【ビジネスマナー】基本のポイントをおさえてマナー美人になる方法

ビジネマナーとは?

ビジネスマナーとは、仕事をする上で必要な礼儀作法のことを言います。職場には年齢や性別、価値観をも違う社員達が一緒に働いています。

そのため、円滑な業務を行うためには、同僚や上司への思いやりや敬意を示す礼儀作法は必要不可欠なのです。

新入社員教育ではビジネスマナーを重点的に行なっているという企業も多くあります。新入社員がこれから戦力として活躍するためにも、企業がビジネスマナーの必要性を高く捉えていることがわかります。

また、社員は会社の顔とも言えるため、ビジネスマナーが身についている社員が多いと企業のイメージアップにも繋がります。ビジネスマナーは社会人なら誰もが身につけておくべき、基本的コミュニケーションツールの一つです。

ビジネスマナーはどうして必要なの?

ビジネスマナーはどうして必要なのでしょうか。

「ビジネスマナーなんて知らなくても自分は実力でなんとかなる」と思う人もいるかもしれませんが、ビジネスマナーが身についているのとそうでないのとでは大きな違いがあります。

ここでは、そんなビジネスマナーの必要性について解説していきます。

信頼関係の構築

ビジネスマナーを身につけると、ビジネスの場面で同僚や上司との関係性が良好になり、信頼関係を構築することができます。

組織で仕事をすることの多い企業では、組織にいる社員との良好なコミュニケーションや仕事に対する信頼性がとても重要です。挨拶ができない人や言葉遣いが不適切な人とは誰もが一緒に働きたいとは思わないはずです。

また、上司が部下に大事な仕事を任せる際にも、基本的なビジネスマナーができない部下に仕事を任せるという上司は少ないのではないでしょうか。ビジネスマナーは一緒に働く同僚や上司との関係性を良好にして、仕事をより効率良く行うことに繋げるのです。

組織のイメージアップが業績に繋がる

どんなに企業のイメージが良くても、その社員のマナーが悪いと一気に企業のイメージが悪くなります。逆にビジネスマナーの基本が身についた社員が多いと、企業のイメージアップに繋がり、それが企業の業績にも関わってきます。

例えば、同じ物を売っているお店が2つあった時に、丁寧な対応をしてくれる店員の店と態度の悪い係員のいる店とではどちらを選びますか?丁寧に接客してくれる店員の店を選ぶという人がほとんどではないでしょうか。

企業にとって基本的なビジネスマナーが身についた社員がいるのといないのとでは、業績にも大きく変わるほど重要なのです。

おさえておきたいビジネスマナーの基本ポイント

ビジネスマナーの中には社会人として大切なマナーがたくさんありますが、中でもここはおさえておきたいビジネスマナーの基本ポイントを紹介します。

今までビジネスマナーを意識したことなかった人も、まずはこの基本となるポイントを実践してみるだけで、一気にマナー美人に近づきますよ!

ビジネスマナーの基本ポイント①挨拶

挨拶はビジネスマナーの中でも最も基本といえます。また、挨拶は特に難しい知識や行動をする必要性のあるマナーではないため誰にでもできる事で、いますぐにでも実践できる基本的ビジネスマナーです。

挨拶をする時には、どんな場面でも自分から挨拶する事を心がけましょう。一般的に午前10時頃までの挨拶は「おはようございます」、それ以降は「お疲れ様です」を使います。(24時間業務を行なっている職種などでは、その日初めて挨拶する人には時間に関係無く全て「おはようございます」と使う職場もあります)

また、挨拶をする時の表情や目線の方向もとても大切です。相手をきちんと見て挨拶しましょう。全く見ていないのに挨拶されても、自分に挨拶しているのかわかりませんよね。また無表情で挨拶するのもNGです。相手に気持ちの良い挨拶が届くように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました