【子育て世代の移住生活】夢の田舎移住に失敗しないために考えたいこと

スポンサーリンク

子育て世代の田舎移住!夢ばかりじゃない…

在宅ワークが一般化しつつある中、多くの子育て世代が田舎移住に興味持ち始めているなんて話が、ニュース番組などで取り上げられていますよね。

自然豊かな環境で、のびのびとした子育て…のんびりとしたノーストレスな生活…自給自足も楽しみながらのスローライフ…想像してみるだけでも、悠々自適な幸せな日々!と、夢が膨らむことも多いでしょう。ですが、夢で生活ができません。現実をちゃんと見ていますか?

田舎への移住生活というと、ロハス・オーガニック・ストレスフリー・DIYなんていう今時の❝オシャレ感❞があるものの、現実は大変なものなんですよ!

病院不足・病院レベル、少子化、町内会の強制、美容院の少なさ、教育格差、買い物ができる場所の少なさ…不便な点を挙げればキリがありません。暮らせばなんとかなるでしょ?と思うかもしれませんが、いいえ、実際はそんなに甘くないんです。

という筆者である私自身も、田舎への移住生活をしている人間。慣れるまでの間、つらくて帰りたいと思うこともありました。田舎移住をするまでは、都心部でOLとして働き、仕事を介して自己実現できていた喜びもあったので、それがなくなった田舎移住で、苦しい時だってありましたし、移住を後悔をしたことも…。

理想のストレスフリーな生活…それも、適度な刺激がないとただつらいだけ…そんなこともあるんですよね。

サステナブル・ビジネス・マガジン|ブームに乗る「地方移住」が定着・拡大する条件とは

子育て世代が田舎移住をする前に考えたいこと

「若いからなんとでもなる!」という意見は、確かに一理あります。特に田舎移住においては!自然に触れさせながら子育てしたいという夢も、もちろん否定しません。ただ移住生活に失敗して、尻尾を巻いて即都会に帰る人も多くいます。その差はなんでしょうか?

大きな別れ道になるポイントは、田舎移住をする前にしっかり現実を考えているかどうかです。行ってなんとかなる!と、来てから痛い目に遭う前に、少し考えてみましょう。

子育て世代が田舎移住の前に考えたいこと①移住先の子育て制度・地域性

移住先の子育てに対する支援や制度は、地域によってまったく異なります。子育て世代に配慮した支援活動を行っている地域(市・町)もありますし、移住者に向けた支援制度・補助金がしっかりしているところもあれば、残念ながらまったく移住者自体を受け入れる気がない・よそ者扱いする地域もあるのが現状です。

これは町が支援体制をとっていたとしても、移住先の地域の人柄・地域性も起因しています。

実際に現状としてはまだ、村八分のようなよそ者を受け付けない風習がある地域もありますから、そういった場合子育てに向いているかといえばどうでしょう?

できれば、移住を決める前に、何度も足を運んで町の人の雰囲気を知り、できれば地元の方との交流、地元不動産の聞き込みなどもまめに行っておいた方が良いでしょう。行った後で、想像と違ったなんてことになってしまわないよう、入念に確認しておいた方がベター。

子育て世代が田舎移住の前に考えたいこと②移住先の生活環境

田舎への移住生活は家賃も安くて節約になるというのは、ハッキリ言って誤認識です。

衣食住でいうと、確かに、『住』の意味では家賃は安いです。しかし、スーパーなどの店舗数も多くはないため、価格競争が起きず、『食』は対して節約になりませんし、衣食住の『衣』も、基本的に今どきのオシャレなお店は言うまでもなく、都心部よりも圧倒的に少なく、ネットショッピングがメインになることでしょう。

『食』に関しては、周辺の農家さんなどの知り合いができれば、新鮮な採りたて野菜をもらえるなんてこともありますが…。ただ、衣食住のみならず、病院もそうです。高度医療をすぐに受けられる環境とは限りません。子育てとなると、急な発熱・予想できないケガなどもあるんですよね…。

そんな時に、すぐに対応できるよう、移住先の環境についても、十分に考えておく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました