【心の時代の禅の世界】気持ちを曇らせない、女性のためのかんたん心理学

スポンサーリンク

withコロナは心の時代へ

withコロナ、アフターコロナは心の時代です。しかし、それには否定的な声も聞かれます。経済停滞の時期になると、心の時代だと言って、責任や問題から目をそらしているのではないの?前から心の時代、心の時代と言っているよね?と疑問に思うことがあるかもしれません。では、なぜ今は心の時代なのでしょうか。

なぜ心の時代なの?コロナ禍で憂鬱が増す

なぜ心の時代なのでしょうか?コロナ禍で人々の憂鬱が増している現状が教えてくれます。

新型コロナウイルスの影響により、わたしたちの生活は一変しました。不要不急の外出を控えるために働き方はリモートワークへと移行し、コミュニティでの人との関わりもオンライン化が推奨されて、新しい生活様式が浸透しつつあります。実際に触れ合える機会が制限され、寂しさや孤独感を増す人が増えてきました。また、日々雑多に入る大量の情報や、めまぐるしく変わっていく世の中の流れで、実は私たちは思うよりずっと疲れているのです。この過渡期に、多くの人はコロナ禍特有の様々な憂鬱に悩まされているようです。

  • 何をするにも気が重い
  • イベントも自粛され、四季を感じられない単調な毎日
  • 我慢ばかりでイライラする、怒りっぽくなった
  • 感染すると周りに大きな迷惑をかけると思い、どこへ行くのも怖くなる
  • 感染対策が甘い人に憤りを感じて不満が取れない
  • 先が見えない、どうしたらいいのかわからない

このような気持ちで、息苦しい日々を過ごしている人は増えています。警察庁の発表によると、2020年は自殺者が増え、特に女性は過去5年で最多になったということでした。日本人女性の自殺死亡率は世界4位とかなり高く、私たち女性に今必要なのは心のケアだとわかります。また、自分の心を守るためには、心の持ちようをどうを変えていくのか考えていかなくてはなりません。

こういった背景からも、これからは心の時代だと捉えることは自然です。

なぜ心の時代なの?コロナ禍で変わる価値観

なぜ心の時代なのでしょうか?コロナ禍において人々の価値観は大きく変化しつつあります。物の豊かさから心の豊かさへと世の中のニーズは変わっているのです。

激変していく生活状況と共に、今までの価値観がガラリと変わる体験をしていると感じる人は多いでしょう。価値観の変化のうねりの中で、自分にとって大切なものを見出した人も多くいるのです。

  • 危機の中での助け合いで、人の優しさや思いやり、人との絆に触れることができた
  • 家族と過ごす時間が増え、家族のことを考えられるようになった
  • 人と気軽に会えるのが当たり前ではなくなって、人と会えることがどんなにありがたいことだったかわかるようになった
  • お金で解決できないことがたくさんあると気づけた
  • 自分の生活がどれほど人の力によって成り立っているのかわかった
  • 医療従事者の苦労を知ることで、色々な人のおかげで生きていることが身にしみてわかり、日常生活で感謝を深く感じられるようになった
  • 人と会えない分、自分のことについてよく見つめるようになった
  • 生活の変化によって、今まで気づかなかった自分を新たに発見することができた

このように、制限を余儀なくされた日常生活において、気づいてきたのは心のあり方に関することなのが特徴的です。密の回避で、距離的・身体的密接さがとれない反面、気持ちを寄り添わせ、心を通わすやさしい心の密に気づいているのでしょう。
今までは、見に見える事柄に信頼を置いてきたけれど、こうして目に見えない心に価値を見出すようになってきたのも、心の時代であるからと言えるのです。

タイトルとURLをコピーしました