スポンサーリンク

人の幸せを喜べない…妬みや嫉妬、劣等感から心を解放する方法
スポンサーリンク

人の幸せを喜べないのは、どんなとき?

友達から喜びの報告があったとき。一緒に喜んで見せたものの、ショックや悔しい気持ちを悟られないように、ぐっと隠した。誰しもそんな経験があるでしょう。それはどんなシーンでしたか。

 <人の幸せを喜べないとき>親しい友達に彼氏ができたとき

いつも一緒に遊びに行ったり、食事に行ったりして、仲良くつきあってきた女友達。そんな友達に彼氏ができたとたん、自分との付き合いが減ってしまい、会えば、彼氏の話題ばかり。一緒に出かける機会も減り、次第に疎遠になっていく…。女の友情は、ハムより薄いと例えられることがあります。彼氏との楽しかったデートの話を聞かされても、苦痛でしかない。そんな時もあるでしょう。友達の幸せを喜びたいけれども、人の幸せを喜べない自分が悪いのか、心が狭いのか。悶々と悩んでしまいます。

 <人の幸せを喜べないとき>親しい友達からの結婚報告

友達からの結婚報告も、彼氏ができたとき同様、女の友情が試されるときかもしれません。結婚報告をしてくれた友達が目の前にいると、心の中では、嫉妬、焦り、失望を感じ、人の幸せを喜べない自分がいるのに、笑顔で「おめでとう!」「よかったね」なんて言わなくてはいけない。そんな自分が嫌になることもありますね。自分にも彼氏がいれば、まだ心の平静さを保っていられるのですが、彼氏がいないときの結婚報告ほど、つらいものはないでしょう。自分だけが取り残されたような、孤独を感じるとともに、人の幸せを喜べない自分のことも、嫌いになるかもしれません。

 <人の幸せを喜べないとき>妊活仲間からの妊娠報告

妊活中、いろいろと情報交換しあったり、悩みを相談したり、愚痴を言い合ったりしながら、仲良くなった妊活仲間がいる人も多いでしょう。同じ会社の人だったり、学生時代の友達だったり。そんな中、妊活中の仲間からの妊娠報告。報告してくる友達も、十分相手の気持ちを配慮して伝えてくると思いますが、正直に言うと、全く落ち込まないかと言えば、そんなことはなくて…。素直に喜ぶことができず、複雑な気落ちになるでしょう。

 <人の幸せを喜べないとき>同期や後輩が、仕事で評価された

仕事場でも、人の幸せを喜べないときがあります。自分も仕事で頑張っているのに、同期や後輩のほうが先に上司に評価され、プロジェクトのリーダーを任された。自分が仕事を教えてきた後輩が、先に昇進した。同じスタートラインに立っていた同期や、年下の後輩に追い抜かれてしまう気持ちは、想像以上につらいものであるでしょう。素直に喜んであげたい気持ちよりも、嫉妬やがっかりした気持ちのほうが強いかもしれません。一緒に仕事をしたくない、口もききたくない気持ちにもなるかもしれません。人の幸せを喜べないまま、仕事を続けるのもつらく、転職を考えてしまうかもしれません。

 <人の幸せを喜べないとき>受験で友達だけが合格

都市部では小学校受験、中学校受験がさかんです。同じ幼稚園、学校の友達同士で、同じ塾に通うこともあります。志望校も同じで、一緒に勉強を頑張った仲間もいるでしょう。同じ志望校を受けたものの、我が子は不合格なのに、友達は合格。そんなことも珍しくありません。友達やその母親には、「おめでとう!」なんて言ったものの、心の中では泣いていた、ということもあるでしょう。自分の子供も頑張ったのに、どうして不合格なの…。現実を受け入れられず、人の幸せを喜べない、余裕のない自分がいるはずです。

スポンサーリンク

 人の幸せを喜べない気持ちってそもそも何?

人の幸せを喜べないときの気持ちって、どういう感情が含まれているのでしょうか。妬み、嫉妬、怒り、失望、うらやましさ…他にもいろいろあるでしょうが、マイナスの感情がいくつも心の中に存在しているはずです。どんな感情なのか、具体的に考えていきましょう。誰にでも起きる人間としての素直な反応かもしれません。

 妬み、嫉妬の気持ちを一番強く感じるかも

友達から「結婚が決まった」「妊娠したの」と言われて、一番強く感じるのは、妬みや嫉妬かもしれません。妬みや嫉妬は、他人との競争があって始めて感じる感情のような気がします。友達より早く彼氏がほしい、結婚したい、妊娠したい。これらは、すべて無意識のうちに友達と競争しているのです。そして、ゴールテープを切ったのは、友達。自分は負けてしまった。その負けたという気持ちが、妬みや嫉妬の感情となって表われるのではないでしょうか。受験での合否や会社での昇進は、まさに競争です。その争いに負けたとき、一緒に頑張ってきた相手に、妬みや嫉妬の感情を抱いても、不思議ではありません。

 劣等感を感じてしまう

自分は、友達との競争に負けてしまった。その負けたという気持ちが「自分はなんてダメな人間なのだろう」「自分の性格が悪いから、結婚できないのだろう」なんて思考につながり、自分は友達よりも劣っている、と感じることになるのです。また仕事で同期や後輩が先に昇進してしまったときも、「自分も一緒に頑張ってきたのに、どうして認められないのだろう」「自分は失敗したのだろうか」などと、自分を他人と比較し、強い劣等感を感じるはずです。

自分が他人よりも劣っているという、劣等感を抱いてしまうのです。

 怒りの感情さえも出てくる

友達に彼氏が出来て、なんだか楽しそう。または、会社の同期が昇進して大活躍している。うまくいっている人に妬みを感じ、付き合いをやめてみたり、冷たい態度を取ることで仕返しをすることがあるかもしれません。友達が「結婚式の写真を見て」「子供を見に来てね」なんて言ってきても、「また今度ね」と返事したものの、実行する気はない、なんてこともあるでしょう。友達の充実した生活ぶりや、同期が仕事で活躍する姿を見て、怒りさえ湧いてくることもあります。

 自己嫌悪も感じてしまう

一緒に婚活していた友達が先に結婚することになった。聞かされた方は、喜んであげたい反面、先を行かれてしまい、ショックやら悔しさやらで、心中穏やかではいられません。複雑な気持ちになりますね。もし反対の立場だったら、どうするかなんて、考えると、やっぱり心から喜んであげたい、とも思うし…。人の幸せを喜べない自分はダメな人間だと思いつつも、心からは喜ぶことができない。そんな自分に、自己嫌悪を感じてしまっても不思議ではありません。

スポンサーリンク

 人の幸せを喜べないとき、どう考える?

では、このように、人の幸せを喜べないとき、どう考えたらいいのでしょうか。人の幸せを妬む自分と、どう付き合えばいいのでしょうか。考えていきたいと思います。

 <脱!人の幸せを喜べない>他人と競争することをやめよう

他人への妬み、嫉妬は、自分の人生の中に、他人との競争を持ち込むことでうまれる、ということが分かりました。彼氏が先に出来た友達、先に結婚する友達と自分を比べてしまうから、自分に自信をなくしてしまったり、嫉妬を感じてしまったり。自分の人生の中に、他人との競争を持ち込むのは、やめましょう。そこで、勝ち負けを競っても無意味です。この先、友達は、彼氏と破局してしまったり、離婚してしまったりすることだってあるのですから。一時的に幸せそうに見えるだけなのです。

 <脱!人の幸せを喜べない>自己肯定感を高めよう!

友達の喜びに接したとき、「自分なんて…」「私には、どうせ無理」なんて自分を卑下していませんか。もしかしたら、あなたは自己肯定感が低いのかもしれません。自分の思い通にならない生活をつまらないと感じて、くよくよしていませんか。一人で悩みを抱えていませんか。今からでも、自己肯定感を高めることはできます。自分にとってネガティブなことがあっても、「気にしてもしようがない」「今の自分でもいい」「私は私」など、自分を認めてあげましょう。ポジティブな気分になれるよう、自分自身をほめたり、なぐさめてあげるのです。ストレスを感じたとき、これを繰り返すことにより、自己否定の気持ちがうまれたときでも、大きく落ち込むことなく、回復できるのです。

スポンサーリンク