【モラハラ夫への対策】心理的に負けないために試したいこととは?

スポンサーリンク

夫のモラハラに気づいた…人生を諦めるしかない?対策はない?

モラハラ…それは心の暴力です。家庭内暴力とは違って、手をあげられるわけではありません。言葉(否定的な暴言・罵り)や態度(無視・威圧・舌打ちなど)…そういった精神的な意味でのハラスメントであり、目に見える証拠もなく、モラハラをモラハラと認識できていない女性も多いものなんです。

気づいた頃には、精神的にズタボロで…もう、人生諦めました…と、心の元気も健康も蝕まれてしまう始末。

まさか自分がモラハラに遭っているなんて、思いなかったって方、とても多いんです。モラハラって言葉は知ってても、この状況のことだったんだと気づけた時には、絶望感しかなく…無気力で…

徐々に結婚生活において、心を支配され、夫の毒牙に洗脳された妻は、苦しいまま夫の奴隷のような扱いを受けます。自分の人格や人となりを否定され続けるんですもの…人生、諦めたくもなりますよね。

モラハラ夫が妻の気力を奪うのはなぜ?

モラハラ夫にとって、妻は夫の【心の踏み台】のようなものです。夫の自尊心や承認欲求を満たすための、【はけ口】とでも言いましょうか…

妻を否定したり、八つ当たりしたり、思うままに従わせたりすることで、自分のプライドを保てているわけです。すごい嫌な表現なのですが、「俺以下の人間め!俺はどれだけ素晴らしいかわかるか?」と妻に認めさせる・ねじ伏せ、殿様気分に浸っている感じ。ねじ曲がってますけどね…。

この説明でもわかる通り、妻の意思を根こそぎ奪い取って、「俺をリスペクトしろ!」と仕向けられているんです。

だから、妻自身の心も感情も受け入れず、踏みにじられ…自分という存在も考えも奪い取られることになります。

ありのままの自分を出せない日々が、精神的抑圧により続き、自分を否定される状況が当たり前になると、人間って生きる気力も意味もわからなくなってしまうんですよね。

モラハラ夫への対策も麻痺してくる…

毎日の心のハラスメントによって、妻の健康な心はズタズタになってしまいます。すると、当然の幸せに関しても感覚が麻痺してきてしまい、自由も権利も奪われていってしまっていることにすら気づけないメンタルに…。

気力もやる気も夢も、結局夫に潰されてしまうため、対策どころか、大人しくいうことを聞いておこう…というところまで蹴落とされてしまうこともあるんです。モラハラって、人の心を破壊してしまうほどの影響がありますから…。

負けてばかりのモラハラ夫への対策に困る時

モラハラ夫に、真っ向勝負をしていても勝つことはできません。だから対策にもとっても困りますし、モラハラ被害に遭われている方はきっとみんな、『いつも負けてしまう…どうやれば勝てるのか…』と、悔しい思いをしているのではないでしょうか?

でも、モラハラ対策をしたくてもできないくらい、癪に障るんですもの…。

夫にやられっぱなしで対策が分からなくなってしまう【モラハラあるある】を少しご紹介しますね。

モラハラ夫への対策に困る時①異常な屁理屈

【ああ言えばこう言うの天才】でもあるモラハラ夫。夫婦でしっかり話して決めたいこと、困っていることがあって話しているのに、自分の思うようにするために、普通では発想できもしないような異常な屁理屈を平然と言ってきます。

え?私が悪いみたいに言ってるけど…それ超屁理屈だよね??』と言いたくなる言い分のオンパレードです。しかも、それが普通だけど?くらいの言い方をしてくるから、もうお手上げ!!

2人で話して、お互いが納得するようにしたいだけなのに、謎の夫の理不尽な理論で、いつもこちらの意思をねじ伏せられてしまっていては、最終的に『もう…いいや…』と諦めたくなっちゃうんですよね。

この人に勝とうとした私が間違ってましたと…。最初は悔しいと感じていたとしても、どうせこの人はこうだから…と話し合うことすら嫌になり、言われるがままにして黙っているしかなくなってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました