ラオスで捨て猫の保護活動を続ける日本人女性。彼女の原動力とは?

スポンサーリンク

岩竹さんがラオスで捨て猫を保護する活動を始めたきっかけ

中国からラオスの首都ビエンチャン郊外に移り住んで、一年あまりの月日が過ぎました。コロナで国境封鎖が続くラオスで晴耕雨読の日々を送る私が、岩竹さんの寺猫保護活動について知ったのは、岩竹さんがfacebookに投稿した愛らしい猫ちゃんたちの写真に惹きつけられたからです。ひだまりのなか、しあわせそうにゴロゴロ地面を転がる猫たちの写真に癒やされながら、時には岩竹さんの投稿した文書に目をやるようになり、活動について知ることになりました。

岩竹さんがラオスに移住したのは10年ほど前、現在、ラオス人の夫と二人、市中心部で「YOKOHAMA」という日本料理店を経営して暮らしていらっしゃいます。そんな岩竹さんがお寺に捨てられた猫を保護する活動を始めたのは2018年10月ごろ。お寺に暮らす捨て猫たちが、食べるものに不足し争奪戦で傷つけ合い、風邪やウイルスの蔓延で命を落としている実態を知ったことがきっかけのようです。一見、平和で居心地の良い場所に見えるお寺が、捨て猫たちにとっては、弱肉強食の修羅場と化していた過酷な現状を知り、放っておけなくなってしまったのです。

捨て猫保護活動の具体的な内容とは

日本食料理店を経営する岩竹さんは、食材の仕入れ、従業員の管理、料理のチェックにお客様の接待と、朝から晩まで忙しく働いています。忙しい仕事の合間の時間を縫って、2つのお寺を周り、猫に餌をあげたり体調を確認したりして、またお店に戻って夜の営業の準備をする。こんな生活が始まって、はや3年、雨季のスコールで道路がドロ沼と化しても、旅行シーズンでお店が忙しくても、毎日欠かさず捨て猫たちの世話をし続けています。

岩竹さんの捨て猫保護活動は、お腹を空かした可愛そうな捨て猫たちに餌をあげることにとどまりません。より根本的な問題解決をはかるため、お寺で保護する捨て猫たちには必ず避妊・去勢手術を行います。

また、なるべく早い段階で、ワクチンを与えてぎょう虫やノミ・ダニの駆除を行います。そして、SNSなどで呼びかけて、捨て猫を引き取ってくれる人や、捨て猫のエサ代・ワクチン代を寄付してくれる里親を募集することも定期的に行っているようです。

こうした岩竹さんの捨て猫保護活動は、基本は個人で、時としてラオス人の篤志家や、お寺の僧侶・地域の住民との緩やかな連携の中で進められています。お寺や地域住民から連絡を受けて、病気や怪我でひどい状態で発見された犬や猫を、犬猫病院に連れていき、手当をしたり、薬を与えたりといったこともしばしばあるようです。

捨て猫保護活動を通して見えてくるラオスの良さ

ラオスでは、首都ビエンチャンでも、犬が道端でのんびりと寝転んでいます。それなりに車は通る道路なのに、「絶対に轢かれないから大丈夫~」と安心しきってまどろむワンちゃんたち。運転手も道端で寝転ぶ犬に腹を立てる様子もなく、器用に避けて走り去っていきます。

ラオスで最もポピュラーな外食産業シンダート(焼肉)のお店は、多くがオープンエアになっていて、近所の犬や猫がこちらのテーブルからあちらのテーブルへと、ウロウロさまよいながら残り物を漁っています。しかし、こうした招かざる犬猫たちを、店員も客も追い払おうとしません。

ラオス人は温和でのんびりしている

タイトルとURLをコピーしました