スポンサーリンク

スポンサーリンク

推しのいる生活は人生の励みになる!

最近よく聞く「推し」という言葉。好きなアイドルグループやキャラクターなどを応援するファンの女の子がよく使う言葉です。

もともとは「推薦する」という意味の「推す」。今流行している「推し」はアイドルやアニメキャラ、俳優など、自分が最も好きで応援しているグループの中の「一推しメンバー」が語源。

それを略して「推しメン」「推し」へと変化したものだそうです。

推しがそこに存在するだけで幸せという彼女たちは、「推し活」と言われるアピールで推しを勧め、幅広く情報交換をして人生を楽しんでいます。

みんなにプッシュしたいほど気に入っている人や物のことを指す「推し」という言葉は、最近ではごく普通にテレビや雑誌、日常会話で取り入れられているのはご存知の通り。

SNSなどではさまざまな「推し」の変化形があふれています。

「推し」に対する定義もジャンルによって千差万別。現在進行形でいかようにもユニークな変化球が投げられるのが「推し」という流行語の醍醐味です。

推しのいる生活で必須の言葉の使いかたをチェック

「推し」という言葉は、単なる「好き」という意味よりも、もっと繊細で「愛する、見守る」といった深い感情を含んだ言葉なのかもしれません。

「推し」の存在をこよなく愛しているだけでなく、同じ「推し」を推すファンとつながり、情報交換したり応援するという楽しみをを共有する「喜び」。

推しのいる生活は、それだけで励みであり、推しを大好きな仲間とのコミュニケーションを広げる「喜びの共通言語」といっても過言ではないかもしれません。

SNSなどでは「推し」という表現はさまざまです。

たとえば、最大級に応援していることを表す「神推し」「激推し」、グループの中で特定メンバーのことを「単推し」、2番目に応援しているメンバーを「二推し」と言ったりもしています。

「推しが尊い」「推しが尊すぎてしんどい」と言う言葉もよく聞きませんか?。

「尊い」「しんどい」「エモい(エモーショナルのエモ)」とは最も推奨する推しへの最高の褒め言葉です。推しを通じて、その言葉をみんなで共感して育てている感じですよね。

そういう意味で「推し」に対する関連語は無限大です。

今やメディアでも普通に取り入れられる言葉になりつつあり、大人の女性も、友達同士で使って楽しむのは大いにアリでしょう。

ただし、これらの言葉は推しを通じた親しい仲間やSNS中心の「隠語」だと考えておくべきでしょう。

当然のことながら、目上の人やビジネスにおいて、また、改まった席でこれらの言葉を使うのはNGですよ。

スポンサーリンク