起きるのが辛い…朝の憂鬱を上手にスルーする7つの方法

朝、憂鬱でたまらない!?意外と多いみんなの絶不調とは?

朝、アラームを止めてしばらく、布団の中で『あー…もう朝だ、起きなきゃ』と泣きたくなる気持ちになることってありませんか。早く起きて仕事に行く準備をしなくちゃと思う気持ちと、「嫌だ、行きたくない」という気持ちが大葛藤。気持ちも体も重くて憂鬱すぎる…という朝。何がどう不安かはわからないけど、漠然とした憂鬱な気分に襲われることって、覚えがある人も多いのではないでしょうか。

「毎朝、起きて仕事に出かける準備をしているときが泣きたいぐらい憂鬱。水曜日あたりが一番つらい。週末までまだ二日も仕事に行かなきゃいけないと思うと嫌だなぁ、行きたくない、辞めたいの無限ループになってしまいます。やっとの思いで玄関を出て、電車に乗ってしまうと諦めがつく毎日」(29歳・公務員)

「もともとストレスの多い仕事ではありますが、特に繁忙期はなかなか眠れず、仕事で失敗する夢をよく見ます。寝汗をかいたり、体が鉛のように重くてなかなか起き上がれない。目が覚めた瞬間からめちゃくちゃ憂鬱です。暗い気持ちで朝が台無しに」(32歳・事務系専門職)

「目覚ましが鳴る前に目が覚めてアラームを解除するけど、「もう起きなきゃいけない、時間がない」と思うと、憂鬱な気持ちにぐーっと引っ張られてしまう」(26歳・教育)

「毎朝同じ景色、同じルートで家と会社の往復で虚無感が募る。1日の中で朝が一番キツイしつらいし憂鬱だし、最悪の気分です。自分を騙しながら、やっと生きてる感じ。こんなこと誰にも言えないし、誰にも言わないけど…」(27歳・派遣)

朝、憂鬱になりやすいのはなぜ?

朝、憂鬱になりやすいのは、目覚めたばかりの時間が私たちにとって非常にセンシティブな時間だからです。

ベッドの中で目覚めた後、私たちの頭の中には、たいてい無意識かつ瞬間的に「さて、今日はどんな日になるんだろう?」と毎日の予測をしているものなんです。たとえば、楽しみにしているイベントの日は、目が覚めた瞬間から「やったー、今日は●●の日だ♪」とウキウキワクワクしながら飛び起きることができるはず。

あなたにとって楽しいこと、嬉しいこと、ポジティブな気持ちになる日は、目覚めてすぐ喜んでアクションに入れるのです。そのため、そもそも憂鬱になる隙がありません。

しかし、仕事や家庭でタスク山積みのストレスフルな日だとどうでしょう。起きた瞬間から「ああ、今日も1日しんどいな、失敗できないな、嫌だな」といったネガティブな予測でプレッシャーを感じるのではないでしょうか。

こういうとき、一度ネガティブな予測をすると、身支度をしている間も意識の中からネガティブ要素が次々と浮かんできて、憂鬱な気分がどんどん膨らんでしまいます。

多かれ少なかれ、朝の憂鬱を今まで一度も感じたことがない人は多分いないはず。憂鬱を振り切るようにがんばって前を向いている人もきっとたくさんいると思います。

しかし、できることなら、もう少しポジティブに爽やかな朝を迎えたいものですよね。いったいどうすれば朝の憂鬱を上手に回避することができるのでしょう。

朝、憂鬱になる原因は意外なところにあるかも

朝の憂鬱を上手に回避するには、まずは朝、漠然と不安や憂鬱を感じてしまう原因から探っていく必要がありそうです。

毎朝、憂鬱な気持ちで目覚めてしまうなら、その原因が意外なところにあるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました