コロナ禍でおうち時間がある今だからこそ!おすすめの過ごし方

スポンサーリンク

おうち時間の過ごし方、何する? ①自分のマネー事情を把握し将来に備える

コロナ渦を経験して、将来のお金に関する不安を持った人も多いのではないでしょうか?

そんな不安を持っている人は「何する?」と時間を持て余して過ごし方に悩んだ時、ぜひ、今だからこそあるおうち時間で、自分のマネー事情について考えてみましょう。

コロナ前は、当たり前のように支給されていたボーナスがカットされたり、給与が減額されたりと収入に変化があった人もいるかもしれません。

あるいは今は減っていなくても、今後、現在の仕事で安定して収入を得ることが必ずしも保証されておらず、不安な気持ちを抱えている人もいるでしょう。

コロナ以前、仕事や趣味で忙しい毎日を送っていた時は、自分のお金が一体、全部でどの程度あるのか、また将来の備えとして自分はどれくらいの貯蓄をしておけばよいか、といった自分自身のお金にまつわることに考えを巡らせる機会をあまり持つことがなかったという人もいるでしょう。

「なんとなくお金の不安はあるけど・・・具体的に何をしたらわからない。」

「将来に備えてコツコツ貯金したいとは思ってはいるものの、何となく浪費してしまい、ためることができない。」

「現在、シングル、もしくは将来シングルになる可能性はあるけど、それでも安心して余裕のある過ごし方ができるように今のうちから資産づくりをしておきたい。」

など、お金にまつわる不安は何となく誰もが持っているものです。

そこで、おうち時間がとれるようになった今だからこそ、自分のマネー事情をきちんと把握して、貯蓄に関することやお金の増やし方について勉強してみるのもよいのではないでしょうか。

「iDeCo(イデコ)」」や「NISA」(ニーサ)とか最近、始めたっていう人もよく聞くけど、私はよくわからないから何もせずそのまま・・・というあなたも、そろそろ、自分の将来のために備えたほうがよいかもしれません。

公的年金の金額は減少しており、年金受給年齢も引き上げられています。

仕事を退職した後にやってくる長く続くであろう老後の生活について誰もが考えておく必要があるのです。

昔は60歳から年金支給が開始されましたが、現在は65歳。仕事を辞めるのが60歳であれば、5年間無収入で生活しなければなりません。

老後の過ごし方についても考えておく必要があります。

最近よく話題になっている「iDeCo(イデコ)」や「つみたてNISA」などを、将来に備えて始める人が増えています。

iDeCo(イデコ)は元気で働けるうちに少しずつ積み立てていくことで国民年金や厚生年金と合わせて将来の老後資産を形成する確定拠出年金のことです。個人型と企業型があります。

iDeCo(イデコ)のメリット

  1.  税金面で優遇が受けられる
  2.  運用で出た利益が非課税である
  3. 加入期間が10年たてば60歳から受給することができる

などが挙げられます。

そしてもう一つ、始める人が増えているのが「つみたてNISA」です。
「つみたてNISA」とは、少額から長期で積立し、分散投資を支援するための積立投資専用の少額投資非課税制度です。

つみたてNISAのメリット

  1.  20年間運用益、分配金が非課税である
  2. 毎月1000円からなど少額から始めることができる
  3. 初心者でも低コストで長期的に運用することができる

などがあります。

だたし、iDeCo(イデコ)、つみたてNISAともにデメリットと思われる点もあります。よく調べて自分にあった資産形成の方法を検討してみましょう。

そして、いざ申し込みをしようと決めても、何かと手続きにはそれなりに時間がかかります。

銀行や証券会社での手続きは、今はインターネットで済ませることができるものがほとんどですが、それでも必要書類を揃えたり、じっくり制度の規定を読んだりと時間をとってしまうものです。

おうち時間がなかなか取れない時にはそういったことに費やす時間をとりづらいものです。

コロナ前の日常生活では仕事や趣味に追われてそういった時間を作るのも面倒に感じでしまったかもしれませんが、おうち時間がある今は、「何する?」と考えてしまうほど、時間にゆとりを持つ過ごし方ができるようになった人も多いでしょう。

だからこそ、じっくり検討してみることができるのではないでしょうか。

また、マネー関連の本を購入したり、図書館で資産づくりに関する本を読んだりする過ごし方もよいでしょう。

最近は、インターネットで調べれば、あらゆる情報を知ることができますが、情報がありすぎるのも、どれを参考にしてよいのか迷ってしまうことがあります。

初心者向けに資産づくりについてわかりやすく解説してある本や雑誌を読むのもおすすめです。

自分のお金を今後、どのように守っていくのか、また、効率よく運用していくのか、あなたの人生にとって、とても大切なことです。

コロナの影響でおうち時間が増えて、「何する?」と考えてしまう今だからこそ、自分のお金についてじっくりと検討してみましょう。

おうち時間の過ごし方、何する? ②食生活を見直し、いつもより丁寧に料理する

タイトルとURLをコピーしました