【レシピ】圧力鍋で料理するなら一度は試したいおすすめ料理特集

通常のお鍋では考えられないほど、短い時間でしっかり煮込むことができる圧力鍋は煮込み料理を作る時などに重宝しますよね。
今回は圧力鍋を使って作りたいオススメ料理のレシピをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

圧力鍋を使って料理上手に

持っているけど・・・圧力鍋活用していますか?


https://www.amazon.co.jp/パール金属-3-5L-切り替え式-クイックエコ-H-5040/dp/B000BY8KH0/ref=zg_bs_13938571_1?_encoding=UTF8

圧力鍋を使っていますか?
使い慣れないと怖いイメージがあってちょっと手が出ない、そんな人もいるでしょう。しかし圧力鍋は調理時間とガス代の節約になる、とっても便利な調理器具!いくつかの注意点だけ気をつけるだけで、安全に使うことができますよ。

圧力鍋を使う前にチェックすること!


https://www.amazon.co.jp/パール金属-3-5L-切り替え式-クイックエコ-H-5040/dp/B000BY8KH0/ref=sr_1_5?s=home

圧力鍋を使う前にチェックしたいポイントは3つあります。
1.部品やねじが緩んでいないか
圧力鍋には様々な部品が付いています。使う前にこれらがしっかりとしているか、確認するようにします。これが緩んでいると、高温調理が始まった時に、蒸気がもれたり、鍋のふたが飛んでしまったりといった事故が起きてしまいます。
2.蒸気口が詰まっていないか
ここが詰まってしまうと圧力鍋の中の圧力が上がり過ぎて、事故になってしまうことがあります。おもりを外して、蒸気口が詰まっていないか確認するようにしましょう。
3.ゴムパッキンを確認する
圧力鍋のふたの内側には、必ずゴムパッキンが付いています。これが良い状態でないと、鍋に圧力がかかりません。亀裂が入っていたり劣化しているようであれば、交換する必要があります。

圧力鍋で料理がおすすめできない食材とは?


https://www.pakutaso.com/20150915244post-5977.html

とっても便利な圧力鍋ですが、調理がおすすめできない食材があります。
圧力鍋には安全基準のマーク「PSCマーク(経済産業省)」や「SGマーク(製品安全協会)」が付いているのですが、この2つの安全基準でも、圧力鍋での調理を禁止されている食材があるのです。
・カレーやシチュー
・重曹(パン)
・多量の油(揚げ物)
特にカレーやシチューはとろみが強く、蒸気口を詰まらせる原因になってしまいます。カレーやシチューをつくるなら、肉と野菜だけを圧力鍋で調理して、その後ふたを開けて煮込んでルーを入れましょう。

圧力鍋での調理が向いている食材とは?


https://www.instagram.com/p/BggMc2AA2S2/?tagged=豚の角煮

圧力鍋での調理に向いているのは、煮込みに時間のかかる料理です。圧力鍋で調理するときに、加圧が始まるまで、そして加圧調理している時間を合わせると、大体15分前後となります。ですから15分以上煮込む必要のある料理は、圧力鍋で調理することで時間を短縮することができます。
食材別に圧力鍋での調理が向いている食材をみてみましょう。
・豆類
長時間煮込んで柔らかくする必要のある豆類は、まさに圧力鍋での調理に向いている食材であるといえるでしょう。
通常であれば1時間以上煮る必要のある大豆。一晩大豆を水で戻した後圧力鍋を使って調理すると、調理時間15分でゆで大豆が出来上がりますよ!
注意する点をいくつか。分量以上豆を入れないように気をつけましょう。また圧力鍋によっては豆の上にすのこをのせて調理するようにすすめているものもありますので、注意書きに従うようにしましょう。豆の皮で蒸気口がふさがるのを防ぐためなのだそうです。
・根菜類
ごぼう、大根、ニンジン、レンコンなどの根菜類を使ったお料理、おいしいですよね。これらの食材は調理時間が足りないと上手に仕上がりませんが、圧力鍋を使って調理することで、短時間で柔らかく仕上げることができます。
・ブロック肉や骨付き肉
お肉にスッと箸が入るような柔らかく煮込まれたお肉の料理、作ってみたいですよね!ここまで肉を柔らかく調理するのには、かなりの時間肉を煮込まなくてはいけないのですが、圧力鍋を使うことで大幅に時間を短縮することができます。

圧力鍋のおすすめレシピ1:牛すじ煮込み

固くて食べにくい、脂が多いということで敬遠すじ肉ですが、実はコラーゲンがたっぷり!じっくりと煮込むことで柔らかくなって食べやすくなり、肉の旨みも引き出されます。
普通に作ると2時間近く煮込まないといけない牛すじ煮込みですが、圧力鍋を使うことで大幅に煮込み時間を短縮することができます。

牛すじ煮込みの作り方


https://www.instagram.com/p/Bgnl-I2gTJF/?tagged=牛すじ煮込み

材料
牛すじ肉…400g
ニンジン…1本
大根…1/2本
こんにゃく…1枚
しょうが…ひとかけ

調味料
みそ…150g
砂糖…50g
みりん…大さじ3
料理酒…大さじ3
水…200㏄

1.まず牛すじ肉の下処理をします。鍋に分量外のお湯を沸かして、牛すじ肉を入れます。アクが出てきたらざるに上げて、アクをきれいに洗い流します。
2.ニンジン、大根は乱切りにします。こんにゃくは塩でもんで水で洗った後に、手で適当な大きさにちぎっていきます。しょうがは千切りにします。
3.圧力鍋に牛すじ肉、ニンジン、大根、こんにゃく、しょうがを入れます。すべての調味料も入れて、ふたを閉めます。
4.鍋を中火にかけます。加圧が始まったら15分調理します。その後、圧が下がるまで待ちます。
5.器に盛って、お好みでネギと七味唐辛子を添えていただきます。

圧力鍋のオススメレシピ2:とろとろスペアリブ

骨付きの豚バラ肉のことを、スペアリブといいます。豚のあばら骨のあたりの肉で赤身肉が中心ですが、旨みの詰まった脂身もついています。スペアリブを圧力鍋で調理することで、肉がとろとろになって骨からスッと肉が取れますよ!
とろとろペアリブの煮汁を煮詰めていくときに、ゆで卵を入れてみてはいかが?程よく味のしみた煮卵ができます。

とろとろスペアリブの作り方


https://www.instagram.com/p/BgUrBBbFd5E/?tagged=スペアリブ煮込み

材料
スペアリブ…800g
しょうが…1かけ
玉ねぎ…1個
玉子…お好みの量

調味料
しょうゆ…大さじ5
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ2
はちみつ…大さじ2
料理酒…カップ2

1.玉ねぎは粗いみじん切り、しょうがはスライスします。ゆで卵を作って、殻をむいておきます。
2.フライパンに分量外の油を少量ひいて、スペアリブの表面に焼き色をつけていきます。
3.圧力鍋にすべての調味料、しょうが、玉ねぎを入れます。
4.圧力鍋にスペアリブを入れて、肉が浸るくらいの水を足します。
5.フタをして強火で加熱します。加圧調理が始まったら弱火にして、30分煮込みます。
6.火を止めたら、圧力鍋の圧が下がるまで待ちましょう。その後フタを開けてゆで卵を入れて、中火で煮汁を煮詰めていきます。

圧力鍋のおすすめレシピ3:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

関連記事