辛い恋でメンヘラになりそうな40代女性へ。アラフォーの恋の忘れ方

スポンサーリンク

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン

これをすると嫌われるとわかっているのに、心が苦しくて我慢できない。また相手に息苦しいと思わせてしまっている。
アラフォー40代ともなると、自分の恋愛パターンを痛いほどわかっているもの。もうメンヘラにならないと誓ったのに、また同じことの繰り返しで辛い。失恋のXデーがくる前に、痛みに耐えられるよう”辛い恋から抜け出す方法”をすがる思いで探し求めてしまう。ちぎれそうなこころを早くなんとかしたくて、ここにたどり着いたあなた、決してひとりではありません。恋愛になるとメンヘラ女になるアラフォー40代女性が、恋の終わりを感じる5つのパターンがあります。

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン①鬼LINE

  • 相手がうっとうしいと思っているのがわかり、連絡を控えたいのに何度もLINEをしてしまう
  • LINEが遅いと不安になり5分ごとに送ってしまう

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン②別れを切り出す

  • 相手が冷たくなったのがわかり、捨てられる前にこちらからさよならを切り出してしまう
  • 別れを切り出してもやっぱり1人になるのが耐えられないので、すがってしまう

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン③相手が信じられない

  • 好き、愛してると言われても信じられないから、何度も何度もしつこく確認してしまう
  • 相手の好きより自分の好きが大きすぎる。同じくらい愛してほしいのにと、思いをぶつけてしまう

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン④捨てられたくない

  • 嫌われたくない、捨てられたくない、必死に相手に尽くしてしまう
  • 本当に私を捨てない?本当に大丈夫?と確認したくて、わざと嫌われる行動で相手を試してしまう

アラフォー40代が恋の終わりを感じるパターン⑤情緒不安定

  • どんどん嫌な自分になる。そのたびに泣いて謝る
  • ちょっとしたことでとてもうれしくなるけれど、すぐにちょっとしたことで深く落ち込む

このような状態に陥ったら、もうこの恋も終わりだと考えてしまうでしょう。1人でマイナスな思考を繰り広げ、その勢いは止まる気配がありません。これ以上迷惑はかけたくないのに、とめることができずに苦しみます。相手の気持ちを思いやる余裕はなくなり、自分の不安を消したい欲求でいっぱいです。そうです、あなたはただ安心が欲しいのですよね。

自分の不安の責任まで相手に求める

 

本来、自立した大人のアラフォー40代女性は、自分の不安は自分でなんとかするものです。または、相手への信頼があるから、LINEの返信がこなくても忙しいのだろうと思い、不安になることはそうありません。

恋愛でメンヘラになると、相手への要求が増え、おさえることができなくなります。それは、あなたが自分で勝手に作り出した不安を、相手になんとかしてほしいと依存するからなのです。

「あなたがLINEをマメにしてくれたらわたしの不安は消えるのに、ただLINEがほしいだけなのに!」と心の奥で思っています。その結果、相手の都合は顧みず、相手に行動を変えてほしいと思うのです。

しかし、不安になるのはあなたの都合。自分の都合まで相手に解決してほしいと求めると、相手は負担になるばかりです。しかし、相手の負担がわかっていても、とめられないのがメンヘラですよね。

タイトルとURLをコピーしました