スポンサーリンク

転職したいと思ったら!転職に失敗して後悔しないために何が必要?
スポンサーリンク

転職したいけど、後悔や失敗はしたくない!

「転職したいな」と思ったことはありませんか?今の会社や人間関係に不満があったり、「このままこの仕事を続けていていいのかな・・」「将来に不安を感じる」などと、もやもやした気持ちのまま働いていませんか?

しかし、いざ転職したとしてもやはり自分に合わない仕事や人間関係だったら転職を後悔する事になりかねません。そのため、転職するなら後悔や失敗のない転職をしたいと誰もが思うのではないでしょうか。

そこで、すでに転職しようと決めている人や、具体的な行動はしていないけれどいずれ転職したいなと考えている人も、今一度自分自身を振り返りながら後悔や失敗をしないための転職に向けて準備を整えていきましょう。

スポンサーリンク

転職に失敗して後悔しない為に、本当に転職する必要があるか再確認

転職に向けて行動を起こす前に、本当に自分は転職する必要があるのかを明確にする必要があります。これは、転職する必要がないのに一時の感情で転職したとしても、後から失敗したなと後悔することになってしまう可能性が高いからです。

本当に転職をする必要があるのかを今一度しっかりと確認することが、後悔や失敗しない転職の第一歩とも言えますので、自分自身の現在の状況を振り返ってみましょう!

なぜ転職しようと思ったのか?

まず初めに転職をしようと思ったのは何がきっかけだったのでしょうか?

転職支援サイトのアンケートによると、転職を考えたきっかけで多かったのが「給与が安い」「やりがいや達成感が感じない」「企業の将来性に疑問を感じた」などで、これら様々なきっかけによって転職を意識しています。

また、「自分自身の成長が止まった」など、自分の将来に対する不安を感じる時に転職を考えたという人もいるようです。

自分はどんなことをきっかけに転職を意識し始めたのか、しっかりと思い出してみましょう。

総合求人・転職支援サービス「エン転職」転職のきっかけ調査

スポンサーリンク

転職に失敗して後悔しない為に、転職の理由を明確に整理しよう

転職する理由を明確に整理することは、後に転職活動を行う際の面接やエントリーシートで転職の動機について尋ねられた際にきちんと答えることができます。

また、転職する理由を整理することによって、自分が本来求めていた仕事は何なのか、自分のスキルを活かせるやりがいのある仕事は何なのかを考えるのにもとても重要で、転職先を探す際のヒントにもなります。

ただ転職したいから転職活動するのではなく、「こういう理由で転職したいと思ったから、次はこんなふうに働ける職場に転職したい」という明確なビジョンまで辿り着けると、より転職への道がスムーズに進むとともに、自分にとってプラスになる転職へと近づきます。

転職に失敗して後悔しない為に、転職のメリットとデメリットを理解しよう

今の職場が嫌だからと、転職すれば全て上手くいくと思っていませんか?転職が全て良い方向へと向かうとは限りません。転職にはメリットとデメリットがあります。どちらもきちんと向き合い理解することで、今転職するべきかを冷静に判断することに繋がりますので、しっかりと把握しておきましょう。

転職によるメリット

メリット①収入が増える可能性がある

今まで働いてきた仕事での経験やスキルが評価されれば、今までよりも年収がアップすることも期待できます。これは、今までの自分の価値が認められ、新たな職場で力を発揮して欲しいとの期待が込められています。自分の経験やスキルを活かせる場所で転職先を探すと収入が増える可能性があります。

メリット②キャリアアップに繋がる

転職によって挑戦してみたかった仕事や憧れの仕事につくことも可能です。また、新たなキャリアアップを形成することができるので、転職をきっかけにして自分が望んでいた人生プランへと近づきます。

メリット③新たな人脈の構築ができる

新たな職場で新たな人脈を築くことができるのも転職のメリットです。今までの仕事では関わることのなかった職種の人や同僚と新たな人間関係を築くことができます。人との関わりが好きな人は、新たな人脈に刺激を受けて自分自身の成長へと繋がることでしょう。

メリット④仕事にやりがいを持てる

憧れていた仕事や好きな業種へと転職した場合には、今までよりも仕事にやりがいを持つことができます。誰でも好きなことは多少大変であってもやりがいが生まれるものです。また、好きな仕事を行っているというモチベーションは、今までよりも仕事が好きになると共に毎日いきいきと過ごすことにも繋がります。

転職によるデメリット

デメリット①今までより収入が減ることもある

転職先の待遇によっては、今よりも収入が減ってしまうということも実際にあります。転職先の条件として収入アップを第一条件としている場合には異なりますが、労働時間や仕事内容を第一条件とした時に収入面で妥協をしなくてはならないという事も少なくありません。そのため、収入が減るリスクもあることを覚えておきましょう。

デメリット②新たな人間関係を作ることの負担

新たな人間関係を構築することは転職のメリットでもありますが、その反面で初めて会う人達との人間関係を1から築いていくため、時間と労力が必要になります。どんな職場でもすぐに馴染めるという人や、新たな人脈をどんどん作りたいという人は心配ありませんが、人との関わりが苦手な人や負担に感じる人は慣れるまでに時間が必要になるかもしれません。

デメリット③年下の上司のもとで働くこともある

経験や実績のある仕事へ転職する場合には、実力を評価されて転職先で良いポジションにつくことがあります。しかし、このような実績を全く持っていない業種へ転職する場合には、その会社で働く勤続年数の長い年下の社員が自分の上司となるケースがあります。

年下の上司の元で働く際には、多少のやりにくさがあるかもしれません。しかし、転職後の自分の頑張りによっていくらでもステップアップするチャンスがあると思えば、前向きに仕事に取り組むことができます。

デメリット④退職金が少なくなる

転職することで勤続年数が少なくなるため、今まで働いてきた会社からもらえる退職金が減ってしまうというデメリットがあります。退職金と同様に、企業年金も在籍期間が短くなるほど貰える金額が少なくなります。

厚生労働省の就労条件調査によると、同じ大卒の人でも勤続35年以上と勤続20〜24年の平均退職給付額は約1千万円弱もの差があるそうです。後悔や失敗しない転職にするためにも、毎月の給与だけではなく退職金を含めた生涯賃金についても考える必要があります。

厚生労働省「平成30年度就労条件調査」退職給付額

転職したいと思った時にまず行うべき行動とは?

漠然と「転職したい!」と思っても、今現在仕事をしている人や、初めて転職をする人は、まず何から始めたら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。特に初めて転職をする人は事前の準備をしっかり整えて挑まないと、後から失敗したと後悔することになり兼ねません。

そこで、転職したいと思った時にまず行いたい行動について紹介します!

行なうべき行動①今の自分の価値を調べる

転職活動では、「社会人としての市場価値」によって、企業は戦力になる人物なのかを判断します。社会人としての市場価値とは今まで自分が行って来た仕事の経験値のことです。経験値や実績が多ければ多いほど、即戦力とみなされ市場価値が高くなるので、転職先も見つけやすくなります。

自分の市場価値を理解することが、自分をより高く評価してくれる転職先を見つけることにも繋がります。そのため、自分の価値を理解せずに転職活動を行うと、自分に見合った転職先がなかなか見つからないということも。自分の価値を判断する時には、転職サイトの市場価値診断を利用すると自分の価値を簡単に理解することができるのでおすすめです。

行なうべき行動②自分のスキルや経験の洗い出し

今まで取得した資格やスキルなどを洗い出すことも大切な事前準備の一つです。今までの経歴や実績を振り返ってみましょう。転職活動では、企業に自分をアピールすることがとても大切です。アピールポイントは多ければ多いほど自分の価値を高めることにも繋がるので、自分の強みをしっかりと明確に洗い出しておきましょう。

行なうべき行動③転職先にはどんな条件を求めるのかを明確にする

転職先を選ぶ時に、ここは譲れないという条件をあらかじめ明確にしておきましょう。これは転職を考えたきっかけも含めて考える必要があります。例えば、今の職場が残業が過ぎるため定時で帰宅できる仕事に転職したいと思う人なら、残業のない転職先を第一条件として探すなど、転職先に求める条件が明確だとより転職先が絞りやすくなり探しやすくなります。

行なうべき行動④転職に成功した友人や先輩に話を聞く

身近に転職に成功した人がいたら、ぜひどんな転職活動を行なったのか、また転職してどうだったかなどいろんな話を聞いてみましょう。転職活動についての悩みは、今の職場の同僚や上司にはなかなか相談できないため、一人で悩みがちです。一人で悩むよりも、実際に転職を経験した人に相談することで、良いアドバイスを得ることができ後悔や失敗を防げます。良いことだけでなく悪いことも率直に意見を聞けることがとても大切ですので、身近に話を聞ける人がいる人は、ぜひ遠慮せず聞いて情報を集めましょう。

よくある!後悔しがちな転職の典型的な失敗例

いざ転職しても、実際に働いてみたら「自分の理想の職場や仕事ではなかった」など、転職を後悔する結果となってしまった人も少なくありません。では、後悔や失敗する転職の原因はどんなところにあったのでしょうか。ここでは、転職失敗の典型的な例を紹介します。

後悔しがちな転職の典型的な失敗例①転職の目的が曖昧

転職の目的が曖昧なまま転職活動を行うと、後悔や失敗に繋がりやすくなります。例えば、「得意の語学力を活かして、海外進出している企業に転職したい」と思った時に、「語学力を活かしたい」だけでは、具体的にどのように企業で活躍できるのか明確ではないため、企業側も採用を踏みとどまってしまいます。転職の目的は曖昧なままではなく、その企業でどんな風に活躍をしたいのかを明確に考えておきましょう。

後悔しがちな転職の典型的な失敗例②収入だけで転職先を選ぶ

収入が低い企業よりも高い企業に転職できたら誰もが嬉しいと思いますが、収入にはそれに見合うだけの仕事内容や役割が含まれていることを理解しておきましょう。今よりも収入が高くなるからと転職しても、その仕事が自分に合っているかや職場環境は良いかなどを二の次にしていると、後で後悔や失敗する可能性が高いのです。

実際に転職を後悔するのはどんなとき?

どういった時に転職を後悔したり、失敗したと感じるのでしょうか?ここでは、転職に後悔したり失敗したと感じるパターンについて紹介します。

転職を後悔するとき①思っていた仕事内容と違っていた

いざ働いてみたら、思っていた仕事内容と違っていたと後悔する人も少なくありません。今の職場から離れて早く転職したいと思っている人や、やりたい仕事に対して高い理想を抱いている人に多いパターンで、転職先がとても良く見えてしまうため冷静に労働環境や仕事内容をよく見ないまま転職して後から後悔することがあります。

一見全ての条件が自分に合っていると思っても、実際にその企業に働いている人に話を聞いたり、可能なら実際に職場を見学させてもらうことも大切です。

転職を後悔するとき②職場の雰囲気が良くない

その職場の人間関係や雰囲気は、実際に働いてみないとわかりにくいため、採用段階で職場の雰囲気を把握するのは難しいことです。しかし、後から後悔しないためにも、面接等で職場の雰囲気を質問したり、担当者の様子から判断するなど、できる範囲で情報を集めましょう。知り合いにその企業で働いている人がいる場合は、話を聞いてみるのが一番です。

後悔や失敗のない転職にする方法

後悔や失敗しないためには、どんな方法があるのでしょうか?そこで、後悔や失敗のない転職にするためにぜひ意識してほしい転職方法について詳しくご紹介します。転職が初めての方は特に必見です!

後悔や失敗のない転職にする方法①焦って転職先を決めない

転職は自分の人生を左右すると言っても過言ではないほど重要なことですので、慎重に決めましょう。今の職場から離れたいという思いが強いために、焦って次の転職先を決めるのはおすすめしません。転職活動では、その企業についての情報収集が成功の鍵となりますので、情報が少ないまま焦って転職してしまうと失敗に繋がります。

後悔や失敗のない転職にする方法②自分に見合った企業を転職先に選ぶ

自分の価値を正しく理解することの重要性は前述にて説明しましたが、自分の価値を高く見積もりすぎても、逆に低く見積もりすぎても成功には繋がりません。無理をして自分に見合っていない会社で働こうとしても、後から荷が重すぎて疲れてしまう可能性が高いため、自分に見合った、自分の価値をきちんと評価してもらえる会社を選ぶことが大切です。

後悔や失敗のない転職にする方法③転職を決意してもすぐには会社に伝えない

転職しようと決意したからといって、すぐに会社へ退職の意思を伝える必要はありません。むしろ、本当に転職する必要があるのかや、どのような企業に転職したいのかなどを働きながらしっかりと考える時間が必要です。それらがきちんと整った後に会社へ伝えるのでも遅くありません。また、早々に退職を進めてしまうと、転職先が見つからない時に困ることになりますので気をつけましょう。

後悔や失敗のない転職にする方法④転職スケジュールは計画的に立てる

働きながら転職活動をするのはとても大変です。特に、企業の説明会や面接など、仕事をしながらスケジュールを計画的に立てて上手に進めるのは転職活動の中で最も難しいとされています。面接は土日や平日の遅い時間に依頼したりして、スケジュールを無理なく上手に管理しながら進めましょう。

後悔や失敗のない転職にする方法⑤パートナーや家族には事前に相談しておく

家族やパートナーがいる場合には、転職する旨を事前に話して理解を得ておきましょう。転職活動中は一時的に職を失ったり費用もかかることがあるため、家族やパートナーの協力は必須です。どのようなプランでいつ転職したいのか、どんな転職先を探しているのかなど、きちんと話合っておきましょう。

後悔や失敗のない転職にする方法⑥転職に有利な資格を取得する

働きながら転職準備を進めるなら、転職に有利となる資格の取得を目指すのもおすすめです。今よりもっと良い条件で転職するためにも、自分のスキルを上げることはとても良い方法と言えます。また、転職先候補の範囲を広げるためにも、資格の取得は大きな効果がありますので、転職を急いでいない場合には転職が有利になる資格を取得してみてはいかがでしょうか。

後悔や失敗のない転職にする方法⑦転職エージェントを上手く利用する

スポンサーリンク