【別れや喧嘩の原因に】彼との間に「誤解」が生じてしまった時の対処方法6選

何気なく言った言葉や些細な行動を彼が勘違いしてとらえてしまい、険悪なムードに…多くの方がこのような経験があるのではないでしょうか。彼氏といえど、元は他人。なかなか全てが思った通りには伝わりません。ですが、大事なのは誤解を与えてしまったあとの対処方法。この対処方法1つで今後の2人の関係性が決まると言っても過言ではありません。正しい対処をして、上手く関係を修復しましょう。

公開日:    最終更新日:

誤解は別れや喧嘩の原因になってしまう


https://www.pakutaso.com/

何気ない会話をしていた時に理由もわからす急に彼が不機嫌になったり気まずい空気になってしまった恋愛の経験は誰しもあるのではないでしょうか。そんな彼の態度にこちらも腹が立ち喧嘩になってしまうこともしばしば…。もしかしたらこちらの真意とは裏腹にあなたの言動によって彼の気分を害した可能性があります。そのまま気付かずに過ごしていると彼の中でどんどん気持ちが冷めていき最悪別れてしまうといったケースになりかねません。軽い気持ちで言ったつもりでも相手にとっては違う意味に捉えてしまうことだってありますし、彼にとってはとても傷つく言葉であったり気に障ることもあるので、どんなやり取りがあって機嫌を損ねたのか考える必要があります。思い過ごしで誤解を招きあらぬ方向に進みたくはないですよね。そんな恋愛での誤解を招いてしまった時の対処法やどんな行動が誤解を招くのか紹介していきます。

彼に誤解を与えてしまいがちな言動とは?


https://www.pakutaso.com/

デート中やLINE、電話をしている時に真意ではないのに誤解を招いてしまうことがあります。それは人それぞれ癪に障るポイントが異なりますが、主に浮気を疑うキッカケになったり、自分のことが好きじゃないんじゃないか?と思い始めたり、傷心してしまったりする事態が多いです。こちらの発言に違和感を感じてしまうと案外気にしているものですし、それは心の奥底でずっと覚えているものです。具体的にどんな言動が誤解を与えてしまっているのかというと、「言葉足らずな説明や抽象的な意味は相手に想いがきちんと伝わらないこと」や「慣れてきた頃に彼の対応を蔑ろにしてしまうこと」、「男性のいる会合に行く時にそのことを伏せている」、「予定を聞かれても具体的に言わず、その日にあまり連絡を取らないこと」、「スマホをいつでも手放さない時」、「彼氏の嫌な思い出を彷彿させてプライドを傷つけてしまうような発言」、「急な態度の変化」などが挙げられます。自分は大してやましい感情は一切なくても相手の方は感じてしまい、不機嫌さを露骨に態度に表してきます。また、「自分と付き合わなくてもいいじゃないか?」と自信をなくしてしまうパターンもあります。

なぜ誤解が生じてしまうのか

恋愛においてなぜ気持ちがすれ違って誤解してしまうのか、それはお互いの信頼関係の大きさに由来します。普段から充分にコミュニケーションを取っていてお互いを理解し合っているか、相手を気遣い思いやる意識をしているかということです。「これぐらいわかってくれるだろう」や「まぁ大丈夫だろう」という感情でいるとそれが当たり前になってしまい相手に不信感を与える原因になってしまいます。つまりこちらの思い上がりで勘違いで誤解を引き起こしてしまっているということです。

誤解を与えてしまったあとの対処方法6選


https://www.pakutaso.com/

恋愛で普段からいくら気を付けていても誤解を与えてしまうことはあります。なってしまったものは仕方がないので適切に対処してする必要があります。かといって焦った行動をしたり、とにかく自分の意見を伝えようと躍起になってしまっては元も子もありません。ずるずると時間が経っていくと不安な気持ちが募る一方ですが、冷静に対処を図るようにしましょう。

誤解させてしまったことを素直に謝る

事故とはいえ誤解させてしまったので、まずはそのことについて謝りましょう。その後に本当はそんな意味じゃなかったということを伝えます。取り急ぎ伝達したい場合は電話やLINEでもアリです。ただし、相手が怒っていてこちらとまともに取り合ってくれない時は無理にこちらから連絡するのは避けた方がいいでしょう。

話し合いをする

彼がなぜ誤解して機嫌を損ねているのかわからない場合はお互い冷静に話し合うことで解決の糸口に繋がります。なぜ誤解してしまったのか聞き、謝った上で今度は自分の真意を伝え以後気を付ける旨を言っておきます。この時に変に顔色を伺うような態度をしないように気を付けましょう。あくまで堂々と対等の立場で言わないと話し合いになりませんので。お互いの気持ちを伝え合い今後こうならないように気を付けるキッカケにします。

友人に仲介役をしてもらう

こちらからの接触にいつまでも応じない場合や弁明に対してまともに検討をしない場合は共通の友人に仲介を頼んでいいです。2人の関係により近しい位置におり、ただ一方的に伝えるのではなく相手の意見も尊重するような聞き手役になれる人物が適任になります。この場合は彼氏の譲歩も期待できるため彼氏の男友達が向いているでしょう。ただし、彼としても不快な思いを追体験するわけなので、さらに悪化させないよう注意が必要です。

態度を改めるようにする

簡単に言えば「もう誤解させるような行動はしないよ」と示すことです。ただし完璧にできるわけがないので、大事なのは態度を示すことです。誤解を与えてしまった行動が原因であればそれをしないように注意しつつ、一度誤解を招いたワードに繋がりそうな会話であったり、雰囲気になりそうになったら別の空気感に変える行動をとるといったものです。こういった態度は相手の方にもおのずと伝わるので次第に関係も良好になるでしょう。

手紙で気持ちを伝える

これは相手が長時間怒っている時にLINEやメールよりも効果的な方法です。手間が掛かっている分字面から感情が伝わりやすいです。さらに書いている姿を想像して自分への好意を再確認させてくれます。ただし相手がかなり感情的になっているとまともに読んでくれませんし、手紙の存在に気付かないリスクもあるので相手の性格を考慮することが必要です。

時間を置いてから話す

誤解を与えてしまい感情的になってしまった時はあえて距離を置いて相手の頭が冷えるのを待ちます。誤解させてからとりあえず釈明の言葉は伝えておき、相手の気持ちを整理させます。それ以上干渉してしまうと彼が冷静に考える余地がなくなってしまい事態を余計に悪化させてしまうこともあるので、頃合いを見計らってからまた弁明をしましょう。感情の話なのでいつ冷静になれるかわからないので「気持ちが落ち着いたら一度連絡をください。」などと言っておくのが得策です。

やってはいけない対処法とは

関連記事