劇団四季ミュージカル「夢から醒めた夢」見どころを徹底紹介!

「夢から醒めた夢」ってどんなミュージカル?

 

この投稿をInstagramで見る

 

acoꕤ*。゚(@hedw.ig3901)がシェアした投稿


「夢から醒めた夢」は、作家の赤川次郎氏が書いた同タイトルの子供向け絵本を原作にした劇団四季のオリジナルミュージカルです。

ピコとマコという二人の少女を主人公にしたファンタジーの物語ですが、決して「子供たちのためだけの作品」というわけではありません。

原作者の赤川次郎氏は、この作品を「子どものための物語を書いたつもりはなかった」と言っています。「夢から醒めた夢」の優しくて心温まる物語は、子供だけでなく大人の心にも深い感動を与えるのです。

夢のように幻想的なストーリー

この世とは別の世界に憧れる少女ピコは、”夢の配達人”と名乗る謎の男に誘われて夜の遊園地に行きます。そこで出会ったのは、美しくてどこが寂しげな少女のマコ。なんと彼女はこの世の者ではなく、ピコが「一度は会ってみたい」と憧れていた幽霊だったのです!

交通事故で命を落としたマコは、自分の死を受け入れられずに悲しんでいる母親のことを心配して、霊界へ行けずにさまよっていました。「母を慰めてあげたい」というマコの優しさに感動したピコは、マコと1日だけ入れ替わって代わりに霊界へ行く約束をします。

霊界空港にやってきたピコはさまざまな事情で命を落とした霊たちと出会い、交流していくのですが、やがてマコから預かった大事なパスポートに異変が起こってしまい・・・。

ファンタジーの魅力にあふれたストーリーは、小さなお子様でも楽しむことができます。

優しい歌詞とメロディーが紡ぐ印象的な音楽

「夢から醒めた夢」を観た後に印象に残るのが、優しさにあふれた歌詞とメロディーで彩られたミュージカルナンバーの数々です。

代表曲「愛をありがとう」は、小学校の音楽の授業でも歌われる親しみやすいナンバー。この曲は同じメロディーで、歌詞を変えて2回劇中で歌われています。

1度目は、ピコと霊界空港の霊たちが互いを思いやって歌う「みんなのために」。2度目は、ピコが霊たちへの感謝の思いを込めて歌う「愛をありがとう」。

どちらも人を思いやる優しさにあふれた歌詞が伸びやかなメロディーに合わせて歌われ、涙を誘うことも違いなしです。

30年以上にもわたる上演の歴史

1987年に初めて「夢から醒めた夢」が上演されてから、今年で34年もの歳月がたちます。当初は子供向けの「ファミリーミュージカル」という位置づけでしたが、リニューアルを重ねて全年代が楽しめる一般作品として広まりました。

2000年には演出や衣装に大幅な変更が入り、新演出版として生まれ変わっています。

キャラクター設定も、公演する年代によってさまざま。たとえば気弱な少年の霊であるメソは、当初は「受験に失敗して自殺した男の子」という設定でしたが、2007年の公演からは「いじめられて自殺した男の子」という設定になっています。

世の中の動きや世界情勢に合わせて変更を重ね、より観客が親しみやすいように工夫を凝らしているのです。

タイトルとURLをコピーしました