スポンサーリンク

【雑談が苦手な方必見!】雑談力を付けて職場でのコミュニケーションを円滑にする方法
スポンサーリンク

雑談が嫌い&苦手な方はいませんか?


https://www.pakutaso.com/20141039283post-4681.html

職場でちょっとした仕事の合間にさりげなく会話を交わすのが、雑談。話題もその日のニュースや天候など、さほど重要ではないものであることが多いようです。

この雑談が苦手である人、増えているのだそうです。雑談したくないのでなるべく近所の人と会わない時間に家を出たり、職場ではエレベーターで一緒にならないようにしたりしている人もいるようです。

でも、雑談のスキルが上がると、人間関係がスムーズになるなど、メリットがいっぱい!雑談が苦手な原因には何でしょうか?どうすれば雑談力を身に着けることができるのでしょうか?

こちらでは雑談にまつわる色々を取り上げていきます。

雑談が下手な理由とは?


https://www.pakutaso.com/20150128013post-5039.html

職場での雑談が苦手・職場での雑談が苦痛という方もいる一方で、いつも職場でメンバーと楽しそうに雑談している人もいますよね?職場での雑談が苦手や苦痛と感じる人は、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

雑談は短時間で話すためにアドリブ力が求められます。いわば突然その相手と会って会話が始まるので、これに対応するスキルが求められるのです。雑談の苦手な理由は主に4つあるようです。

ここからは職場での雑談が苦手な理由4つを順に見ていきましょう。職場での雑談が苦手だと感じている人は、自分がどのタイプに当てはまるか考えて読んでみて下さいね。

話題が見つからない

職場での雑談が苦手だという人に多いのが、雑談の話題が見つからないという人です。雑談というのは通常取るに足らないちょっとした話でいいのですが、雑談が苦手な人というのはしっかり会話をするために話題を考えこんでしまい、かえって雑談が出来ないという状態になってしまうようです。

偶然職場の人に会った時にスムーズに会話を始められるといいのですが、何を話していいのかわからない、そんな人も多いようです。「何を話そう…」と悩んで、そのために余計に緊張してしまい、なおさら話題が見つからなくなってしまいます。そのため、結局何も言えなくなって黙ってしまうのです。

意味のないことを話したくない


https://www.pakutaso.com/20160912250post-8937.html

雑談が苦手な人の中には、雑談は無駄だと思っている、意味のないことを話したくないという性格の人もいるようです。このタイプは男性に多いようですが、女性でもこのように感じる人はいるでしょう。

しかし、雑談はそれ自体が意味のない会話ですから、このタイプの人は考え方を変える必要があるかもしれません。雑談は意味のない会話ではあるけれど、これによって仕事がスムーズにいく、人間関係が円滑になる、このような効果があることを認識するなら、雑談をしようという気になるかもしれません。

自意識過剰になってしまう

雑談は瞬時の判断で話題を提供し、それに返事をしていく作業です。タイミングよく答えられないと、会話が途切れてしまうのです。

このタイプの人は雑談の時、ちょうどよい話題やエピソードを思いつくのですが「これを言ったら相手はどう思うだろう」、「嫌われてしまうのでは」などと心配になってしまうのです。それで結局何も言えなくなってしまい、黙ってしまいます。そう、相手がどう思うかを考えすぎてしまうので、話せなくなってしまうのです。

そしてこのタイプには頭の回転が速い人や気遣いの出来る優しい人が多いようです。そんな人が職場の人と雑談をスムーズにするためには、当たり障りがなく誰でも話やすい内容をいくつか用意しておくことのが良いでしょう。後ほど職場での雑談にぴったりの話題をいくつかご紹介しますので、そちらも参考にしてくださいね。

話がまとめられない

雑談が苦手な人の中には、自分は話をまとめられないと感じている人もいます。そのような人は雑談のように予期していない会話では、自分が話しているうちに何を話していたのか分からなくなってしまい、それを自分でも自覚しているのです。プレゼンテーションのようにあらかじめ話すことをしっかりと準備できる場は、比較的無難に乗り切れるのです。しかし雑談のようにあらかじめ準備できない会話になると、苦手意識が出てしまうようです。

話がまとめられない人やついつい話が長くなってしまう人は、雑談する時に自分の話ばかりをしてしまいがちです。職場での円滑なコミュニケーションには、人の話を聞くことも実は大事なポイントです。自分の話ばかりしてしまうという人が職場で雑談する時は、一緒にいる仲間に話をふったり質問したりして話の主導権を相手にゆだねるよう心がけるとよいでしょう。

雑談をするとメリットがたくさん!

雑談が苦手な人は多いのですが、雑談にもメリットがあるのです。これを知ったら、雑談力を身に着けたい、と思うかもしれません。

●コミュニケーション力がアップする

仕事や日常生活の場では、自分が苦手だと思う人とも付き合う必要があるでしょう。そのような人との会話をスムーズにするのが、雑談です。雑談で何気ないことを話していると、その人の新たな面を知る機会となり、苦手意識が克服できることがあるのです。

●信頼関係を築くことができる

雑談によって、相手の家族のことや背景、その人の考え方を知ることができます。これには相手との心理的距離を縮める効果があり、信頼関係を築くことも可能になるのです。

●相手の本音を引き出す

雑談をしていると、相手が本当はどう思っているのかを聞き出すことができることがあります。改まった話の中では、なかなか自分の本音を吐露することはないかもしれませんが、リラックスした雰囲気の中笑顔で行われる雑談の中では、相手の気持ちを聞き出すことができるかもしれません。

いかがでしょうか?たかが雑談ですが、雑談によって職場で働きやすくなる効果があるんです。雑談が苦手だから・・・と避けるのではなく、職場だからこそ仲間や同僚とスムーズに雑談が出来るよう努力してみてはいかがでしょうか?

雑談力を身につけるための方法


http://girlydrop.com/landscape/3951

では実際に職場での雑談力を身につけるためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?ここからは雑談力を身に付けるいくつかの方法をご紹介しましょう。

どれも日常生活で出来る簡単なことばかりですので、雑談が苦手という人も一度トライしてみてください。

様々なことに興味を持つ

雑談が苦手な人は「何を話していいかわからない」という人が多いのです。話題を増やす努力をしてみるのはいかがですか?新聞をじっくり読んでみてもいいですし、ニュースを聞くようにするのもいいでしょう。今まであまり興味がなかったことでも、「話題を増やす」という目的をもって情報を仕入れるようにすると、意外に楽しいかもしれません。

色々なことに好奇心を持つようにするのです。「これは興味深い」と感じると、自然に人に話したくなってくるのです。

聞き上手になる

自分から話を切り出すのが苦手、という人もいます。そのような人は無理に話を切り出さない、という方法もあります。聞き上手になるのです。相手の話をよく集中して聞いてみましょう。きっと、そこには次の会話につなげるためのヒントが隠されているはずです。

例えば相手が子供と出かけたことを話しているのなら、「お子さんは何人ですか?」「お子さんはおいくつですか?」なんて質問ができるでしょう。これで十分会話のキャッチボールは成立しており、雑談が成立するのです。

失敗を恐れない

上手に会話できないので雑談はしたくない、と感じている人もいます。そう、失敗が怖いのです。このような人は、雑談についての考え方を変えてみましょう。雑談は試験ではありませんから、上手にできなくてもいいのです。むしろ内容よりも、その時の表情や楽しい雰囲気の方が印象に残るのです。

失敗しても笑顔で楽しい雰囲気で雑談するほうがいい印象が残るのですから、失敗を恐れずにリラックスして話してみましょう。

1人でいるときに感情を口に出してみる

1人暮らしをしている人に多いと思うのですが、会話をする相手がいないので思ったこと、感じたことを口にしない習慣が身についてしまっているのです。このような場合、1人でいても感情を口にするようにしてみましょう。テレビを見ていて面白いと思ったら、誰かに話しているように感想を口にしてみましょう。美味しいものを食べたなら、その感想を言葉にしてみるのです。これは雑談の時にも役立ちます。とっさに思ったことを上手に口にすることができるようになりますよ。

家族との会話を意識してみる

スポンサーリンク