春なのに憂鬱なあなたへ。自分を見つめ直し、穏やかな日々を過ごそう!

スポンサーリンク

何を不安に感じている?自分に聞いてみよう

寒い冬が過ぎ、暖かい日も増えてきた。春の訪れを感じることはうれしいのに、何だか心が沈む…。何に対して憂鬱になるのか。なぜ憂鬱なのか。その気持ちの原因を探してみましょう。あなたの心の中に、以下のような不安はありませんか。

  •  自分の職場環境や仕事内容の変化への不安
  • 引越し、転職などで環境が変化することへの不安
  • 子供の入園、入学や独立など家庭内の変化への不安 など

落ち着いて、自分の心と向き合ってみましょう。

心がざわつくのは、あなただけじゃない!

春は、変化の多い季節。いろいろな変化が多くの人に起こります。もう少し具体的にみていきましょう。「何だか落ち着かないなぁ」「春の明るさが、しんどいなぁ」そんな気持ちでいるのは、あなただけではありません。

 職場環境や仕事内容の変化

会社員に異動はつきもの。頭では分かっていても、実際に自分が異動となると、「異動なんて、イヤ!」「そろそろかな…と思ってた」なんて、いろんな気持ちが渦巻き、受け入れるのに時間がかかることもあるでしょう。春は転勤、異動、組織の再編など、職場環境に大きな変化が起こる時期です。また、年度末、契約が更新されるかどうか不安な契約、派遣社員もいるでしょう。組織の異動は、自分ではどうにもならないことが多く、コントロールできないこと。働き続けるならば、変化を受け入れなければいけない。新しい環境に自分が馴染めるか、新しい仕事の引き続きがうまくいくかなど、春特有のストレスを感じたとしても不思議ではありません。

他にも、昇進して部下ができるが、うれしい反面、うまく指導できるか、不安を感じたり、職場の親しい人が、退職、転職などで去ってしまうことも、憂鬱さを感じる原因になるでしょう。

 家庭環境の変化

春は、家庭内にも大きな変化が起きます。例えば、夫の転勤。転勤族ならば、「またか~」と思う妻も多いでしょう。せっかく見つけた仕事を辞めなくてはいけない、親しい人とも別れなくてはいけない。もうため息しか出ない、なんて気持ちにもなりますね。幼い子供がいれば、子育てをしながら、引越しの手続きや準備もしなくてはならず、憂鬱さも抱えてしまうでしょう。さらに、新しい環境でうまくやっていけるか、という不安も当然感じるはずです。春なのに、不安だらけ。そんな気持ちに陥ってしまうかもしれません。

また、子供が実家を離れる寂しさに向き合わないといけない方もいます。「家の中が寂しくて」「心に穴が空いたみたい…」大学卒業や就職を機に、子供が家を出てしまうことも、喜びである反面、寂しさが原因となり、いつまでも憂鬱な気持ちが続いてしまうことがあります。

 生活環境の変化

子供が保育園、幼稚園に通い始める、小学校に入学することも、喜びであると同時に不安も大きいものです。初めての子供ならば、子供が泣かずに登園できるか、友達ができるか、迎えの時間に仕事が終わるのかなど、心配はつきないでしょう。さらに、他のお母さんたちと上手に付き合えるか、ママ友ができるか、役員はどうしよう。上げていけば切りがありません。入園、入学など、春の慶事も喜びの反面、ストレスの原因となってしまう。春は、心のバランスを取るのが難しい季節、と言えます。

 天候の不安定さも影響

タイトルとURLをコピーしました