怖いくらいによく当たる!?彼氏の本音を暴く心理テスト7選

彼氏の本音が知りたい…そんな時には心理テストで探ってみるのはいかがでしょうか♪普通に本音を聞き出そうと思ってもなかなか素直には答えてくれませんが、心理テストだと直接聞かずとも彼の本音を暴くことができます。今回は心理テストをご紹介しますので、是非、あなたの彼にも試してみてくださいね。

公開日:    最終更新日:


https://www.pakutaso.com/

彼氏の本心がマイナスなものでもそんなに落ち込む必要はないです。もし彼氏の願望が今のあなたと異なっていればその願望に沿うように改善していけばいいだけのことです。今の関係は良好だけど、彼氏の本心がそぐわない気持ちであった場合には、まだ良くなる余地があるということです。理想的な本心じゃないからといって安易に諦めてしまうのは早過ぎです。あくまで彼氏の傾向を知れたというだけで、それが全てではありません。今のあなたに見せている彼氏もある意味本当の彼氏なのです。本心とは異なりあなたと一緒にいるのは自分を装ってまであなたと一緒にいたいという気持ちの表れでもあります。その時の心理状態にもよるものなので真に受けすぎてしまわないように意識しましょう。

良い結果でも浮かれすぎないように


https://www.pakutaso.com/

彼氏の本心が芳しい結果だったとしても、その気持ちがずっと変わらずあり続けるという保証はありません。恋心はちょっとしたきっかけで変化してしまうものです。安心しきって相手に対する尊厳や思いやりを蔑ろにしてしまうとマイナスな方に心が動いてしまうことだって充分考えられます。その時は良い結果として喜んでおき、その本心が変わらないように心掛けることを忘れずに意識していきましょう。期間を置いてまた心理テストを実行して本心が変わっていないかチェックするのも長続きするコツになってきます。

彼氏じゃなくても使える


https://www.pakutaso.com/

紹介した心理テストは彼氏だけに使えるものではなく、どんな男性の本心を暴くのに使えるものなので気になる人に用いても有力な情報を得られます。アプローチしてきた相手の判断材料にしたり、彼氏にしようかどうか迷ってる段階の時にはっきりさせるにはちょうどいい代物と言えます。また、好きではないのにアプローチが鬱陶しい相手がいた場合にも有効に使えます。相性を計る心理テストと称して行い、どんな答えを出してきても自分とは相性が悪い意味にすり替えてしまうのです。誠実な意味の答えだったとしても性的な見方をしているような意味に置き換えたり、浮気する度が低くても高く見積もってしまって自分には脈がないことをアピールすれば自然と行為は消失するでしょう。またその逆もしかりで、気になる男性に心理テストを使って自分と相性が良いという結果を捏造するのもアリです。相手の答えがあまりにもひどい結果でなければ改変してしまっても構いません。心理テストは単に相手の本心を露わにするだけでなく、男性の心をコントロールするツールとしての使い道があるということです。要は今は良い結果が出たということにしといて、これからそれに相応しい本当の結果を出すように努めていけばいいのです。

心理テストをきっかけに、彼との関係を見直しましょう!


https://www.pakutaso.com/

彼氏の本心がわかった上でどうしていくべきか答えが出てくるはずです。本心を知れたことで先がないと思うのか、彼氏の心理に合わせていくのか考える余地が生まれることでもあります。彼氏の挙動に不審さが見られ、心理テストの結果からも険悪さが露呈されてしまったら彼氏である相手のことを改めて見つめ直した方がいいです。自分のことを恋人として見ていない、浮気を肯定する心理が見られてはこのまま継続していても不安が募る一方ですし、最悪な展開になってしまうケースも想定としてありえます。そういった部分も加味し、様子は見つつこちらからのアクションを起こした時に相手の心境の変化が見られるか期待しましょう。もし変化が見られなければ早めに終着する決断をした方がいいです。

終わりに


https://www.pakutaso.com/

ここでいう彼氏の本心というのはあくまで心理テストを通した内面を露わにしたものです。もちろん信憑性はありますが、彼氏があなたに対して行う行動だって相手の本心とも言えます。心理テストの結果が良くなかったからといって安易に見限ってしまうのはあまり良い行動とは思えません。その心意気も真摯に受け止め、示してくれた好意に素直になってみることもお互いの関係を良くしていくものではないでしょうか。あなたに見せている彼氏の姿と本心を両方受け止めてこそ良い恋人になれるはずです。この心理テストを参考により良い関係を築くキッカケになることを望んでいます。

関連記事