【離婚を真剣に考え始めたときの注意点】後悔しない為に知っておきたい事

離婚を真剣に考え始めたときの注意点①夫に対して不満を持つのはおかしくない

酒癖が悪い、浮気癖がある、お金にだらしない、ギャンブルに走り暴力を振るう、こういった深刻な実害がなくとも、夫に対する不満を抱える女性はたくさんいます。不満の種類は様々、他人から見ればたいしたことではないように見えても、本人にとっては耐えられないような場合もあります。メンタルの状況によって、今までならやり過ごせたことが許せなくなったり、家庭環境の変化に伴い、お互いの考え方が完全に離れてしまったと絶望的に感じたり、こういった時、女性の脳裏には「離婚」という2文字がよぎります。

この思いを誰かに聞いてほしくて、人に相談した時、「たいしたことではない」・「我慢できる範囲」と、自分の考えと違う意見を言われてしまうと、女性はさらに迷い自己嫌悪に陥ってしまいます。

人はそれぞれ不満を持つポイントが違います。人から些細なことだと言われても、人それそれストレスを受ける部分が違うのですから、誰しも夫に不満を持つことは何らおかしくありません。まずは、どんな理由であれ夫に対して不満を持つ自分を責めないこと、これは離婚について真剣に考える時、煮詰まり過ぎないための大事な注意点です。人に相談した時否定されても、それはあなたの今後を心配しての相手の気持ちと、受け止めるようにしましょう。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点②離婚したら自分がどう生きたいのか考える

ずっと離婚したいと願い、大変な思いをしてやっと離婚できたのに、いざ夫から離れ新しい生活を始めてみると以前にも増して不満と不安に包まれて、、こういった結果が一番辛いですよね。子供がいて離婚する場合はもちろん、子供がいなくても離婚して女1人で生きて行くということは、思う以上に大変なことです。

離婚後の生き方を想定すると、頭の中が整理されて冷静に考えられる

そこに不安が生まれるのは当然のことですが、離れた方が良いと思ったからこそ離婚に踏み切った訳で、生活は大変だけれど今の生活の方がいいと思えなければ本末転倒になってしまいます。だからこそ、離婚したら自分はどう生きたいのか、これを真剣に考えなければなりません。

例えば仕事にバリバリ打ち込みたい方は、その仕事について徹底的に調べなければなりません。働き方から通勤のこと、それに伴い住む場所のこと、一番大事な収入のこと。資格が必要ならその準備。

とにかくまず、夫とのことで疲れきった心身の健康を取り戻したいという方は、もし親など頼れる環境があるのなら、まず第一に自分を健全に戻す生活環境を用意する必要があります。自分自身が健全でなければ、仕事も新たな生活も上手くはいきません。これからの長い人生を乗り切るためにも心身を整えましょう。

子供がいて子供との生活を第一にしたいと考えるなら、1人で頑張りたい意地があっても、子供にとって一番良い環境を考える、親など子供をお願いできる状態にあるのか確認する、幼稚園や学校のことなどを考えてしかるべき時期を見た方がいいかなども考えなければなりません。子供ともっと真剣に話をする必要もあります。

こんな風に真剣に離婚後の生き方を想定してみると、自分の頭の中の整理が出来て冷静に考えられるようになります。離婚を考える上で、自分が煮詰まり過ぎないためには、こうして順序立てて冷静に考えることも、とても大事な注意点です。こうした上で気持ちが変わらないと確認できれば、離婚への迷いも少しずつ減っていくでしょう。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点③離婚後の生活設計を立ててみる

離婚を真剣に考える上で、離婚後の生活設計を具体的に立ててみることはとても重要です。離婚する際、子供がいるかどうかでその後の生活設計は大きく違ってきます。どういった場合でも、何より重点的にシュミレーションすべきは具体的な収支です。

例えば子供がいる場合の離婚後の主な収入は、自分の給料以外では、児童扶養手当、児童手当、就学援助、医療補助制度などです。満たす要件によって違ってくるので、問い合わせするなどして正確に把握しましょう。

厚生労働省「 母子家庭等関係」

元夫がきちんと払ってくれれば養育費等もありますが、離婚の際の状況によって、また離婚後の元夫の仕事・生活状況によっては、必ず約束されるものではないと認識し、考えなければなりません。

次に支出については、家賃管理費、水道光熱費、通信費、自分の勤務先で社会保険に入れない場合は、国民健康保険や国民年金なども支払わなければなりません。また、市県民税などの税金もかかってきます。離婚以前に無職だった場合、離婚後に無職になってしまった場合など、状況によって変わってきますので色々なパターンをシュミレーションして慎重に調べるのが注意点です。

悲しいことに、手当や給料など収入の方は大抵後払いで入ってくるのに、支出の方は大抵先に請求が来ますから、常にやりくりを考えなければなりません。また水道光熱費も、真夏や真冬などのシーズンは普段の倍以上の料金になったりもしますから、いつも同じ支出で計算していてはいけないことも頭に入れておきましょう。

こういう風に離婚後の生活設計を考えていくと、自分が考えていた仕事では全く合わないと思ったり、住む場所の選び方の考えを改めたりと、気付くことがたくさんあるはずです。自分の離婚への真剣さを確かめるのにもとても大事な作業ですが、煮詰まり過ぎないためにも、自分の長い人生をゆっくり考えるつもりで淡々とやるというのが、大事な注意点です。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点④離婚のメリット・デメリットを考えてみる

女性が離婚を考える時、大多数の方がメリットよりデメリットの方が多いと考えるでしょう。しかしそれをひとつひとつ整理して考え、数でどちらが多いかではなく、そのそれぞれが自分にとってどれだけ大きなメリットかデメリットか、それを真剣に考えることによって、離婚に踏み切れるかどうか具体的に考えられるようになります。

メリット・精神的に楽になる

まずメリットのひとつ目は、夫と一緒に居ることによる精神的苦痛から逃れられるということです。どうしても相容れないことへの我慢、極度のストレス状態から開放されます。もはや我慢ではなく怒りに変わっていた方なら、その精神的不可から開放されます。

この離婚後の自分の開放感を想像した時、それを本当に心の底から願うのか、逆に1人になった時の怖さや寂しさがよぎるのか、ここが自分の離婚への覚悟を確認する重要な注意点です。

メリット・仕事に打ち込める

次に、夫のことを考えることなく仕事に打ち込めるという点です。もちろん子供がいて離婚をする場合は、子供との生活を保ちながらですから別の制限はありますが、夫に合わせなければならないことで仕事を諦めてきた女性なら、自分自身の頑張り方にチャレンジできるようになります。望んだ独り立ちであるならば、苦労は多くとも人としての充実感は味わえるはずです。

こう考えて奮起するのか、子供を育てながらでは自信がないと思うのか、自分の気持ちを確認することも、真剣に離婚を考える上での注意点です。

メリット・自分で選択できる

離婚をすると、夫の意見に縛られずに自分で考えた選択ができるようになります。些細なことから重要なことまで、普段の生活の中には決めなければならないことがたくさんあります。これは思うより大変なことで、苦痛に感じることもあるでしょう。ですが、1人であれば、決める上で分からないことがあれば自分で何でも調べる力がつきますし、教えてくれたり助けてくれる周りには一層感謝し、学べる姿勢になれます。

子供がいるなら、子供に対しても1人の大人として、決め事に対して真剣に相談し、話し合い、より良い決断をしようと世帯主としての自覚も生まれてきます。

こういう場面を想像した時、とても出来ないと感じるのか、ワクワクと勇気が湧いてくるのか、それを知ることが自分の離婚への真剣さを確かめるための注意点です。

デメリット・子供の父親(母親)がいなくなる

子供がいて離婚した場合、子供を引き取ることができたなら、父親がいない母子家庭になります。もし経済的理由などで引き取ることが出来なかったなら、母親のいない父子家庭になり、子供に自由に会うことも難しくなるかもしれません。
夫婦としての関係は破綻し、家庭内で暴力などがあればなお、子供のためにも離婚した方がいいと考え離婚しても、子供はそれでも両親と一緒に暮らしたいと希望することが実は多いそうです。学校や生活の中の色々な場面で、両親がいないことで寂しい思いをすることが多いのがその理由です。

ですから、離婚を決断する前には子供と真剣に、今後の生活についてどう思うか、幼くても1人の人の意見として尊重し、じっくり話し合わなければなりません。思いを聞いて、あなたが一番優先したいと思ったことが、子供の気持ちに寄り添って離婚をもう一度考え直すことなのか、強い意志を持って、自分がリーダーシップをとり生活していくことを理解してもらうことなのか、自分が直感的に思ったことを確認するのも、離婚を真剣に考える上で大切な注意点です。

デメリット・金銭的な苦労が伴う

もともと専業主婦であった方ならもちろん、働いていた方でも、子供がいてもいなくても、離婚後は金銭的な苦労を伴うことがほとんどです。新しい暮らしにかかる引越し費用や敷金・礼金・保証金、新たに仕事の間子供を保育所に預けたりする費用など、思う以上にその負担はのしかかってきます。

自分が選んだ道だからと、自分自身は必死に頑張る一方で、気付かぬうちに子供に寂しい思いをさせることもあるでしょう。時には自分の決断を責められるかもしれません。金銭的に苦しくそのことで精一杯で、他のコミュニケーションが上手くいかなくなることはよくあることです。元夫と上手くいかなくなった理由がもしそこにあるのなら、子供と同じようになってしまっては本末転倒です。

自分が離婚後、金銭的に苦しくても、子供との生活を精神的に辛いものにしないようにできるのか、自分のメンタルを測ることも、離婚を真剣に考える上でのシビアな注意点です。

デメリット・失敗だった、孤独だと感じる

離婚をして夫から開放されたと思っても、1人での生活、子供との父親のいない生活が始まると、1人がこんなに大変なものかと気付くことがあります。元夫は家庭のことを何もしてくれない、1人で子育てしているようなものだと思っていたとしても、いざその状況になってみると、やはり父親がいるといないとでは全然違ったということです。失敗だったと絶望したり、強い孤独感に支配されたり、離婚後精神的なダメージを受ける方もいます。

子供がいる方は特に、ネガティブになりやすい、ストレスを受けやすいなど自分のメンタルに弱い部分があるのなら、そこもよく理解して離婚について考えることが、真剣に考える上での注意点です。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点⑤子供が理由で離婚しないのは妥協ではない

「子はかすがい」と言われるように、離婚を踏みとどまる理由に子供のことを挙げる女性は多いです。ずっとモヤモヤしたものを抱えながらも、子供が独り立ちするまではと、迷いながらも離婚せずにいる女性も実は多いのです。

では、これって妥協でしょうか?

ここまで見てきた離婚を真剣に考える上での注意点にはどれも、自分の気持ちと向き合うということが根本にあります。自分の気持ちに向き合う上で、子供の気持ちを自分がどう受け止めるかは、イコール自分がどうしたいかでもあります。時間がかかっても子供に自分の考えを理解してもらい、環境を変える方が結果的に子供のためになると思うのか、このまま子供が独り立ちするまでは、両親揃った家庭環境を保つことが自分ができる子供にとっての幸せであると思うのか。真剣に向き合い決めたことなら、子供の気持ちを考え離婚しない道も決して妥協ではありません。

人から子供を言い訳にしてると言われることがあっても、自分なりのペースを大切にしていくことが、離婚を真剣に考える上での注意点です。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点⑥夫婦のパートナーシップって何なのか?

夫婦のパートナーシップってそもそも何でしょうか?

捉え方は人それぞれですが、夫婦は元々他人で、生い立ちや育ってきた環境も違う訳ですから合わなくても当然だと思います。長い期間一緒にいると、結婚した当初のような気持ちは薄れ嫌な部分が増えていくのも、徐々にお互いの見えなかった部分が見えてくる訳ですから何もおかしくはないです。では、不満を持ちながらもそれでも何となく一緒にいる夫婦が多いのは何故でしょうか?

離婚がとても高いハードルであることはもちろん、結婚して初めて、相手を通して知る自分の性質みたいなものにお互いそれぞれ向き合っているような気もします。

思いもよらぬストレス、怒り、寂しさ、この先自分がこれをどういう風に解決するのか、お互いまだまだ成長過程であって、知らぬ間に相手とともに夫婦の形を試行錯誤しているのではないでしょうか。もしかしたらそれがパートナーシップなのかもしれません。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点⑦離婚する、しないに正解はない

離婚する、しない、どちらが正解か、これに答えはありません。離婚後、生活が苦しくなったら不正解でしょうか?精神的に自由になり、金銭的に厳しくても心が充実した生活ができていたらどうでしょう。我慢してズルズルと離婚せずにいたけれど、子供が独立したり、家庭環境が大きく変わった時、時間を経て夫と向き合えるようになれたらどうでしょう。
離婚する、しないに正解はないのです。そう思って、成功にこだわり過ぎず力を抜いて向き合うのが、離婚を真剣に考える上での注意点です。

離婚を真剣に考え始めたときの注意点⑧焦る必要はない、自分らしく決断しよう

離婚は、自分の人生にとって、子供がいれば子供の人生にとっても、とても大きな決断です。準備不足や自分の気持ちが固まらないうちに勢いで決めてしまっては、それこそそのことに大変な後悔がともないます。自分なりに準備して考えに考えて出した答えであるならば、今行動に移すのも、悩みながら粛々と準備を続けるのも、どちらも等身大の結論です。自分らしく離婚を真剣に考えてみたら、見えてくることがあるはずです。焦らず自分らしく、決断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました