スポンサーリンク

女性の多い職場は大変?快適に働ける術を身につけて自分を守ろう
スポンサーリンク

学生時代の女子同士。どんな嫌なことがあった?

仕事を始めてからだけでなく、幼いころから、女性同士の関係に悩まされたり、嫌な経験をした方は多いでしょう。教室で起きていたことが、職場でも起きる可能性がある、と言えるかもしれません。では、皆さん、今までにどんなことがあったでしょうか。

 どこかのグループに属さないといけない?

女子は小学校高学年になるにつれ、仲の良い友達同士でグループを作るようになります。休憩時間はいつも一緒、放課後遊ぶのも一緒、トイレにも一緒に行くという、あの感じですね。自分の親しい友達同士で群れてしまって、人間関係が固定されるようになります。

どこかのグループに属していると安心感も覚えます。けれども、中には、どこにも属したくない女子もいます。どこかのグループに属していたけれども、違和感を覚えて、グループから外れた女子もいます。グループに属していないと、「変わっている子」なんて、レッテルを貼られることも。10歳前後から始まる、グループを作るという感覚に大人になってからも、悩まされることになります。

突然の仲間はずれ!

リーダー格の女子に嫌われてしまい、仲間外れが始まってしまうことがあります。仲間外れにされた本人に、原因が分からないこともあったでしょう。リーダー格の女子の気分次第ということだってあります。かといって、別のグループに簡単に入れるわけでもないし、「なんで外されたんだろうね」なんてうわさが立ったり、周囲の目も気になります。誰とも群れずに、一人でいることを決めたり、不登校のきっかけとなるかもしれません。

悪口に同調しないといけない?

グループに属していると、友達の意見に同調しなければいけない、そんな雰囲気がうまれることがあります。嫌われたくないから、ですね。

例えば、友達が誰かの悪口を言い始めた。詳細を聞いたあなたは、彼女に100%同調しかねるところがあっても、「あなたにも悪いところがあったんじゃない?」なんて、言えないでしょう。そんなことを言うと、あなたと彼女との関係が悪くなってしまいます。あなたには、「実は私も嫌だったのよ!」「そんなこと言うなんて、信じられないね!」なんて返事を、友達は期待しているはずです。彼女は、あなたの同意がほしくて、話しているのですから。そして、あなたに同調してもらえたと感じた彼女は、あなたともっと親密になれたと感じるのです。グループの仲間の気持ちを察することも求められます。

スポンサーリンク

女性の多い職場の実際!どんなことがある??

今、実際に女性の多い職場で働いている方、これから働こうとしている方、さまざまいらっしゃるでしょう。実際に女性の多い職場ではどんなことが起きがちなのか、例をあげていきましょう。あなたにも思いあたることがあるかもしれませんし、将来、あなたの身に降りかかることかもしれません。

<女性の多い職場>グループに入る?入らない?

 

新しい仕事に就いたとき、配属がかわったときなど、もうそこには、既存の人間関係があります。性別を問わず、新しい人間関係を作り上げることは、喜びもある一方で、ストレスもあります。特に女性の場合は、親しい人同士、グループができあがっていることも珍しくありません。

古参の女子社員が、自分が快適に職場で過ごすために作り上げたものであったり、正社員グループと派遣グループのように、立場の違いで組織されていたり。成り立ちはさまざま。どこかのグループに属することができて、安心だという女性がいれば、群れたくないからと、一人で行動している女性もいます。ランチは一緒、休憩も一緒、夜の飲み会も一緒なんて、わずらわしいし、一人でランチしていても、寂しくない。仕事だけに集中したいという考えもあります。自分がどんなスタンスでいたいのか。最初が肝心、とも言えます。曖昧だと面倒なことになるかもしれません。

<女性の多い職場>感情をストレートにぶつけてくる女性がいる

女性同士の会話のときは、表現がキツくて、当たり散らすこともあるのに、男性のいるところでは、声の質まで柔らかくなり、雰囲気や態度がコロッと変わってしまう女性っています。女性だけ、もしくは極端に男性が少ない職場では、異性の目線を気にする必要がない分、感情のまま言葉を口にする女性に苦しめられるかもしれません。ただし、そのような女性は、表裏のない性格の、付き合いやすい女性だと見ることもできます。

<女性の多い職場>立ち話、井戸端会議に参加しないといけない?

女3人よれば姦しい(かしましい)ということわざ、ご存じですか。女が3人いれば、おしゃべりが弾み、やかましいという意味ですが、それが女性だけ、女性の多い職場だとしたら…。

給湯室、トイレ、更衣室などで長時間、立ち話をする女性たちを見かけることがあります。特に、派遣としての勤め先で、正社員の方が長々と時間をつぶしている様子をみると、うらやましく感じることもあるでしょう。ちょっとの息抜きなら理解できるのですが、給湯室でお茶を飲みながら10分、20分と楽しげに話しをしている姿をみるのは、他人からすると、気持ちいいものではありません。

けれども、自分の親しい人が立ち話をしているところに出くわすと、なんとなく会話に参加したほうがいいような気になり、会話に入ったら入ったで、抜けられなくなってしまい、自分までもが長時間立ち話に付き合うことに…。はっきりした態度を取れない自分にも腹が立ちます。

<女性の多い職場>悪口、陰口を聞かされたとき、どう反応する?

トイレに入っているときに、女性同士が悪口を言い合っているのが聞こえてきた。給湯室に行ったら、陰口を言っていたのを偶然、聞いてしまった。そんな偶然に出くわすこともあるでしょう。誰かの陰口、悪口を言い合うことで、付き合いが深くなる、グループの結束が強くなるという感覚、今までに経験ありませんか。相手からすると、あなたに自分の不満を正直に話すことで、あなたともっと親しくなりたい、心を開いているよ、というサインなのでしょう。

さらに、同調したほうが職場で快適に過ごせるかもしれないと、忖度することもあります。反対に、共感できないとしても、「悪口なんて言わないほうがいいよ」なんて注意もできないでしょう。悪口を言う人は、言いたいことが言えてスッキリするかもしれませんが、聞かされるほうは、ストレスが溜まってしまいます。

<女性が多い職場>あなたが嫉妬の対象になってしまうかも

既婚女性が、独身女性の多い職場に入社してしまったら…。年齢層の高い職場に、若くて見た目の華やかな女性が異動してきたら…。自分にないものを持っている女性に注がれるのは、嫉妬、妬み。しかも、嫉妬や妬みは、女性グループの格好の話のタネになり、会話が盛り上がるでしょう。一緒に悪口を言うことで、グループの結束が強くなることでしょう。気付かないところで、悪口を言われている。そんな状況にあなたは陥ってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

<女性が多い職場>おしゃれでないとダメなの?

女性にもいろいろな性格の人がいます。いつも化粧をきれいに施し、髪の手入れもバッチリ。ブランド物に身を包む女性。かたや、見た目や着るものには無頓着。化粧は薄く、ブランドものになんて興味がない。そんな女性だっています。

ただ、女性が多い職場ですと、人が集まるのは、見た目の華やかな女性。リーダー格になっていたりします。いろんな女性がいて当たり前。頭では分かっていても、「人付き合いがうまくいかないのは、私がおしゃれじゃないから?」なんて思って、無理に自分を変えようとする女性もいます。

女性の多い職場で、身を守る方法

女性が多い職場では、女性が少ない職場よりも、面倒くさく感じることが多いかもしれません。でも、嫌だ、ストレスを感じるからといって、環境を変えることは大変ですし、他人を変えようなんて、無理です。それならば、自分の考え方、人とのつき合い方を変えるほうが簡単です。発想を変えて、ストレスに耐えうる心を手に入れましょう。

スポンサーリンク