女性の多い職場は大変?快適に働ける術を身につけて自分を守ろう

スポンサーリンク

学生時代の女子同士。どんな嫌なことがあった?

仕事を始めてからだけでなく、幼いころから、女性同士の関係に悩まされたり、嫌な経験をした方は多いでしょう。教室で起きていたことが、職場でも起きる可能性がある、と言えるかもしれません。では、皆さん、今までにどんなことがあったでしょうか。

 どこかのグループに属さないといけない?

女子は小学校高学年になるにつれ、仲の良い友達同士でグループを作るようになります。休憩時間はいつも一緒、放課後遊ぶのも一緒、トイレにも一緒に行くという、あの感じですね。自分の親しい友達同士で群れてしまって、人間関係が固定されるようになります。

どこかのグループに属していると安心感も覚えます。けれども、中には、どこにも属したくない女子もいます。どこかのグループに属していたけれども、違和感を覚えて、グループから外れた女子もいます。グループに属していないと、「変わっている子」なんて、レッテルを貼られることも。10歳前後から始まる、グループを作るという感覚に大人になってからも、悩まされることになります。

突然の仲間はずれ!

リーダー格の女子に嫌われてしまい、仲間外れが始まってしまうことがあります。仲間外れにされた本人に、原因が分からないこともあったでしょう。リーダー格の女子の気分次第ということだってあります。かといって、別のグループに簡単に入れるわけでもないし、「なんで外されたんだろうね」なんてうわさが立ったり、周囲の目も気になります。誰とも群れずに、一人でいることを決めたり、不登校のきっかけとなるかもしれません。

悪口に同調しないといけない?

グループに属していると、友達の意見に同調しなければいけない、そんな雰囲気がうまれることがあります。嫌われたくないから、ですね。

例えば、友達が誰かの悪口を言い始めた。詳細を聞いたあなたは、彼女に100%同調しかねるところがあっても、「あなたにも悪いところがあったんじゃない?」なんて、言えないでしょう。そんなことを言うと、あなたと彼女との関係が悪くなってしまいます。あなたには、「実は私も嫌だったのよ!」「そんなこと言うなんて、信じられないね!」なんて返事を、友達は期待しているはずです。彼女は、あなたの同意がほしくて、話しているのですから。そして、あなたに同調してもらえたと感じた彼女は、あなたともっと親密になれたと感じるのです。グループの仲間の気持ちを察することも求められます。

女性の多い職場の実際!どんなことがある??

今、実際に女性の多い職場で働いている方、これから働こうとしている方、さまざまいらっしゃるでしょう。実際に女性の多い職場ではどんなことが起きがちなのか、例をあげていきましょう。あなたにも思いあたることがあるかもしれませんし、将来、あなたの身に降りかかることかもしれません。

<女性の多い職場>グループに入る?入らない?

 

新しい仕事に就いたとき、配属がかわったときなど、もうそこには、既存の人間関係があります。性別を問わず、新しい人間関係を作り上げることは、喜びもある一方で、ストレスもあります。特に女性の場合は、親しい人同士、グループができあがっていることも珍しくありません。

古参の女子社員が、自分が快適に職場で過ごすために作り上げたものであったり、正社員グループと派遣グループのように、立場の違いで組織されていたり。成り立ちはさまざま。どこかのグループに属することができて、安心だという女性がいれば、群れたくないからと、一人で行動している女性もいます。ランチは一緒、休憩も一緒、夜の飲み会も一緒なんて、わずらわしいし、一人でランチしていても、寂しくない。仕事だけに集中したいという考えもあります。自分がどんなスタンスでいたいのか。最初が肝心、とも言えます。曖昧だと面倒なことになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました