旦那に嫌われた嫁の言動特集!あなたはこんな言動していない?

スポンサーリンク

旦那って意外と嫁の言動に敏感?!

「うちの旦那はどうせなんも気にしてないから!」

「なんも考えてないから、うちの人」

そんなふうに、旦那をあたかも繊細さなんてない男だしという言動をしていないでしょうか?…いやいや、実は男性も案外、敏感に嫁からの言葉に反応しているものなんですよ。むしろ、どっしりしているように見える人の方が、案外気にしているなんてパターンだってありますから。長年一緒にいたとしても、知らないこともあるものです。

女性だろうが男性だろうが、人それぞれの感じ方や考え方があるものですが、女性には理解し難い「男性ならでは」の考えもあるもの。男のプライドなんてなさそうに見えてたという人にだって、ポリシーもプライドもあるんです。旦那に悪気なく言った・冗談で言ったような言葉でも、嫌われたり傷つけたりしてしまう発言があります。逆もしかりで、男性が悪気なく言った言葉に、女性ならではの傷つく発言だってあるんですから。

旦那に嫌われた嫁の言動【8選】

旦那に嫌われた嫁って、どんな言動をしているものなんでしょうか?嫌味?侮辱する発言?男性のプライドを傷つける女性?色んな原因があるものです。ここでは言動を発言と行動に分けて、それぞれ4つずつ、合計8選分、具体的な話を挙げてみます。意外にここでご紹介する言動って、女性が気楽にやってしまっていることがあるものですので、自分がやっちゃってないか、チェックしてみてくださいね。

旦那に嫌われた発言①「浮気ひとつもできない甲斐性なし」

冗談のつもりで、こういった言動をしていたとしても、これは結構、旦那を傷つけている可能性が高い発言です。女性としては、裏を返せば「浮気はしない人」というつもりで言ったのかもしれません。しかし、甲斐性なしって頼りない・情けないという意味です。ただただ浮気なども興味がなく、妻一筋で真面目にやってきた男性が、甲斐性なしだから浮気のひとつもできないなんて言われたらどうでしょう?

これは傷つきますよ。バカにされてる・下に見られていると感じるのは当然です。笑ってくれていたとしても、内心は、何様だ?!と怒りメラメラでしょう。こういった男性をけなしたり、低く評価したりするような言動は、嫌われたとしても仕方ないことです。少なくともケンカをうったのは、発言した妻サイドですから。冗談でもあまり可愛げのない言葉を発していては、旦那を不快にさせるだけですよ。

旦那に嫌われた発言②「いつも理屈っぽいよね」

男性は理論的に考えて話す思考を持っています。一方女性は感情で話すことが多いもの。たとえば、女性は悩み相談のつもりもなく、世間話のノリで話していたつもりでも、男性にとっては真面目な答えを求められていると勘違いしがちで、理論的な結論を気にしています。女性はただ話したいだけなのに、このように男性が考えているため、少し溝が生まれがちなんですね。そんな時に「結論は何?」なんて言いがちな男性…。

「こうこうこうで、こうなんでしょ?こうすれば?」なんてアドバイスを良かれと思ってしてくれるのですが、女性にとってはそれが窮屈で話の腰を折られた気分になり、「毎回理屈っぽいよね…」などと言ってしまいます。しかし、男性は悪気があって言ってるつもりでもなく、話を聞いて考えて答えを伝えようとしているだけなんですよね。助言したつもりな男性からしたら、傷ついてしまう言動なんですよ、これ。

タイトルとURLをコピーしました