夫婦喧嘩ばかり…仲直りできない時に試したい事と考えるべき事

マンネリから夫婦喧嘩…仲直りできない夫婦が多い!?

夫婦喧嘩をしても、なあなあになっておしまい…。そんな仲になってはいないでしょうか?長年、夫婦をやっていると、付き合いたての新鮮な恋愛感情も少しずつ形を変えていってしまうことってありますよね。

もちろん、交際歴が長いカップルでも、こういうことってあるものです。いつまでもラブラブでいたいと思っていた人でも、2人のたゆまぬ歩み寄りなしには、マンネリを防ぐのはなかなか難しいもので…。

些細なことでの喧嘩も、塵も積もればお互いの関係性に影響しますし、ちょっとずつのズレであったとしても、それがかさんでいけば、気づいた頃には、仲直りすることができないほどの大きなズレになってしまいます。

心の溝は深くなる一方で、夫婦仲も悪化の一途…。惰性で夫婦としてやっていくことはできても、気持ちよく過ごせるはずがありません。事あるごとに、「またか…」という感情がこみ上げてくることでしょう。

実は、その都度しっかり仲直りをできないまま、「結婚した以上我慢も必要だし…話し合うのもめんどうだから、もういいや」と、開き直りを繰り返してしまい、自らマンネリを招いてしまっている夫婦は多いものです。

ちょっとしたこと、少しの我慢…そういった経験が増えることで、仲直りはおろか、冷めていく原因にもなってしまいます。このまま…仲直りできないまま、お互いがハッピーな気持ちでいられない関係で良いのでしょうか?

仲直りできない…危険な夫婦喧嘩ってどんなもの?

喧嘩するほど仲がいいなんて言えるのは、お互いが素直に向き合えているからです。それに、怒るのって体力使いますし、一緒に暮らす相手ともなると、細かいことなんてどうでもよくなってくることもあることでしょう。

しかし、仲直りできないほどとなれば、夫婦仲も危険な証拠。もしかしたら、すでに冷めている関係なのかもしれません…。これからのあなたの人生をも狂わせてしまう、よくない喧嘩の内容を少しご紹介しますね。

仲直りできない危険な夫婦喧嘩①見て見ぬふりで放置

一番陥りがちなのが、夫婦喧嘩になるのも、仲直りするのもめんどうだからと、見て見ぬふりをして、溜め込んでいってしまう冷戦状態です。

冷戦とはいえど、家庭内では必要以上に接さないようになってしまっていたり、思うことがあっても言わなかったり…あるいは、喧嘩を繰り返した結果、まるで家庭内別居状態の毎日になってしまうと、仲直りどころではない関係になってしまいます。

お互いを否定するような暴言が多い喧嘩をしてしまった場合、「言い合ったところで、またどうせ不快になるだけだ…」と、話し合うのではなく無視や干渉しない、❝一線を置いた関係❞になる気持ちもわからなくはないのですが。

そのままいても、お互いに引き下がることができず、ずーっと平行線のまま…どんどん気持ちが離れていく一方になって、取り返しのつかないことになってしまいます。

仲直りできない危険な夫婦喧嘩②どちらかの意見のみで終わる

タイトルとURLをコピーしました