自己肯定感が低い私…原因はなに?幸せに生きるために考えよう

スポンサーリンク

自己肯定感が低い…でも原因がわからない

あなたは自分の良くないところも肯定的に受け入れて、そんな自分自身を好きでいられているでしょうか?人間誰しも完璧ではありませんから、どんなに立派に見える人でも、欠点や悪いところなんてあるものです。

それも自分らしさと思えていればいいのですが、悪いところがある自分に自信を持てなかったり、自己嫌悪に陥ったりしてしまう方もいます。この心境になるのは、自己肯定感が低いことが原因です。

でも、そもそも、なんで自己肯定感が低い自分になってしまったのか?…その根本的な原因について考えたことがない方が多いのは事実。なぜなら、「自分の悪いところを受け入れられない。それが自分」という風に、これまで生きてきたわけですから。

「あの人は欠点も明るく受け入れてるけど、私にはできないんだもの」と…単なる個人の性格の違いだと、割り切って考えている方もいます。

そもそも自己肯定感ってなに?

自己肯定感って聞くと、難しい言葉に聞こえて、いまいち詳しい意味はわからないという方も多いのではないでしょうか?

まず、自己肯定感について正しい知識を持つために、こちらで解説しておきますね。そもそも自己肯定感とは、ひと言でいうと「ありのままの自分を好きでいられる」ことです。自分の長所を前向きに評価し認めて、ダメなところも含めて自分を好きでいられているでしょうか?

うまくいかない経験ばかり繰り返しても、「これはできたし!」という達成感を考えてこなかったり、自分を褒めることをしてこなかったりしていると、どうしても心ができないことや、マイナスな感情に引っ張られることが多くなってしまいます。

これができている・できていないというとこが、自己肯定感が低いか高いかの分かれ目になるのではないでしょうか。さて、あなたはありのままの自分を好きでいられていますか?

自己肯定感が低い原因を一人で考えても答えは出ない?

じゃあ、根本的な原因を考えてみよう!そう思い立って一人で自分の心に自問自答して、自己肯定感が低い原因を考えても、簡単には答えを見つけ出せるものではありません。

なぜなら原因は、生い立ちやこれまでの【当たり前な生活】に関係することが多いから…。自問自答するのではなく、自分を客観的・俯瞰的に見つめる必要があります。でも、自分の中の当たり前の感覚を考え、客観視するって難しんです。

当たり前に思っていることを、ひっくり返す考え方をするのは誰にとっても簡単なことではありません。たとえば、「あなたが黒だと思っているもの、実は白なんですよ?」って言われても、「はぁ?」ですよね?そのくらい、根本的に自分を見つめ直す必要があります。だからこそ、ここでご紹介する内容に沿って、見直すようにして欲しいのです。感情的になることなく、フラットな気持ちで自分に向き合うようにしてみましょう!

東洋経済オンライン|「息子を伸ばす母親」たちの接し方の”共通点” 家庭で「自己肯定感を育てる」コツ

なぜ自己肯定感が低いの?原因はなに?

自己肯定感が低い原因は、育ってきた環境や、これまでの経験が大きく関係しています。否定的な感情に心が引っ張られて、自分の良いところを評価できないでいたり、自分の良いところを認めたり、悪い部分だろうが、「自分らしくていいや♪」と笑って自分を受け入れられないでいると、つらいことや生きづらさを感じることも多いでしょう。そんな自分から脱却するためにも、まず原因の見極めが大切です。

タイトルとURLをコピーしました