【紅茶とハーブティーって別物?】紅茶とハーブティーの特徴を知ってティータイムを楽しもう♪

お店に行くと、紅茶コーナーに「ローズヒップティー」や「カモミールティー」といったハーブを使ったお茶が並んでいることがあります。「紅茶とハーブティーは同じものなのかな?」と思ってしまいがちですが、実はこの2つは別物。そこで今回は、そんな紅茶とハーブティーの違いについて解説していきます。違いを知ることで、ティータイムをさらに楽しむことができますよ♪

公開日:    最終更新日:

紅茶とハーブティーは違うもの?


http://girlydrop.com/cafe/1595

紅茶とハーブティーは別のものです。紅茶とは茶ノ木の葉を発酵して作られたお茶のことを言います。一方でハーブティーは茶葉を使用せず、植物(ハーブ)の葉や花などが使用されます。ハーブティーの場合生のハーブ(フレッシュハーブ)が使われることも、乾燥させたハーブ(ドライハーブ)を使われることもあります。

紅茶の特徴・有名な種類


https://www.pakutaso.com/20130232056post-2459.html

「アッサム」や「ダージリン」などの紅茶の名前は、産地からとられています。産地ごとに香りや風味に違いがあるので、色々飲み比べてみるのも楽しいですよ。代表的なものをいくつかご紹介します。

ダージリン

ダージリンは世界三大銘茶のうちのひとつであり、「紅茶のシャンパン」と呼ばれることも。水色は薄めで香りが良いところが特徴で、日本でもよく飲まれています。風味はマスカットフレーバーと呼ばれる、すっきりとしたさわやかさが特徴です。香り高い紅茶ながら癖が少ないので、とても飲みやすい紅茶であるともいえるでしょう。

アッサム

アッサムはしっかりとした濃い色味の水色と、芳醇な香りが特徴的です。香りがしっかりとしているため、ミルクティーを作る際によく選ばれます。コクと甘味をしっかり感じることができるタイプの紅茶です。

ウバ

ウバは世界三大銘茶のひとつで、ややメントールのようなすっきりとした風味があるところが特徴です。コクがあって甘みも感じることができ、水色はルビー色のような明るい色味になります。ストレートはもちろんですが、ミルクティーにするのもおすすめです。

キームン

キームンも世界三大銘茶のひとつで、中国で生産されています。生産期間が長くないため流通する量はあまり多くなく、他の茶葉と比べると高価である傾向にあります。スモーキーフレーバーが特徴で、水色は明るく澄んでいます。飲み方はストレートがおすすめです。

ハーブティーの特徴・有名な種類

次に、ハーブティー初心者の方にもおすすめしたい、定番のハーブと特徴をご紹介していきます。ハーブティー用のハーブを選ぶ際に参考にしてみてください。

おすすめの定番ハーブティー:エルダーフラワー


https://www.pakutaso.com/20180453109post-15983.html

エルダーフラワーティーはマスカットに少し似ているすっきりとした甘い香りが特徴のハーブティーです。とても飲みやすいので、ハーブティー初心者の方にも向いているハーブであると言えるでしょう。シングルでも十分においしく飲むことができます。

エルダーフラワーティーは抗ウイルス作用と抗炎症作用があるので、風邪や花粉症などにより咳や鼻づまりなどが気になるときに飲むと、すっきりさせてくれる効果が期待できます。予防として摂取するのもおすすめですよ。また利尿作用と発汗作用もあるので、むくみが気になるときや、ダイエット中に飲むのもおすすめです。

おすすめの定番ハーブティー:カモミール


https://www.pakutaso.com/20130519148post-2802.html

カモミールティーは数あるハーブティーの中でもとてもメジャーなので、飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。青りんごに似た、優しい甘さが特徴のハーブティーです。

カモミールティーは身体をリラックスさせる効果があるので、ほっと一息つきたいときや、眠る前に飲むティーに向いています。なかなか寝付けない夜にホットでゆっくりカモミールティーを飲むと、心も落ち着きますので試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの定番ハーブティー:ハイビスカス


https://www.pakutaso.com/20180444109post-15980.html

関連記事