スポンサーリンク

恋愛は「待つ」ことができる人が制す♡焦りは自滅のもと
スポンサーリンク

あなたの「待てなかった」を振り返ってみよう

最近、彼とのケンカが増えた。次のデートの約束はまだなの。まだプロポーズはしてくれないの。恋愛に悩みはつきものですね。時には、あなたが待つことをしなかったために、無用の焦りを感じてしまったり、自滅してしてしまったこともあるはず。

過去の自分の恋愛を思い返してみて、そんな失敗を再チェックしてみましょう。

<待てずに自滅した恋愛>売り言葉に買い言葉のケンカに心当たりは?

交際中、恋人とケンカしてしまうことは、必ずあります。他人同士です、意見が合わないことがあっても不思議ではありません。

けれども、そのケンカの仕方が、その恋愛の行方を決めてしまうのです!

互いの意見の相違点は何か、歩みよることができる点はどこなのか、冷静に議論できる気持ちがあると、ケンカしたとしても、さらに互いをわかり合い、より強く結ばれることになります。

その真逆が、売り言葉に買い言葉のケンカです。彼から激しい言葉を投げかけられたら、あなただって、さらにキツい言葉を投げたくなる。

でも、それはつい口をついて出た言葉であって、本心ではないことだってあったはず…。つい感情的になり、自滅してしまった…。そんなこともあるでしょう。

感情的になり、応酬するよりも、反論の言葉を飲み込み、その場を引き去り、互いが落ち着くまで待つことができたならば、その恋愛は、ちがった展開を迎えたかもしれません。

<待てずに自滅した恋愛>彼の都合より、自分の都合を優先させた?

交際が始まったばかりの頃は、互いの距離感もまだあって、相手の気持ちを最優先に考えたり、自分の思っていることを口にしなかったり、それでも幸せ。とにかくいい関係を続けていこうと努力します。

ただ、そんな時期には終わりが来ます。交際が長くなるにつれ、相手の気持ちが自分に向いているという自信が出てきて、もっと彼と親密になりたくなるものですが、その気持ちがエスカレートすることがあります。

週末はデートするのが当然。LINEは毎日交換しあうのが普通だと思い込んでしまい、彼から連絡がないと、「私のこと、好きじゃないの?」なんて焦りを感じたり。いつの間にか、相手の都合も考えずに、勝手に決めつけていたこと、ありませんか。

恋愛は、二人でするものなのに、自分の気持ちが最優先で、相手の都合を考えなくなってしまい自滅…。残念ながら、別れを自分で呼び寄せたのかもしれません。

<待てずに自滅した恋愛>不安に負けてしまった?

彼に嫌われたくない。今の彼を逃したら、結婚のタイミングを失う…。そんな不安から、焦りが行動に出て、空回りの恋愛になってしまったことはありませんか。自分で自滅の道を選んだような…。

私の誕生日や、二人の記念日が近いのに、デートの誘いはまだ?休暇が迫っているけれども、何かプランはないの?何かいい返事はないかとメールを出したのに、すぐに返信がこない。「いったい彼は何をしているの?」不安にかられて、もう何通もメールしているけれども、音沙汰なし…。自分の希望や不安ばかりが膨らみ、気もそぞろ。

そんなあなたを「そんなに心配しなくても大丈夫」といさめてくれる彼ならば、本当に運命の男性かもしれませんが、「重すぎる…」「他にすることはないの?」なんて思う男性ならば、距離を置かれても、仕方ありません。

少し待つことができたならば、彼は逃げなかったかも…。

「今となっては、苦い思い出だわ」「自滅の道を選んだなぁ…」そんな女性もいるはずです。

<待てずに自滅してしまった>私の求めている人って誰?

周りが結婚を決めだし、焦ってきた。もう何年も彼がいない自分に焦りがある。とにかく誰かと付き合いたい。そんなつらい時期を経験した女性も多いはずです。

とにかく、出会いを求めて動いてみた。友達に紹介をお願いしたり、お見合いパーティーに何度も参加したり。

行動が実を結び、付き合うことになったとしても、「本当にこの人が私の探していた人なの?」「恋人と言える人はできたけど、満たされない気持ちもある」

デートを重ねても、どうもしっくりこないということもあるでしょう。

それは、自分の求めている人ではないからです。待てなかったあなたが選んだ結果、とも言えます。

焦りから、誰かを求めても、いい出会いはないかもしれません。自分の好みではないけれども、寂しいから付き合う。それは、もう自滅の可能性が高いですよね。

自分の求めている人が現れるまで、じっと待つ。そんな姿勢も必要かもしれません。

<待てずに自滅した恋愛>プロポーズを待てなかった

友達が結婚を決め始めて、焦りを感じてきた。30歳を超えて、妊娠や出産のことを考えると結婚を急がなくてはいけない、と考える女性がいても、不思議ではありません。

女性は、一生懸命仕事に取り組みたいと思いつつも、妊娠や出産のことを考えると、30歳前後で結婚願望が強くなる、と言えるかもしれません。

その時期の男性の中には、社会に出て、右も左も分からない状態から頑張り続け、ようやく一人で仕事を回せるようになり、周りからの信頼を実感し始めたという人もいます。仕事が面白くなる頃と言えるかもしれません。

付き合っている彼女との結婚を考えることよりも、「交際が楽しければいい」くらいにしか考えていないかもしれません。

そんな彼に、結婚願望をアピールしたとしても、反応は薄いかも…。しつこくアピールすると、自滅してしまう可能性もあります。

「私は、いつまで待つの?」焦りから、こんな質問をしてしまうかもしれません。いつまでも彼を待ち続けた挙げ句、別れを迎えてしまうような自滅への道を選ぶよりも、煮え切らない態度の彼に見切りをつけ、別れを切り出す女性もいるでしょう。

スポンサーリンク

恋愛で「待つ」ことが当たり前だった時代もある!

恋愛において、待つことが必要なときもある。「待てずに自滅してしまったな…」なんて後悔していること、ありませんか。

でもやっぱり、待つのは苦手。すぐに返信がほしい、すぐに応えがほしいと思ってしまうかもしれません。

スマホ一台あれば、どこでも、誰とでもつながれる現代ですが、それがかえって恋愛の邪魔をしていることもあるのです。

ほんの十数年前の話です。「待つ」ことで分かることの大切さを感じてみて下さい。

<待つことで分かること>彼の本気度①

今の若者には、パソコン、スマホや携帯電話のない時代なんて想像できないでしょう。簡単に人とつながることが難しい時代もありました。恋愛においてもそうです。

例えば、待ちに待ったデートの日。気合いを入れておしゃれをして出かけたのに、彼がこない…。彼を待つこと、数時間。結局、彼は現れず、失意にくれながら自宅に帰ると、母親が彼からの電話を受け、メッセージを残してくれていた。

「急に仕事が入って、行けなくなりました。ごめんなさい」

自宅に電話をすれば、親が出てくることが分かっているので、かけたくないもの。それでも、電話をかけ、メッセージを残してくれていると、彼の自分に対する本気度が強く伝わってきます。

今の時代でしたら、メール一本で、すぐにつながるけれども、彼の本気度が伝わるのは、どちらのケースでしょうか。

<待つことで分かること>彼の本気度②

スポンサーリンク