国際結婚して海外移住する日本人女性が気をつけたいこと9選

国際結婚して移住した日本人女性は「考えすぎ!」と呆れられる

「世界中がお前の敵なのか!」他人にどう評価されるか気になって仕方が無い私は、相手の態度に敏感に反応して傷つくことがあります。馬鹿にされたのでは?、嫌われたのでは?と気にする私に対して、夫が言う決め台詞が、冒頭の言葉です。夫は、他者に気遣いや思いやりを示す人ですが、人の態度や評価は、あまり気にしないタイプです。

日本では、他人の視線を気にしすぎたり、他者の思惑についてあれやこれやと考えすぎる人は、多いのではないでしょうか。精神を病み、精神安定剤や睡眠薬を常用している人は、わたしの周りにもたくさんいます。精神が不安定になる要因のほとんどは人間関係によってもたらされると言われています。集団行動を重んじ、平均的であるのが良いとされる日本社会では、他人の視線や評価を、気にしたほうがいい場合もあります。

私と夫は、1995年に、上海で留学生同士として出会い、結婚し、子どもを生み育ててきました。国際結婚をした多くのカップルが、夫の母国から妻の母国、そこからまた第三国へと転居を繰り返します。仕事の問題、子供の教育など原因は様々です。私達も、結婚した当初はラオスに移住し、その後、中国や日本を行ったり来たりしました。中国で共働きをした期間が一番長かったのは、二人の共通の言語が中国語だからです。二人で働いて子どもを養育する収入を得るためには、中国が最適でした。2019年10月、娘が大学を卒業した年、中国を離れ、ラオスに移住しました。

3つの国を点々としたわけですが、結果的に、3つの国の生活習慣や文化・価値観を理解する機会に恵まれました。もし、夫と自分の国しか知らなければ、2つの国の違いを、相手の国がおかしいと感じていたかもしれません。3つの国で暮らした私達は、相手の国の慣習に違和感を覚えることもあるけれど、逆に自国の価値観の特殊性に気付かされることも多くありました。

これまで私は夫に「いろいろ考えすぎる」と言われてきました。ラオスに移住してからは、「ラオス人の女性は何も考えてない」という言葉が、そこに加わるようになりました。複雑に考えて悲観的になったり悩み苦しむ日本人女性と比べて、ラオス人の女性は純朴で、楽観的で、前向きだと言う意味です。確かに、楽観的で前向きに思考する夫といると、リラックスできて心地よく感じます。逆に、考えすぎて、後ろ向きな思考を頭の中にぐるぐると巡らすのは、自分や周囲の人間を、疲れさせます。ラオスに移住してからは、毎日瞑想をして、思考を止め、リラックスする時間をとることを心がけています。

タイトルとURLをコピーしました