お金をかけずに楽しみたい!節約しながら旅行を楽しむためのポイント

交通費や宿泊費、そして現地での飲食費や娯楽費など、旅行では何かと出費が多くなってしまうもの。しかし、どうせならあまりお金を掛けずに楽しみたいですよね!そこで今回は、旅行をする際の節約術をご紹介します。抑えられる部分は抑え、贅沢したいところにはお金を使って、メリハリのある旅行を楽しみましょう!

公開日:    最終更新日:

旅行はどうしてもお金が掛かってしまうもの…しかし節約もできる!

旅行をするとなるとどうしてもお金がかかってしまうもの…。どこに行くにしろ、交通費に食費、ショッピングに観光費等、出費がかさんでしまいます。しかし、お金をかけずに楽しく旅行をしたいですよね。

実はお金をかけずに満足した旅行ができるんです。節約ポイントはそれぞれありますが、うまくすれば出費を抑えることができるんです。節約しながらも楽しく旅行できるなんて一石二鳥ですよね。そんな節約術をご紹介します。

交通費を節約するためのポイント3つ

旅行をするにあたってどうしてもかかってしまう交通費。しかし、交通費にかけるより、観光やグルメ、ショッピングにお金をかけたいですよね。そんな交通費を節約する3つのポイントをお話しします。

バスを利用する


https://www.pakutaso.com/20170553131post-11426.html

交通費を節約する第一の方法は、バスを利用することです。新幹線に比べてとても安くなります。バスの場合、東京ー大阪間は平日だとおよそ3000円ほどです。新幹線を利用する場合、自由席を選んでも13000円を超えてしまいますので、かなりお得ですよね。

週末でもバスの場合、5000円前後で乗ることができるので割安です。また、バスの場合、夜行バスも選択できるので旅費だけでなく、時間を節約したい方にもオススメです。東京を夜発って朝には大阪に着くことができますので、朝から観光を楽しめることができますよ。

交通費を節約することによって、旅行先で美味しいグルメを堪能したり、観光名所をたくさん回ることができるでしょう。

青春18切符、えきねっとトクだ値を利用する


https://www.pakutaso.com/20180413101post-15897.html

旅行で電車を利用する場合は、ぜひ青春18切符やえきねっとトクだ値を利用しましょう。みなさんはこの二つの存在をご存知でしたか。これらを利用することで、電車の切符を通常料金より安く購入することができ、節約することができます。

まず青春18切符は、発売期間と利用期間が限られているとはいえ、春季、夏季、冬季の年に3回購入、利用することができます。利用期間は基本的に学生の長期休暇期間にかぶります。その青少年や学生のイメージをして「青春」とつけられていますが、18は末広がりの8を表しているそうです。

決して年齢制限を表しているわけではありませんので、どの年代の方も利用できる切符になります。この青春18切符は、日本中のJRが乗り放題になる切符で、1枚の切符を有効期間内に5回利用できるものです。価格は11850円になります。近場に旅行へ行くならこの切符が断然オススメです。

続いてえきねっとトクだ値はJR東日本限定になってしまいますが、えきねっと会員限定、列車や座席、区間限定、インターネットでの予約のみで販売されている切符になります。そのため、事前にえきねっとに会員登録する必要がありますが、早めの予約により通常料金より格段に安くなるサービスです。

割引率は5%〜で、さらにお先にトクだ値を利用する場合は通常料金より35%も割安になります。このチケットのメリットは混雑する繁忙期にも使えることです。旅行の日程が決まっている場合は、ぜひこのえきねっとトクだ値を利用してみましょう。交通費の節約になりますよ。

飛行機はトク割や早割を利用する


https://www.pakutaso.com/20170206048post-10394.html

飛行機は、ご存知の通り高い料金がかかります。特に飛行機は直前になればなるほど高くなります。そこで旅行で飛行機を利用するときの節約術は、やはり旅行直前にチケットを購入するのではなく早割やトク割を利用して早めに購入することになります。

旅行の日程があらかじめ決まっている場合は早めにチケットを買いましょう。また、海外へ行く場合、飛行機にはシートセールという航空券を安く買える時期があります。こちらは購入期間、出入国期間が決まっているものですが、日程があえばこちらがオススメです。通常料金よりとても安いので節約になりますよ。また、LCCと呼ばれる格安飛行機を利用することもオススメします。

通常の飛行機よりも座席が狭かったり、飛行機自体が小さいことから、安くチケットを購入することができます。旅費を節約するのにちょうどいいですね。

宿泊費を節約するためのポイント3つ

旅行をするとなると、どうしても宿泊費がかかってしまいます。旅行中寝ないわけにもいかないですし、野宿するのも大変です。そんな宿泊費を節約する方法はないのでしょうか。ここでは、宿泊費の節約術3点お話しします。参考にしてくださいね。

安価なホテル形態を選ぶ


https://www.pakutaso.com/20171223341post-14413.html

宿泊費を節約するには、どこに泊まるかを考える必要があります。もし、旅行の目的がリゾートへリラックスしに行ったり、ゆっくりした雰囲気で癒されたい場合はリゾート地のホテルの宿泊が必要になり、宿泊費を節約することができません。

しかし、旅行の目的が観光やアクティビティーなどの場合は、豪華なホテルにする必要なありません。どんな場所に泊まるかが重要になります。安い宿泊施設として知られているのは、ゲストハウス、ユースホステル、バックパッカーホテル、カプセルホテルになります。

最初の3つは、似たような形態のホテルで、1泊2000〜4000円ほどです。基本的に宿泊を目的とする施設になり、食事はつきません。しかし、他のゲストの方との交流ができるので、旅行の情報交換ができ、一緒に旅行を楽しむこともできるでしょう。

部屋は基本的に相部屋ですが、アップグレードすることで個室に泊まることもできます。宿泊費をとことん節約したい方はこちらをオススメします。また、カプセルホテルはご存知の通り、スペースが限られているカプセルの形をしたホテルです。男性のイメージや狭いイメージがありますが、最近では女性専用のものができたり、アメニティーも充実しているなど、女性一人でも利用しやすくなっています。

旅行をするにあたって宿泊場所にはこだわらない方には、ぜひこの節約術を使いましょう。

民泊を利用する


http://girlydrop.com/girls/4363

皆さんは民泊という言葉をご存知ですか。この民泊も、旅行で宿泊費を抑える節約術の一つになります。この民泊は、個人が自分の家の一部屋を貸しているもので、ホテルに比べて費用が安くすみます。民泊で有名なのが、Airbnb(エアビーアンドビー)というウェブサイトです。

Airbnbでは世界各地の民泊可能施設が検索でき、値段もピンからキリまでたくさんあります。また、長期滞在する場合には割引をしている人が多いので、長期滞在する場合とてもお得です。民泊の携帯として、家の一室を借りるパターン、家やアパート一部屋全て借りるパターン等あります。

旅行のスタイルに合わせて家のタイプをお好みでチョイスすることができるので、宿泊費を節約したい人にオススメです。

ホテルはシーズンオフを狙って泊まる

旅行中ホテルに宿泊したい場合は、繁忙期をさけ、シーズンオフを狙いましょう。繁忙期はシーズンオフに比べ2倍以上の値段になることがあります。旅行時期をずらせるのであれば、ぜひ閑散期に利用しましょう。

また、休日前や週末は値段が平日よりも高くなります。週末等は利用者が増えるためです。そこで、もし平日に都合がつけられる場合は、平日利用をしましょう。値段も安くなりますし、人がたくさんいすぎて落ち着かないということもありませんよ。

関連記事