夫婦なのに他の恋人を作る?!オープン・リレーションシップとは

スポンサーリンク

欧米で増加中?!オープン・リレーションシップな夫婦

オープン・リレーションシップという言葉をご存知でしょうか?

アメリカを中心に、ここ数年増えてきている、新しい【夫婦・交際のあり方】なのですが、おそらくその詳細は日本人からしたら、理解不能な関係でしょう。というのも、夫婦でありながらお互いに恋人を作ることを了承している関係なんですから。

「はぁ??」と思いましたよね。一度聞くだけでは、ちょっとなに言ってるのかわからない…となってしまう方が多いことでしょう。

「夫婦なのに?交際しているのに??

別の彼氏や彼女をそれぞれが持つことを許す関係性ってどういうこと?」ってなりますよね。

ただ、離婚率の高い欧米ではオープン・リレーションシップ、宗教的な理由から離婚に対する罰則のある国などでは、【結婚】にとらわれないパートナーシップ制度などの新しい恋愛の関係性が増加しているのは事実です。

特に昨今では同性婚を認める国も増えているのですから、日本の結婚・カップルに対する制度は、事実婚ですらまだまだ受け入れられていない現状ですし、むしろ遅れている一面があるのかもしれませんね。

東洋経済ONLINE|ヨーロッパは「結婚制度に縛られない社会」だ

夫婦なのにオープン・リレーションシップ?不倫じゃないの?

先に明言しておきますが、オープン・リレーションシップは、不倫・浮気ではありません。

でも、「夫婦・付き合っているのに、それぞれ恋人も持つだなんて!欧米人が好きそうな発想…」、そう思う方も多いことでしょう。

普通に日本人の感覚からすると、好き同士で夫婦になったのに?好き同士で付き合っているのに?不倫・浮気でしょ?と思うのも無理はありませんよね。

彼らのLOVEの意味を疑っちゃいたくなりますね…

根本的に❝縛られない生き方❞という発想があるということが、ポイントになってきそうですね!

念のため、誤解のないようにお伝えしますが、彼らにも一夫一妻制という概念があることには違いなく、一夫多妻制を目指しているのではありません。

では、なぜ彼らは結婚をしながら…あるいは好き同士で付き合っていながら、オープン・リレーションシップを肯定し、その関係性を維持できるのでしょう?

2人がオープン・リレーションシップに合意している

オープン・リレーションシップを採用している夫婦・カップルの場合、双方がその関係に【合意】していることが大前提です。

日本人の結婚の感覚と大きく違うのは、欧米では夫婦・恋人になる=常に行動を共にするのは当たり前という認識があること。もちろん、全員ではありませんが。

あなたの友達は私の友達、私の友達はあなたの友達、あるいは、私の晴れ舞台は、あなたの晴れ舞台という関係性なんです。

たとえば、欧米の俳優やモデル、シンガーなど、パーティー・セレモニーなんかに、パートナーと一緒に出席している写真などを見かけませんか?

それです、常に行動を共にするの意味!

そういった関係は壊さない、でも彼氏・彼女をそれぞれ持つこともお互いに合意で了承しているので、問題ないでしょ?といった感じでしょうか。

お互いを認め合った関係ということは崩さないで、お互いのバランスがとれているのであれば、確かに…。とがめられる筋合いはないですもんね。

オープン・リレーションシップだからこそ仲を保てる

一度は夫婦になるほど愛し合った人、認め合った関係、それだけ公表する関係になった人同士ということには変わりありません。

欧米では個人を尊重する風潮があるのですが、違いや人となりを認め合うほどになった仲の人なのですから、【離婚・破局】という結論ではなく、尊重し合って大事にし合えないだろうか?という考え方をする傾向もあるのです。

それがまさにこのオープン・リレーションシップの発想。それなら離婚しなよというのは日本人の意見でしょうが…。

夫婦(夫婦同等)になれたほど認め合えた人なんだから、いがみ合い嫌いになって離婚するのではなく、「お互いの心のバランスが保てるのであれば、そういう関係でもいい」と、関係悪化を避けられる手段にもなりえるのですね。

子どもがいる場合にも、合わないから離婚という選択ではないですし、夫婦のそれぞれが心のバランスを保っていられることで、家庭内(特に子どもの前)での言い争いなどは激減します。

タイトルとURLをコピーしました