生きづらい原因は何?性格のせいだと思い込んでいるあなたへ

大人が生きづらいと感じるのはどんなとき?

「世の中ってこんなに生きづらいものだっけ?」と感じたことはありませんか?別に生きていけないほどの大きな問題に直面したわけでもないのに、原因はわからないけれど生きづらいと感じることってありますよね。

最近は特に、以下のようなことで多くの女性が生きづらさを感じているようです。

大人が生きづらいと感じるのは、周りと比べて焦るとき

人と比べてしまうのは、どんな境遇の人でもついやってしまいがち。たとえば職場で同期が先に仕事の成果を上げたときや、友人がどんどん結婚していくときなど、「私の順番はいつになったら回ってくるのかな?」と思ってしまいませんか?

自分に近い立場の人が自分より成功する姿を見て、追い立てられる気持ちになると生きづらいですよね。他人のSNSを見て自分との違いに落ち込んでしまうのも、人と比べていることが原因です。

大人が生きづらいと感じるのは、人に合わせて楽しくなれないとき

気が乗らない合コンに参加したり、レストランでつい友人と同じメニューを頼んでしまったり、人に合わせてばかりだと生きづらいと感じてしまいます。

女性は仲間と楽しいことを共有して、おそろいを作ることが大好き。しかしいつも誰かと同じを選ぶのは、自分の本音を隠す原因です。我慢が増え、人と行動するのが窮屈になるので楽しめないですよね。

大人が生きづらいと感じるのは、自分の弱い部分を他人に見られるのが怖いとき

一人では何もできず人に頼ってばかりだから生きづらいと感じる人もいれば、人に自分の弱い部分を見られるのが怖くて生きづらいと感じる人もいます。

この手の人は一見何でもこなせる器用なタイプに見えますが、その原因は「人に助けてもらうのが恥ずかしいから自分で何とかしなくちゃ」という追い込まれた気持ちなのです。次第に自分に対しても他人に対しても厳しい目を向けたり完璧を求めたりします。

大人が生きづらいと感じるのは、褒め言葉を素直に受け取れないとき

自分の性格や頑張り、外見などを褒められたとき、真っ先に「私なんてそんなたいしたものじゃないよ」といった謙遜の言葉で返していませんか?

謙遜したり相手をほめ返したりして、自分への褒め言葉のボールを投げ返してしまう人がときどきいます。なかには褒め言葉を素直に受け取れなくて、「あれは嫌味だったのかな・・・」と深読みしてしまう人もいるかもしれません。人からの褒め言葉を素直に受け取れないと、自分を卑下する気持ちが強くなって生きづらいと感じる原因になります。

生きづらいと感じる人の特徴

生きづらいと感じる人は、考え方に特徴があります。マイナス思考に陥りやすい、生きづらいと感じる人の特徴を見ていきましょう。

生きづらいと感じる人の特徴①いつも自分のせいにしてしまう

生きづらいと感じる人は、生きづらい原因そのものを自分のせいにしてしまいがち。現状で抱えている問題を、すべて自分がうまくできないことが原因だと考えています。

仕事で失敗したときは自身のせいということもあるかもしれませんが、結婚できないことや恋ができないことさえ「わたしが魅力的な女じゃないから悪いんだ」と自分を全否定。「どうせ私なんて」が、すべての考え方のベースになっているのですね。

生きづらいと感じる人の特徴②自分の感情を外に出さない

自分の感情を抑えて外に出さないようにしている人ほど、生きづらい毎日に悩みを抱えています。本音を言うことで周りの人たちに否定されたり場の空気が変になったり、状況がこじれることを恐れる傾向があるのです。

こういう人は、周りからの頼み事や相談を引き受けることが多いのですが、だんだんいい人を無理に演じているように思えてきて生きづらくなります。

生きづらいと感じる人の特徴③「〜しなきゃ」、「〜すべき」が多い

タイトルとURLをコピーしました