スポンサーリンク

カジュアルなのに色気がある女の条件って?8つの秘訣に迫る!

スポンサーリンク

カジュアルなのに色気がある女って?

「カジュアルなのに色気がある女」って、言い換えれば、ラフな雰囲気なのにどこか女らしさが香り立つ素敵な女性。服はあるものを引っ掛けただけよ、という感じなのに、しっかりキマッて、しかも女っぽい。こういった女性は、大抵スタイリング術が感覚的に備わっている女性が多いですが、あきらめてはいけません。

セオリーとして、その色々な秘訣を実行していけば、あなたも「カジュアルなのに色気がある女性」に近付けますよ!

ここでは、その秘訣と工夫を、項目ごとにたっぷりご紹介して行きます。

カジュアルなのに色気を出すには①3つの”首”を上手く出す

3つの”首”とは、首・手首・足首のことです。この3つのうちどこかの首を上手に出すことが、さり気なく女っぽさを感じさせる秘訣のひとつです。

例えば、ボリュームのある袖、パワースリーブのようなトップスで手首が隠れるなら、ネックはVネックなどで首をすっきり出すようにします。

また、ざっくりとした大きなタートルで首が隠れるなら、袖をたくし上げて華奢な手首を出します。

他に、たっぷりとしたワイドパンツを履いた時などは、パンプスやヒールなどで足首を出すようにします。

冬のファッションなどで、首も袖もボリュームがある場合などは、ヘアスタイルで首を強調する方法もありますよ。髪の長い方ならアップして、ショートやボブの方ならサイドを耳にかけるなどして、首周りをすっきりさせましょう。

このように、ざっくりしたカジュアルな雰囲気の中にも、3つの”首”を上手く出して着こなしをすると、「カジュアルなのに色気がある女」にぐっと近付けますよ。

タイトルとURLをコピーしました