スポンサーリンク

旦那のことが愛せない。ただの同居人になったきっかけはなに?
スポンサーリンク

旦那を愛せない女性が急増中?!

「あんなに好き合って結婚したのに、今となっては旦那を愛せない…」「この人しかいないと思っていたのに、結婚と恋愛は違うのね…」このように、旦那を愛せないと思っている女性は少なくありません。少し怖い話かも知れませんが、旦那がいても彼氏がいるという女性も、実は案外います!男性の不倫は残念ながらすぐバレますし、とにかく嘘や演技が下手なので、隠しきれてないんですよね。しかし、女性は用意周到に隠蔽できてしまう方も無きにしも非ず…。

人の不倫にとやかく言うつもりはありませんが、そもそもなぜ愛せない心境になったのでしょう?

戸籍上家族になった旦那を、愛せないことに悩んでいる女性は、社会進出と共に増えているのは事実です。生き方や価値観の多様性も受け入れられる社会になってきているため、色んな夫婦の関係があっても良いのですが、嫌いに近いほどの関係で愛せないと思っているのであれば、ストレスを通り越してもはや開き直っているという方も…。

スポンサーリンク

旦那はただの同居人…愛せないきっかけは?

旦那を愛せないようになったきっかけは、人それぞれでしょうし、夫婦の数だけあるでしょう。

  • 今となってはただの同居人
  • いてもいなくてもわからない
  • 何をしてようがお互い干渉しない

確かにそんな関係も夫婦の在り方として、ナシではないのかも知れませんが、やっぱり寂しくないですか?旦那を愛せない関係でも離婚する気がないのであれば、ここで少し、そうなったきっかけを探ってみませんか?

旦那を愛せないきっかけを探る①いつから愛せなくなった?

旦那を愛せないのが、いつからかなんてもうわからない…そんな女性も少なくはないでしょう。新婚でもあるまいし、もう好きとかすらわからない…と、付き合った頃から時も経ち、新鮮さがないなんてこともありますよね。長年一緒に生活をしていたら、そりゃあ、良いも悪いも見ているでしょうし、マンネリもありますし、価値観の違いが出てきたり、怒っても疲れるだけと諦めたりして、次第に気持ちが麻痺することだってあるでしょう。

しかし、これまでにどんなやり取りがあってそう感じるようになってしまったのか、振り返ってみると、案外いつから愛せないと思うようになったのか、気づくきっかけにもなるかも知れません。ちょっとした不満がたまっていって、今に至っているとしても、いつ頃から感情が変化したのか、思い出すヒントにもなるはずです。「愛だの好きだのの年齢じゃないし…」なんて思わずに、冷静にきっかけを見つめてみましょう。

旦那を愛せないきっかけを探る②大きな事件があった?

旦那に浮気をされた。これはもう旦那を愛せない大きなきっかけと言えますよね。もしくは、なにか大きなケンカをして、もうこの人のことは理解できない!と痛感するような事件があったのかもしれません。

また、これまではうまくいっていた夫婦であっても、思いもかけないことがきっかけになって、大きな事件化することだってあります。たとえば、新型コロナウイルスなんて最たる例と言えるでしょう。

急に旦那の在宅ワークが増え、イライラが募っている奥様もいるでしょうし、こういった世の中の危機的状況に対する考え方の不一致も、大きなきっかけになりますよね。家族を守ろうと必死な奥様に対して、仕事の付き合いだといって飲み会に行く旦那…。急に在宅ワークになってやらたと家事に文句を言われるようになった…そんなことも、感覚の違いに直面するきっかけでもあり、愛せないと感じる原因になるのは否めません。

参考:東洋経済|「自粛中に離婚」30代夫婦が悟った絶望的な亀裂

旦那を愛せないきっかけを探る③お母さん状態?

我が子のように感じてしまっていると、もちろん異性としては愛せないのは至極真っ当なこと。ただこの場合、別れ道になるポイントは、旦那に尊敬する部分があるか否かです。ここでもし、「子供みたいに私がいつも世話をしてる!」は言いつつも、「でもこういうところは尊敬してるな」という思いがあればセーフ。人として嫌いになるなどではなく、恋愛を超えた親友のような関係になることもありますもんね。

しかし、「いやいや、こんな旦那褒めるとこないし…」、「お金さえ入れてくれたら良い」と本気で思っているのであれば、危険信号です。そのままでは、毎日くさくさした気持ちで過ごさないといけなくなってしまいます。たとえ、お母さん状態になっていたとしても、家族としての愛があればよいのですが、人として愛せない、憎い…そんな感情になっているとしたら、ストレスフルな日常になってしまっているのではないでしょうか。

参考:DIAMONDonline|結婚して「3年」経つと、愛情が「別の感情」に変化する!?

スポンサーリンク

旦那を愛せないきっかけ【旦那の原因編】

旦那が浮気をしたことがきっかけ…結婚してわかったけど、旦那が引くほどのマザコンだった…収入が低いのにこだわりが強くて出費が多い…結婚してから本性を発揮したモラハラ男だった、その他夫婦生活に関わる不一致など、旦那の性格的なものや、ドン引きさせるような言動は、愛せないきっかけにもなるものです。一つひとつ詳細を確認してみましょう。あなたの旦那様に該当するものはあるでしょうか?

旦那に原因がある愛せないきっかけ①女癖

婚姻関係にある以上、旦那の女癖が悪い・浮気がち・不倫をしている…そんなタイプたっだ場合は、愛せない心境になるのは自然なことです。不倫のために嘘もつかれているでしょうし、信頼関係が崩壊する裏切りでもあります。「他の女性と…なんて思っただけで、吐きそう…」「触りたくもない…」「不潔!」とすら思ってしまう女性も多いようです。信じていたのに…と、傷も深くなりますよね。

旦那の嘘や裏切り、そういった場合はやはり感情を保つのも、取り戻すのも時間がかかるでしょうし、難しいことかもしれません。子供がいたり、生計的な意味でも不安があったりして、本当は離婚したいくらい傷ついていて、許せない…という感情が渦巻いているかもしれません。簡単に許せることではありませんからね…。離婚しないのであれば、旦那の誠意も必要ですが、その苦しみを超える楽しみや癒しを見つけられると良いですね。

旦那に原因がある愛せないきっかけ②ハラスメント・非協力的

モラハラ・DVなどは、結婚してからエスカレートする傾向があるため、長く交際していても気づけなかったという方も多いものです。ハラスメントについては、愛せないというのはもちろん、心の健康までも害してしまうため、とても厄介なこと。そんな関係に、無気力になってしまってはいないでしょうか?ハラスメントの場合は、もはや愛情というよりも、上下関係が出来上がってしまっている危険もあります。

また、家事・育児をすべて押し付けてくる旦那に、我慢の限界という女性も多いですし、出産を機に産後クライシス、夫婦関係が崩壊、旦那の非協力さにうんざり…そんなきっかけから愛せない心境に至っている方もいるでしょう。結婚して恋人関係とはまた違うステージになったことで、愛情や関係性が変化してくることもあります。妻に理解のある旦那ばかりではない事実…。自分を労わる生き方をできるようにしたいところですね。

参考:政府広報オンライン|パートナーや恋人からの 暴力に悩んでいませんか。 一人で悩まずお近くの相談窓口に相談を。

旦那に原因がある愛せないきっかけ③金銭感覚

結婚した以上、生計を共にするのですから、金銭感覚が合うかどうかはとても重要なことです。しかし、男性って趣味や好きなものに対して❝モノ❞から入ることが多く、こだわりが強い人もいて、女性には理解しがたいこともあるもの。「こっちは一生懸命、家計のやりくりをしているのに、なんでこんなに高価なもの買うの?!」「実用性のないものばかりにお金をかけないで!」そんな不満が溜まっていないでしょうか。

愛はお金では買えない…とはいえ、金銭感覚の不一致は、愛情や信頼関係を崩壊させる危険だってあります。私の友人は、知らない人ところで、百万単位の借金をしていることが判明し、さすがにキレていました…。また、ギャンブル好きだったり、お酒が好きで飲み歩いていたり、そんなことばかりにお金を使われると、うんざりしてしまうことだってありますよね…。稼ぎが良くないというのも、これに該当するのではないでしょうか。

旦那に原因がある愛せないきっかけ④年齢と共に劣化…

ちょっと番外編的にご紹介しますが、自分も然り、旦那も歳と共にさまざまな変化を遂げていますよね。出会った頃はあんなにカッコよかったのに、今では腹の出たメタボ男子に…。ふさふさだったはずの髪も薄毛に…。洗濯ものをする時に感じる旦那の衣類からの加齢臭…。枕カバーのおやじ臭…。いたし方ないことですし、お互い様ですが、案外、こういった日々の生活からくる些細なことで、愛が冷めた…なんて意見も…。

旦那を愛せないきっかけ【嫁の原因編】

旦那は申し分のないほどにも関わらず、新たな恋をしていまった…こんな状態では旦那を愛せないのも当然のことでしょう。また、嫁側が旦那に求めすぎている場合も考えられます。期待し過ぎて、応えてくれない旦那に幻滅して愛せないというのであれば、ちょっと旦那さんには酷かもしれません。多くを望み過ぎ、思い通りにならない場合は、旦那から気持ちが離れるきっかけになってしまうものです。こちらも詳しく確認してみましょう。

嫁に原因がある愛せないきっかけ①結婚に憧れているだけだった

早めに結婚した女性に多いことかもしれませんが、お嫁さんに憧れてなんとなく結婚してしっまった場合に、思い描いていた幸せな結婚とはかけ離れていたなんてこともあります。結婚=幸せと決めつけていた、現実を見ていなかった、後から思うとそんなことが原因だった…というケースは結構あるものです。確かに結婚って夢はありますよね♡でも、結婚してから気づくんです。結婚がすべてじゃないと…。

結婚を急いでしまったとしても、もちろんうまくいっている夫婦もいます。しかし、周りが結婚ラッシュだったから、ついつい流れで結婚したけど…なんとなく適齢期だったし…とりあえずその時好きだった勢いで…なんて、自分の人生を熟考せずに、若さの勢いで結婚したというケースも珍しくはありません。おままごとの延長で、華やかなイメージしかもっていなかったというのも、原因かもしれません。

嫁に原因がある愛せないきっかけ②好きな人ができた

結婚する相手を間違えてた…そう感じることも、何年も夫婦をやっていればありますよね。しかし、結婚してからこの人がよかった…なんて思うほどの、恋をしてしまう方もいるのも事実です。まぁ…出会うのが遅かったのかも知れませんが、子供がいたり、家を建てたりしていたら、結婚はあくまで個人と個人の法的な効力のある契約ですから、簡単にやめられるものではありません。バツがつくのを嫌がる人もいますから。

結婚式をして、親族・友人にも紹介し、今更好きな人ができたから離婚したいなんて…と踏み切れず、結婚関係は継続をしつつも、心此処にあらず…。実際に、旦那の足りないところ・旦那の不満を満たすために彼氏がいるという女性もいます。旦那に優しくなれるからと、他の人と恋愛している人はゼロではありません。そうなってくると、心は彼、旦那は同居人と思ってしまうのも無理はないかもしれません。

嫁に原因がある愛せないきっかけ③周りと比べてしまう

スポンサーリンク