【女性の買い物事情】コロナ禍で大きく変わった変化とは?

コロナで変化した女性の買い物事情 その①オンラインショッピングの増加

新型コロナの蔓延により、私たちは外出することに自ら制限をかけなければならないという経験をしました。コロナ以前は、自由に買い物に行くことができなくなる日がくるなんて、想像もしなかった人がほとんどでしょう。

毎日の生活に関わる食料品や生活雑貨は、週末にまとめ買いする習慣だった人も、withコロナの時代になり、人混みを避け、人出の減る平日や夜間に買い物に行くように行動を変えたという人も多くいます。

また、生活に関わる必需品を、すべてインターネットを利用して済ませるようになったという人も多いのではないでしょうか。元々、コロナ前から、買い物に行く時間がとれない会社員や子育て世代にとって、便利なネットショッピングの存在は大きく、利用率は増加の傾向でした。それがコロナにより、一層進んだと言えます。

それでも化粧品や洋服などは、休日にデパートや商業施設の店舗に実際買いに行って、購入していたという人もいるでしょう。特に買いたいものがなくても、ショッピングに出かけることが、気晴らしやストレス発散になるという女性は今も昔も多いのに変わりありません。

しかし、それすらも、withコロナの時代になると難しくなりました。買い物を楽しみたいという人も、なるべく、人との接触を避けるため、実店舗には行かず、オンラインショッピングを利用して購入するようになりました。ほとんどのブランドの商品はオンラインで購入することが可能な時代です。

afterコロナになっても大きくは変化しない

この流れは、afterコロナになっても大きくは変化しないと言えるでしょう。店に出向いて商品を購入するといったスタイルだけが消費の中心という生活にはもう戻らない、ということです。各企業はそういった消費者の動向をすでにとらえており、ECに参入する企業や店舗は増えています。

とは言え、女性にとって、店舗に行ってショッピングを楽しめないのは、とても残念なことです。実際に手に取って自分の目で商品を見たり、洋服や靴を試着したりして、商品を購入したいと考える人は、やはり多いのも現状です。

そこで、企業や店舗は今後、「リアルな購買体験」と「デジタルの便利さ」を合わせたサービスを求められる時代となってきます。afterコロナが訪れれば、「さあ、おもいっきりショッピングを楽しもう!」と多くの女性が自分の買いたいものを求めて直接、実店舗へ買い物に出かけるでしょう。多くの人がこれまで自粛生活を強いられていた影響もあり、実際にお店で自由に買い物することに大きな喜びを感じるはずです。

しかし、スマートフォンやパソコンなどデジタルを利用した買い物スタイルは今後定着し、さらに進化していくのは間違いありません。これからはそれらのツールを使って、私たちは単純に商品を選ぶだけではなく、企業側の様々なサービスを受け、より快適な買い物スタイルを選ぶことができるようになるでしょう。

店舗に直接出向かなくても、店員に相談することができ、商品を購入する時の不安を解消できるコンテンツの開発もされており、自宅にいながら、実店舗と同じように商品情報を知ることができるサービスも始まっています。

スマートフォンの機能向上とともに、VR(仮想現実)やMR(複合現実)といったものを利用して、店舗にいるような感覚を体験しながら、買い物をすることができる、そんな時代がやってきているのです。

タイトルとURLをコピーしました