【狭くても問題ない!】ワンルームのおしゃれなインテリア&レイアウト実例集

ワンルームの最大の難点はその狭さ。置くものも限られるので、なかなか自分の理想とするおしゃれなお部屋にすることができません。しかし、お部屋の形を考えた上でインテリアの置き方を工夫すれば、ワンルームでも十分おしゃれな空間を作ることができますよ♪インスタから参考になるワンルームの写真をご紹介しますので、お部屋づくりの参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

ワンルームは狭くてレイアウトが難しい…

ワンルームと聞くと、ただ狭いだけでおしゃれなインテリアを考える余裕はないと思ってしまいがちです。6畳や8畳等の狭い部屋にすべての家具を配置するとなると、やはりどのようにしていいのか困ってしまいます。

何部屋もあるマンションや、大きめのところに住むことができればおしゃれで自分好みのインテリアにできるのに、と思う人が多いでしょう。しかし、実際のところ日本のアパート事情では、一人暮らしで大きな部屋を借りるのは金銭的に負担がかかります。

インテリアをスタイリッシュなもので揃えるより生活ができればいいかな、と妥協してしまう人も多いのではないのでしょうか。

インテリアの種類&置き方を工夫すればおしゃれな空間に!


https://www.instagram.com/p/BgaBHTglHlt/?taken-by=smallapartmentdecor

しかし、ワンルームでもインテリアをおしゃれに可愛くすることができるのです。ものによっては実際の広さよりも大きく見えるように配置することも可能です。狭いながらも工夫して、自分らしさ溢れるお部屋を作り上げている人がたくさんいます。

上記写真も狭い部屋の空間を有効活用する参考例になります。こちらのソファの空間は、実はもともとクローゼットになります。クローゼットの扉をとり、そこへマットを敷いてクッションを入れ、ソファーのように活用しているのです。

もちろん、上段下段に収納できるようにカゴを配置しているので、完全に収納スペースがなくなったわけではありません。狭い部屋にソファーを置かずにリラックスできるスペースを作っています。

このように狭いワンルームでもインテリアの種類やその置き方を上手に選べば、スペースが生まれおしゃれな空間になります。「ワンルームだから何もできない」とネガティブに考えるより、「ワンルームだからこそできるインテリアを考えよう」とポジティブにインテリアを作りませんか。

きっとあなたの好きな、居心地のいい空間ができますよ。

インスタのおしゃれな部屋を参考に!

そこで、ワンルームのインテリアを考えるにあたって、参考になるのがインスタになります。インスタでは、たくさんのワンルームの実用例がアップされていました。♯ワンルームや♯一人暮らし部屋、海外の部屋を参考にしたい場合は♯studioapartmentや♯smallapartment等で検索してみましょう。

おしゃれで可愛い部屋がたくさん見つかります。あなたの好きなスタイルの部屋もきっと見つかりますよ。

ナチュラルなカラーでおしゃれなワンルーム


https://www.instagram.com/p/BggLFFwltoJ/?taken-by=mmm_09

シンプルでナチュラルなインテリアでワンルームをすっきり見せているminami(@mmm_09)さん。彼女のインテリアのこだわりは色を3色以上使わないこと、文字の書いてあるものを置かないこと、流行りのものを買わないことだそうです。

そのこだわり通り、ブラウン、グレー、ベージュの3色をインテリアのカラーとして使い、部屋をすっきりと見せています。同様に、文字の書いてあるものや流行りのものを置かないことで、インテリアがうるさくならないように工夫されています。

ワンルームならではの部屋の狭さなどは感じず、可愛くまとまりのある部屋でとてもおしゃれです。ワンルームを広く見せるために、色味を抑えることから真似したいですね。

本棚で居住スペースを分ける工夫がされているワンルーム


https://www.instagram.com/p/Bb1sG_nHtp7/?taken-by=cimohome

@cimohomeさんは6畳1Kのお部屋に住んでいるそうですが、ワンルームのインテリアの参考になるものばかりです。この写真で見える白い棚がしきりの役割をしていて、左側にリビングスペースとなるソファーを配置、右側にはベッドを置いています。

6畳と言えど、このように本棚を間に持ってくることで、寝食のスペースを分けることができます。ワンルームでも寝る場所、食べる場所のスペースを分けたいときは彼女のように本棚で区切るといいでしょう。また、この本棚ですが、ソファーの高さとほぼ同じ高さにすることによって、圧迫感を感じさせないメリットもあります。

さらに、壁紙や本棚が白と黒のモノトーンでまとめられているので、すっきり見えますよね。ワンルームならではの工夫がたくさんあるお部屋ですね。

家具は低いもので目線を下に、狭く見えないワンルーム


https://www.instagram.com/p/BgHdL4xn1_Q/?taken-by=mememe_life

部屋の中央にある家具を低いもので統一し、部屋を広く見せているme(@mememe_life)さん。茶系のナチュラルカラーをメインカラーに、赤と緑を上手に取り入れたおしゃれなお部屋です。

木のぬくもりの感じるインテリアに、観葉植物を合わせているところがとても素敵です。また、棚の収納も、統一感のあるケースでまとまっていてすっきりしていまし、壁にかけてあるバイオリンやポスターにもセンスを感じられます。

ワンルームということでソファも一人がけのものにし、他は少し高さのあるクッション(しかし椅子というには低いもの)を使用していて場所をとりません。家具を低めのものにすると部屋が広く見えますよね。

ロフトスペースを有効活用したワンルーム


https://www.instagram.com/p/Bf2DKk7FL-n/?taken-by=smallapartmentdecor

海外のお部屋から、@smallapartmentdecorさんのお部屋をご紹介します。まず一言、とても可愛いです。白とピンクでまとめたこちらのお部屋はガーリーで可愛らしく、女の子の憧れなのではないでしょうか。

ただし、可愛いだけではありません。ロフトスペースにベッドを持ってきて、その下にデスクやシェルフを置くという、空間を有効に利用した部屋のスタイルです。狭いワンルームが二部屋になっているかのようです。また、色が2色でまとめられているので、すっきりと見えています。

もしロフト付きのワンルームの場合は、こんな素敵なインテリアを真似したいですよね。

【インスタ実例集】ワンルームのインテリア&レイアウト

【ワンルームのレイアウト】シンプルイズベスト


https://www.instagram.com/p/Bgcaag8hhzD/?taken-by=margin__

まず最初にご紹介させていただくのは、@margin_さんのワンルームならではのシンプルなインテリアのレイアウトになります。大きな家具はベッドのみで、他にはコーヒーテーブル、テレビ台/棚になります。

ベッドがあれば基本的にソファーは必要ありません。特に狭いワンルームでは、このようにシンプルに必要最低限のインテリアだけ用意すれば十分です。さらに、色味を白やナチュラルな木目調のものにすることですっきりまとまっています。

窓から差し込む光が明るい色のインテリアに映り、シンプルかつ清潔感のあるすっきりした部屋になっています。このように色を統一すると部屋に奥行きが出て広く感じます。ワンルームならではのレイアウトで、参考にしやすいお部屋ではないでしょうか。

棚でベッドとソファーを区切る

関連記事