ラオスへ疑似旅行!究極に癒やされるおすすめスポット3選

ラオスへ疑似旅行!おすすめスポット①日本の援助で建設された絶景スポット「ナムグム湖」

外出も外食もままならぬ日々が続いています。県をまたぐ旅行も難しく、ましてや海外旅行などはもってのほか。旅好きな人、旅行でストレスを発散してきた人は、フラストレーションが溜まっているのではないでしょうか。

国境封鎖が続くラオスの首都ビエンチャン郊外に暮らす私が、不安や焦りを感じた時、自然と足が向く場所があります。何も無い首都と紹介されることが多いビエンチャンですが、何も無いからこそ癒やされるという場所に、皆様をご案内したいと思います。

最初にお連れしたいのは、ラオスでも一二を争う風光明媚な観光地「ナム・グム湖」です。首都ビエンチャンから100キロほど北上したところにある、ラオス最大の人造湖「ナム・グム湖」。湖上には100以上の島が浮かび、陽光に反射してキラキラと輝くさまは、日本三景に数えられる松島の絶景を彷彿とさせます。

実はナムグム湖の誕生には日本が大きく関わっています。1968年、電力不足が経済成長を妨げていたラオスの窮状を救うため、日本、カナダ、オーストラリアが費用を支援してナムグムダムを建設しました。ダム建設のために川をせきとめたことによって生まれたのがナムグム湖です。ナムグム湖に浮かぶ無数の島々は、ダム建設以前は山の頂きだった部分だそうです。

ナムグムダム 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナムグム第一水力発電所拡張事業 | ODA見える化サイト

ナムグム湖の島の中には「男島」、「女島」と呼ばれる男女別の刑務所が置かれていた島があります。1975年、人民解放軍の勝利でラオスの内戦が終結すると、共産党政府は、政治犯や麻薬中毒者、売春婦など「文化的に汚染された人々」を、この2つの小島に送りました。

中国やベトナムにも存在した、労働を通じて思想改造を図る労働改造所のような場所だったのでしょう。現在ではこの2つの島も観光地として開放され、売店などが設置され、遊覧船で訪れることができます。

遊覧船の島巡りは、ナムグム湖観光のハイライトです。湖畔に浮かぶいくつかの水上レストランが、遊覧船を保有していて、一時間5ドル前後で数十人が乗り込める小型の船舶が貸し切りになります。

出発前に水上レストランで、湖で釣れた魚を使った料理をいくつかオーダーし、船の上で食事を楽しむことができます。気持ちの良い風に吹かれ、美しい景色を眺めながら食べる料理は、普段の数倍美味しく感じます。船も、景色も、湖も独り占め。なんて贅沢なランチクルーズでしょう。

半日あれば、集落や小学校がある少し遠くの大きな島まで行くことができるようなのですが、予算と時間の関係もあり、今回は一時間で往復できる、一番近くの小さな島を探訪することにしましょう。島ではラオス人の男性がたった一人、羊や豚、鶏などを飼いながら暮らしています。人口希薄で土地が有り余っているラオスで、なぜわざわざ島の上で一人動物を飼育しているのか、不思議ですね。

観光客も滅多に来ないようで、男性は、みやげ品を売るでもなく、入場料を取るでもなく。よく言えば自然体、悪く言うと愛想のかけらも無い塩対応。不意の闖入者に訝しげな表情を浮かべています。小さな島で、休憩所もベンチも無いので、長居はできません。でも、何も無い島でのんびりと暮らす動物を見ていると、なんだかとても癒やされるのです。次に来る時は、男性と動物たちに、なにかお土産でも持ってこようかな。

タイトルとURLをコピーしました