スポンサーリンク

スポンサーリンク

緊急事態宣言中の現在は出張自粛が多数派に

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴って、まだ日本各地で感染者が増えている状況が続いています。厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染症の国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は令和3年6月8日現在763,891例、死亡者は13,645名。

入院治療等を要する患者は39,070名となっています。国内、海外においても世界的に新型コロナウイルスの発生状況はまだ終わりが見えない状況が続いているという見解を明らかにしています。

厚生労働省|新型コロナウイルス感染症について > 国内の発生状況など

緊急事態宣言の発令によって、大手企業でも出張の延期措置、県外移動禁止措置などの対策がとられているようです。特に感染者が多い首都圏や関西発着の出張を見合わせる企業が多く、営業マンが遠方の得意先へ訪問するのは原則禁止となり、オンラインでの会議や営業を行うといった方法でしのいでいるという状況ではないでしょうか。顧客によっては、直接会って話をする方が効率が良い場合も多いものです。

「うちは小さな会社で、地方の職人さんとコラボして小さな家具をはじめとする物作りをしてきました。しかしコロナの一件で仕事の仕方ががらりと変わってしまい、zoomはやらないという職人さんも多いんです。オンラインでは職人さんに細かい部分が伝わらなかったり、意志の疎通がうまくいかなかったりして戸惑うこともありますよね。やはり前のように自由に出張して、実際に職人さんと会って、「ここの部分をこうしたらどうだろう」とかじっくり話をしながらアイデアを形にするというのが一番良かった。緊急事態宣言解除後には、再び出張ができるようになるのでしょうか。僕らの世代はまだコロナワクチンの順番が回ってこないし、今後出張のたびにPCR検査を自費でするのも経済的に打撃。このままでは先行きが不安です」(51歳・会社経営)

オンライン会議では、独特の距離感があり、相手に伝わらないことも多いという意見は多くの営業職の方が感じているのではないでしょうか。自由に出張に行けないのはコロナ禍においてやむおえないこととは言え、経済的損失は大きいと言えそうです。

スポンサーリンク