周りに1人はいる「関わるとめんどくさい人」対処法を紹介します!

スポンサーリンク

周りを巻き込む関わるとめんどくさい人…

ちょっとこの人合わないな…この人苦手だな…そんな存在の人が周りに1人はいませんか?人間だれしも、生きてきた環境も性格も違うのですから、あまり関わりたくないような苦手な人がいるのは当然のことです。

中でも、ただ性格が合わないだけではなく、「この人に関わるとろくでもないことにばかり…」というめんどくさい人もいませんか?一緒にいるだけで、こちらのエネルギーまで吸い取られてしまいそうな…。

関わるとめんどくさい人って、なぜか周りを巻き込みがちで、上手にかわしてストレスにならないようにしていたとしても、気づけばもらい事故のようになってしまっていることも多々あります。

さらに、関わるとめんどくさい人って、どこに行っても必ず一人はいるんですよね…。そのため、正しい対処法をマスターしていないと、嫌な思いをしてしまうことになってしまいます。どうにかして、この関係性をうまくコントロールしたいものです…。

対処法に困る関わるとめんどくさい人の特徴

対処法がわからないほど、関わるとめんどくさい人には一定の特徴があります。基本的には少しくらいめんどくさい人だな…と思うくらいであれば、「放っておけばいいや」で済むこともあるでしょう。

しかし、その普段の対処法が通用しないのが、関わるとめんどくさい人の傾向でもあり、一層厄介なポイントなんですよね…。深入りしたら苦労してしまう、対処法に困るほど関わるとめんどくさい人の特徴ってどんなものでしょう?

対処法に困る関わるとめんどくさい人①悪口に対する同意の強要

一番厄介なのが、悪口や不満に対する同意や共感を強要してくるタイプです。ただただ、不平不満が多いだけならまだ良い方!そうなんだ〜と相槌をうって、聞いているだけで済むのなら可愛い方かも知れません。

対処法に困るほどのタイプの場合、こちらが相手の味方になる、相手の悪口に一緒になって怒るまで延々と話し続ける傾向があります。話をそらしても、話の落ち度を指摘しても、こちらが同意するまで引きません。

ああ言えばこう言うで、「でもこうじゃない?」なんて意見しようものならば、「でも、こうなんだよ!」とさらにノンストップで、同意を得られるまで話し続けます。

怖いのが、聞き疲れて少しでも同意を示してしまうと、今後もその話の聞き役の標的にされることです。たとえ自分は嫌いでもない相手の悪口であっても、相手が満足するまで聞かされる羽目に…。「あなたもあの人のこと嫌いな仲間だもんね」と同類扱いしてきます。

対処法に困る関わるとめんどくさい人②常にネガティブ

誰にだって気分の浮き沈みはありますが、発言のほとんどがネガティブな人と一緒にいると、自分は大丈夫といくら思っていても、こちらにも機嫌がありますから、時にはこちらも心をネガティブな方に引っ張られてしまうこともあるものです。

ネガティブなオーラが強い人やネガティブな発言が多い人って、相手の心の状況など、一定の条件が揃うと、周りの人の心や精神までむしばむことがあります。

「私は対処法もわかっているから大丈夫」、「負のものには引っ張られないから」と思っている方でも、ちょっとしたことが、知らず知らずのうちに徐々に心の中に積み重なっていってしまうこともあるものです。

最初は嫌だったことも、常日頃から続いていると、自身の感覚も次第に麻痺してきてしまいます。そういったタイミングに、常にネガティブなことを言っている人は、関わる人を負の闇へ巻き込んでいってしまうのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました