。

その真逆が、売り言葉に買い言葉のケンカです。彼から激しい言葉を投げかけられたら、あなただって、さらにキツい言葉を投げたくなる。

でも、それはつい口をついて出た言葉であって、本心ではないことだってあったはず…。つい感情的になり、自滅してしまった…。そんなこともあるでしょう。

感情的になり、応酬するよりも、反論の言葉を飲み込み、その場を引き去り、互いが落ち着くまで待つことができたならば、その恋愛は、ちがった展開を迎えたかもしれません。

<待てずに自滅した恋愛>彼の都合より、自分の都合を優先させた?

交際が始まったばかりの頃は、互いの距離感もまだあって、相手の気持ちを最優先に考えたり、自分の思っていることを口にしなかったり、それでも幸せ。とにかくいい関係を続けていこうと努力します。

ただ、そんな時期には終わりが来ます。交際が長くなるにつれ、相手の気持ちが自分に向いているという自信が出てきて、もっと彼と親密になりたくなるものですが、その気持ちがエスカレートすることがあります。

週末はデートするのが当然。LINEは毎日交換しあうのが普通だと思い込んでしまい、彼から連絡がないと、「私のこと、好きじゃないの?」なんて焦りを感じたり。いつの間にか、相手の都合も考えずに、勝手に決めつけていたこと、ありませんか。

恋愛は、二人でするものなのに、自分の気持ちが最優先で、相手の都合を考えなくなってしまい自滅…。残念ながら、別れを自分で呼び寄せたのかもしれません。

<待てずに自滅した恋愛>不安に負けてしまった?

彼に嫌われたくない。今の彼を逃したら、結婚のタイミングを失う…。そんな不安から、焦りが行動に出て、空回りの恋愛になってしまったことはありませんか。自分で自滅の道を選んだような…。

私の誕生日や、二人の記念日が近いのに、デートの誘いはまだ?休暇が迫っているけれども、何かプランはないの?何かいい返事はないかとメールを出したのに、すぐに返信がこない。「いったい彼は何をしているの?」不安にかられて、もう何通もメールしているけれども、音沙汰なし…。自分の希望や不安ばかりが膨らみ、気もそぞろ。

そんなあなたを「そんなに心配しなくても大丈夫」といさめてくれる彼ならば、本当に運命の男性かもしれませんが、「重すぎる…」「他にすることはないの?」なんて思う男性ならば、距離を置かれても、仕方ありません。

少し待つことができたならば、彼は逃げなかったかも…。

「今となっては、苦い思い出だわ」「自滅の道を選んだなぁ…」そんな女性もいるはずです。

タイトルとURLをコピーしました