毒親育ちの子供に起こる悲劇…生きづらい原因は毒親のせい?

毒親育ちの子供は生きづらい日々を過ごすって本当?

ここ数年、ドラマなどでも『毒親』をテーマにしたものが増えてきました。それだけ、毒親育ちで悩む人が増えているという証拠かもしれませんね。

でも、自分の親が毒親だなんて思いもしなかったという人は多く、なんだか生きづらいと思っていたら、掘り下げてみると、自分は毒親育ちだったとおいおい気づく方も増えています。

子供の頃は自分の親を疑うなんて術を知らないものですから。

大人になって、知識や経験が増えてやっと気づけることもあるもので、気づくまでの間はさぞかし生きづらい日々を過ごしていることでしょう。

毒親とひと言で言っても、色んなタイプがあり、過保護、過干渉、育児放棄、ネグレクト、ハラスメントなど、さまざまなものがあります。

いずれにしても、子供の意を無視した、過剰な精神的抑圧と言えますし、自分の感情を押し殺す癖が、日常的に刷り込まれているような状態です。

言うまでもなく、これでは個性も伸びず、親の顔色をうかがいながら過ごす習慣が身についてしまいます。自分の家族は周りと少し違うかも?とは思っても、自分の親ですからね。

親がすべてな大切な時期を、毒親と共にするのですから、生きづらいと感じる過ごし方になるのは無理もありません。

今、子供がいるなら自分を振り返る参考に、今生きづらいと感じているなら、原因を探る参考に、毒親育ちの実態を一緒に考えていきましょう。

内閣府男女共同参画局「DV(ドメスティック・バイオレンス)と児童虐待 ―DVは子どもの心も壊すもの―」

毒親育ちの子供が生きづらいと感じる理由とは?

子供といえど、さまざまな理由(家庭環境・持ち合わせた性格)で生きづらいと感じていることはあります。

子供だから『これが生きづらいってやつね』とまでは思っていなかったとしても、漠然となんだか窮屈、居心地が悪い…とは感じているんですね。

今回は、毒親育ちであることが原因で、生きづらいと感じてしまう理由をいくつか紹介します。自分に当てはまるかも…なんてことはないでしょうか?

自覚がないだけで実は毒親育ちだったてこともありますからね!

毒親育ちの子供が生きづらい理由①自分の意見がわからない

毒親といっても色んなパターンがありますが、過保護や過干渉なあまり、親が率先して子供の人生や方向性、やることを決めてきた場合、自分の意見がわからなくなってしまうことがあります。

人が敷いたレールを進まされて、自分の感情を押し殺す癖がついてしまっている可能性や、自分で決める決断力が育たないままきてしまっている可能性も…。

嫌なのかすらわからず、なにをするにも人のマネをしていないと心配になってしまうこともあります。

自分の人生にもかかわらず、『人に生かされている』ような『自分が主人公じゃない生き方』を選択してしまうのです。

あなたはどうしたい?ということを考える機会が少なく、自分の意見・気持ちを考えるような習慣を持たない(持たせてもらえない)ままなので、なんとなく生きづらい…

でも、どうしたいのかも、どうすべきなのかもわからない…といった心境になってしまいます。

毒親育ちの子供が生きづらい理由②本音を言うのが怖い

タイトルとURLをコピーしました