スポンサーリンク

旦那に嫌われた嫁の言動特集!あなたはこんな言動していない?
スポンサーリンク

旦那って意外と嫁の言動に敏感?!

「うちの旦那はどうせなんも気にしてないから!」

「なんも考えてないから、うちの人」

そんなふうに、旦那をあたかも繊細さなんてない男だしという言動をしていないでしょうか?…いやいや、実は男性も案外、敏感に嫁からの言葉に反応しているものなんですよ。むしろ、どっしりしているように見える人の方が、案外気にしているなんてパターンだってありますから。長年一緒にいたとしても、知らないこともあるものです。

女性だろうが男性だろうが、人それぞれの感じ方や考え方があるものですが、女性には理解し難い「男性ならでは」の考えもあるもの。男のプライドなんてなさそうに見えてたという人にだって、ポリシーもプライドもあるんです。旦那に悪気なく言った・冗談で言ったような言葉でも、嫌われたり傷つけたりしてしまう発言があります。逆もしかりで、男性が悪気なく言った言葉に、女性ならではの傷つく発言だってあるんですから。

スポンサーリンク

旦那に嫌われた嫁の言動【8選】

旦那に嫌われた嫁って、どんな言動をしているものなんでしょうか?嫌味?侮辱する発言?男性のプライドを傷つける女性?色んな原因があるものです。ここでは言動を発言と行動に分けて、それぞれ4つずつ、合計8選分、具体的な話を挙げてみます。意外にここでご紹介する言動って、女性が気楽にやってしまっていることがあるものですので、自分がやっちゃってないか、チェックしてみてくださいね。

旦那に嫌われた発言①「浮気ひとつもできない甲斐性なし」

冗談のつもりで、こういった言動をしていたとしても、これは結構、旦那を傷つけている可能性が高い発言です。女性としては、裏を返せば「浮気はしない人」というつもりで言ったのかもしれません。しかし、甲斐性なしって頼りない・情けないという意味です。ただただ浮気なども興味がなく、妻一筋で真面目にやってきた男性が、甲斐性なしだから浮気のひとつもできないなんて言われたらどうでしょう?

これは傷つきますよ。バカにされてる・下に見られていると感じるのは当然です。笑ってくれていたとしても、内心は、何様だ?!と怒りメラメラでしょう。こういった男性をけなしたり、低く評価したりするような言動は、嫌われたとしても仕方ないことです。少なくともケンカをうったのは、発言した妻サイドですから。冗談でもあまり可愛げのない言葉を発していては、旦那を不快にさせるだけですよ。

旦那に嫌われた発言②「いつも理屈っぽいよね」

男性は理論的に考えて話す思考を持っています。一方女性は感情で話すことが多いもの。たとえば、女性は悩み相談のつもりもなく、世間話のノリで話していたつもりでも、男性にとっては真面目な答えを求められていると勘違いしがちで、理論的な結論を気にしています。女性はただ話したいだけなのに、このように男性が考えているため、少し溝が生まれがちなんですね。そんな時に「結論は何?」なんて言いがちな男性…。

「こうこうこうで、こうなんでしょ?こうすれば?」なんてアドバイスを良かれと思ってしてくれるのですが、女性にとってはそれが窮屈で話の腰を折られた気分になり、「毎回理屈っぽいよね…」などと言ってしまいます。しかし、男性は悪気があって言ってるつもりでもなく、話を聞いて考えて答えを伝えようとしているだけなんですよね。助言したつもりな男性からしたら、傷ついてしまう言動なんですよ、これ。

旦那に嫌われた発言③「あの人の旦那さん素敵!」

旦那の目の前で、他の人の旦那や彼氏をカッコいい、素敵と褒め過ぎていませんか?これも、女性は悪意もなく純粋に言っていたとしても、その発言で自分と比べられているように感じて、気持ち良くない…と思うこともあるんですよね。勝手に比べられてるなんて思って、ネガティブに捉えてすねてへこまれても…と思うかもしれませんが、男性にもプライドがあります。やきもちも妬くんです。

「あの人の旦那カッコいい」の言動の裏に、「それに比べてあなたは…」なんて気持ちがなくても。自分にはその人が褒めている内容のことができない・要素がない時に、男性って傷ついちゃって、立場がないって感じちゃうようです。それに男性にも独占欲はありますからね。あまりにそんなことを言い過ぎていると、男として下げられてるように感じて、すねたり嫌われたりしてしまう原因になってしまいます。

旦那に嫌われた発言④「男のくせに頼りない…」

男のくせにという発言は、本当に男性がプライドをへし折る言葉です。こういった言動は昨今、特にLGBTなどについてもよく言われていることですが、自分に置き換えて考えると嫌な気持ちになりませんか?

「女のくせになんでこんなこともできないの?」

ほら、ちょっとイラッとしますよね。男のくせにもなにも、その人の個性だってあるわけです。それを認め合って結婚したのに、「くせに」なんて言われると…。

とっても嫌味に聞こえてしまいますよね。そういった言動が増えると、やっぱり男性だって、責められいるように感じて傷つくものです。夫婦になったし、旦那だからってなんでも言っていいわけではありません。

「言っても気にしてないって、大丈夫大丈夫!」

そう高を括っているかもしれませんが、ほんとにそうでしょうか?気づいた時には、取り返しがつかないほど嫌われた後なんてことも…。

旦那に嫌われた行動①旦那の匂いチェック

旦那の加齢臭…おっさん臭…気になりますよね。仕事で汗をかいて疲れて帰ってきた時に、旦那のスーツの匂いチェックしたり。朝起きた後、旦那の枕カバーを嫌そうに取り替えたり。これ、旦那さま、結構ショック受けてますよ!本人が気にしている場合もありますし、しっかり気をつけている場合もあるし。気にしている・気をつけているにも関わらず、周りの人だからこそ感じることも、残念ながらあるのは事実。

加齢臭ってしっかり対策をしたり、気にしたりしていても、本人にはわかり得ない時があるものなんですよね。自覚できていない時があるというか…。ケアしていてもそんなことあるのか…と知った旦那は傷ついています。もちろん中には笑って歳だから仕方ないよと言える旦那も奥さんもいますが、あからさまに嫌がったり、こっそり嗅いだりしてるのがバレたり…。こういった癖のような妻の行動で、不快になることもあるんですよ。

参考:全薬工業株式会社|気になる体臭…「加齢臭」「ミドル脂臭」ってどんなニオイ?!

旦那に嫌われた行動②スマホチェック

こっそりやれば大丈夫、バレなければ大丈夫。そんな考えで、旦那のスマホチェックをしていないでしょうか?もしくは悪気なく、人の携帯をいじってしまう女性もいます。見られて困るようなことをする方が悪い!なんて思う方もいるかも知れませんが、旦那にだってプライバシーが当然あります。結婚して夫婦になったからって、侵していい領域ではないんですよね。たまに携帯チェックは双方するって人たちもいますけど…。

スマホチェックが興味本位や疑って…てという場合、嫌われたとしても致し方ない行為です。信じてもらえていなかったというショックもありますし、そういう行為をする人なんだというショック、色んな理由で不快にさせることでしょう。「私のも見せるから、見せてよ!」というのもどうでしょう?メッセージなど、他の人のプライベートな話もあるのですから、興味があっても見るのは禁物です。またSNSの執拗なチェックもご法度。

参考:株式会社バケット|SNS活用のヒント

 旦那に嫌われた行動③夫婦の営み断固拒否!

共働きで疲れている。忙しくてそんな気分もない。ちょっと今日はそういう感じじゃない。そんな営みを拒否したい時ってありますよね。人間ですから。人によって性欲も色んな人がいます。しかし、もし断る場合でも、相手の気持ちに配慮した断り方ができているでしょうか?新婚でもあるまいしと冷たく断固拒否をしたり、「ほんとにやめてよ!今日はもう寝る!」と強めに怒ったりしていると、男性は傷つきますよ。

求める頻度が本当に合わないなどの場合は、時には奥さんもイラっとして強く当たってしまうこともあるかもしれませんが、断固拒否!という姿勢では、旦那は「自分を拒絶された」ような気持ちになってしまうんです。意外と繊細な部分があるため、夫婦だからこそ求めているのに、冷たくあしらっていたら、ショックのあまり浮気に走りたくなってしまう一面も…。丁寧に話し合っておくべきポイントと言えそうですね。

参考:プレジデントオンライン|「セックスレスで人生を終えたくない」コロナ離婚を決意した夫の言い分

旦那に嫌われた行動④手伝った家事のやり直し

せっかく家事を手伝ってくれた旦那…確かに普段からやり慣れていないことですから、粗が目立つこともあることでしょう。たとえば洗い物。「少し汚れが気になるな…。」掃除機かけてくれた。「角の方に埃があるな…。」そんな具合に、甘い部分がチラホラ…なんてことはあるのではないでしょうか?心の中では、やるならしっかりやってよ!という気持ちを抱いたとしても、目の前でやり直したりしていないでしょうか?

普段やらないことを「ちょっと褒めてもらえるかも」と期待していた旦那からしたら、この行動ってどうなんでしょう?やっぱりこれが続くと嫌味に感じる人もいます。笑いながら「この食器まだ汚れ残ってるよ~」なんて言い合える仲ならまだしも、良かれと褒められたくてやった人からしたら、ショックなんですよね。あからさまに嫌そうに家事をやり直したりしているようなら、嫌われたとしてもしょうがないかも…。

スポンサーリンク

旦那に嫌われた嫁…嫌われ言動をする嫁の特徴

旦那に嫌われたくてやってる言動なんてないでしょうし、旦那だって妻を傷付ける言動するよ!と言いたくもなるかもしれません。しかし、せっかく夫婦になったのですから、心の中では実はいがみ合っているような関係にはなりたくないものですよね。どちらにも原因はあることでしょうが、ここで少し、嫌われやすい嫁の特徴をご紹介します。無意識にこんな思考や態度になっていないか、一度チェックしてみてください。

嫌われ言動をする嫁の特徴①旦那を基本なめている

稼ぎも少ない旦那だし…いつも頼りないんだよね…うちの旦那なんて…そんな言葉が口癖になっていたり、心のどこかでそういった考えがあったりしませんか?基本的に「どうせうちの旦那は…」という敬意に欠く思考がある場合、旦那を見下している(と言うと言葉が酷いですが…)、私がいないとなにもできないくせに…といったような、少し軽く見ている言動が出てしまうものです。

夫婦も長年連れ添っていると、愛だの好きだのの感情が麻痺して❝家族❞という存在に変化してくる一面もありますよね。もはや旦那が我が子のように感じるという方もいるでしょう。時にはイラっとしてきつい言葉を発してしまうこともあるかもしれませんが、基本的にはお互い対等という気持ちがないと、ケンカやいがみ合いの原因にもなるのは否めません。旦那を対等に見れていない方は要注意です!

嫌われ言動をする嫁の特徴②離婚されない自信がある

どうせ離婚するなんてありえないだろうし…と高を括っている場合、旦那になにをしても許してもらえるという❝安堵❞から、キツイ言動をしてしまうこともあります。まぁ、離婚を前提に結婚する人はほとんどいないものです。しかし、結婚がゴールではありませんし、結婚したとはいえど、一人の男性と一人の女性。夫婦になってもそれぞれ別の人格なんですから、なにしてもOKというわけではありません。

結婚を境に、恋愛関係はおしまいと旦那の前で可愛くいる必要はない…と思ったり、気を使う必要もないと思ったり…。横柄になったり可愛げがない言動が多くなったり。でも、旦那は別に所有物ではありません。婚姻関係という個人の契約をかわしてはいても、絶対もありませんし、永遠の保証もありません。結婚したということに胡坐をかいてしまうと、関係を悪化させてしまう原因にもなってしまいます。

旦那に自分の言動で嫌われたかもと思ったら?

気づいた頃には、すでに旦那の心も離れてしまい、嫌われた状況に陥ってしまっていた…。そんなこともあるでしょうし、日常生活の旦那の素っ気ない態度で、「あれ?私嫌われた?」と、初めて気づくということもあるでしょう。だからと言って、手遅れと諦めてしまえば、今後、相当なきっかけでもない限り、悪化の一途です。自分の言動で旦那に嫌われたと思ったら、どういうことをするべきでしょうか?

スポンサーリンク