スポンサーリンク

【美しい指先に♪】50代からのシックで上品なネイルデザイン8選
スポンサーリンク

アラフィフの人にこそネイルがおすすめ!

乾燥・しわ・くすみ…50代の手に悩みはつきもの

育児に仕事に家事に…と、懸命に頑張って生きてきた50代。

そんな50代の手や爪はとても素敵ですが、同時に乾燥・しみ・くすみなどに悩まされがちですね。なんだか手や爪に元気がないように見えてしまい、ついついケアをさぼってしまう方も多いかもしれません。

そんな時、「もう年だから」と諦める必要はありません。もちろんたっぷりと保湿してあげるハンドケアも重要ですが、実は50代の女性の手にこそ「ネイル」をしてあげるのが効果的なんです。

「アラフィフになってネイルなんで…」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。年齢を重ねて手や爪の老化が気になるアラフィフこそ、ネイルが必要なんです。

上品なネイルなら、手が若々しく綺麗に見える

ネイルといっても、若い人がやっているのと同じようなデザインを取り入れる必要はありません。ネイルはたくさんの色やデザイン、デコレーションの方法があり、どんな組み合わせにするかは人それぞれのセンスです。

50代の年齢に合う上品さを忘れないネイルなら年齢を重ねた手に似合うのはもちろん、指先をきれいに見せてくれる嬉しい効果もあるんです。

さらにネイルに温かみのある色や艶感をプラスしてあげれば、血色が悪くかさつきがちなアラフィフの手を若々しく見せてくれる効果もあります。アラフィフにとって、まさにネイルは手や爪を綺麗に見せてくれる救世主なのです。

ネイルは若い人だけのもの?そんなことはありません!

「ネイルってキラキラゴテゴテしていているもの」「50代の自分には似合わないと思う」というアラフィフの方もいるでしょう。しかし、それは昔のネイルのイメージを引きずっているだけかもしれません。今やネイルは老若男女誰もが自由に楽しめるものへと変化しているんです。

ネイルは若い人がするものだと、思い込んでいませんか?ネイルは何歳でも出来るものですし、シンプルなデザインや落ち着いた色味も沢山有りますので、まだしたことが無いという方は是非ネイルの世界に飛び込んでみて下さい。

手という部分は年を重ねると、潤いやハリが無くなり自信がないという方もいるでしょう。レジでお金を出す時、仕事でプリントや名刺を渡す時手を出します。そのときに指先も目に留まるでしょう。いくつになっても指先までキレイにしている方は、素敵です!

ちょっとマニキュアを塗るだけでも気分が変わりますね。マニキュアだと自分で塗るのはコツが必要で難しいという方もいますし、乾くまで時間が掛かるので中々塗らなくなってしまいます。せっかく塗っても、家事や仕事で指先を使っているとすぐに剥がれてしまうのが悩みどころです。

しかしネイルサロンに行けば、ネイリストさんにマニキュアも塗ってもらえますし、今はジェルネイルもオススメです。

カラーを塗ってから専用のライトに入れるとすぐに固まりますので、仕上がり後はすぐにゴシゴシ洗い物をしても何をしてもよれる心配が有りません。しかも2週間~3週間くらいもちますので長くネイルを楽しめます。

50代だからこそできるネイルデザインも♪

キラキラしたストーンを沢山付けたり、派手な色を塗るだけがネイルでは有りません。派手で可愛いだけのネイルは、若いからこそ出来るネイルです。

では逆に50代だからこそ出来るネイルとは、何でしょうか。色味としては、ベージュやピンクベージュがオススメです。ベージュ系統は肌になじみやすく、指が長く見える効果が有ります。デザインはフレンチネイル等のシンプルなデザインもオススメですし、ハーフフレンチなど同じベージュでも色々と楽しめるでしょう。

ネイルサロンに行って、「あまり派手にしてほしくない」ですとか「シンプルでさりげないものが良い」など好みやイメージを伝えると、ネイリストさんが提案してくれるのでご安心ください。サンプルのデザインや雑誌などを見せてくれますので、その中から決めるのも良いでしょう。上品なカラーやデザインは沢山有ります。

アラフィフのネイルはこんな所に注意!

「よし!ネイルにチャレンジしてみよう」と思えたら、アラフィフからのネイルデビューへ一歩前進です。さっそくネイルにチャレンジする前に、50代のネイルならではの注意するポイントを抑えておきましょう。

ネイルにはじめて挑戦するという方は「せっかくやるなら…」と、どうしてもビビットな原色や大粒のラメやビジューを選びがちです。若い人にはそれも良いですが、年齢を重ねたアラフィフの手にやるとどうしても「痛い」雰囲気が出てしまいます。

さらにひどいと手のしわやくすみをかえって強調してしまう心配もあります。そんな失敗がないよう、色やデコレーションはもちろん、50代ならではのポイントをしっかり理解して素敵なネイルを楽しみましょう。

アラフィフネイルの注意点その1:色は肌になじむものを

イエローやレッドなどの派手な色は、若い人がやるとファッションのポイントになって可愛いものです。しかしアラフィフの元気のない手先には、ビビットな色は強すぎて浮いた印象を与えてしまいがちです。

さらには色とのコントラストで、手や肌のアラが目立ってしまうという逆効果も…。50代がネイルにチャレンジする時は、肌になじむ優しい色を選ぶのがポイントです。

アラフィフにおすすめのカラーは、ずばりベージュやピンクです。もともと人の体にある色であるベージュやピンクなどは、肌になじむ定番色ですね。どちらの色も少し赤みの入った色を選ぶことで、手の血色を良く見せることが出来ますよ。

ただアラフィフでも肌の色や質感は人それぞれですから、もしどの色が似合うか迷ったらネイリストやショップの店員さんに相談してみるとよいでしょう。

アラフィフネイルの注意点その2:過度な装飾はしない

ネイル初心者がやりがちな失敗に、ラメやストーンなどを付けすぎてしまうことがあります。若い人なら「ちょっと派手だけど可愛いね!」で済みますが、アラフィフでゴテゴテしたネイルをしていると、ケバい印象を与えてしまう可能性もあります。

シックなファッションが似合うようになる50代だからこそ、ネイルもシンプルで上品なものにしましょう。装飾はどこか1本のネイルに絞ると、上品さの中に華やかさもあって素敵ですね。ラメを使うときもネイル全面ではなく、ラインなどでワンポイント的に使うのがおすすめです。

過度な装飾をしなくても、50代に似合う素敵なネイルはたくさんあります。ネイルデザインを選ぶ時には、自分の手に似合うのかよく考えましょう。

アラフィフネイルの注意点その3:艶感を出して若々しく

 

艶感をわざと消したマットなネイルや、ファーなどもこもこした素材をプラスしたネイルは、とてもおしゃれで若い人に人気のデザインです。

しかし、シワやくすみが目立つアラフィフの手には、そのざっくりと質感が肌と合いません。むしろガサガサとした荒い印象が、手や爪のアラを強調してしまうこともあります。50代がネイルをするなら、肌をきれいに見せるつやつやとしたみずみずしさを表現できるネイルがおすすめです。

つるんとした艶感を出したネイルは、不思議と指や手を若々しく見せてくれます。ふと目に入ったネイルが光を反射してきらきらしていると、気持ちまで若返りそうですね。セルフネイルをする場合も、トップコートを2回重ねるなどしてきれいな艶を保てるようにしましょう。

アラフィフネイルの注意点その4:長さは自然に見える程度に

「ネイル」というと、シュッした長い爪を想像する方も多いかもしれません。

しかし最近では自爪と同じような長さで、おしゃれに見えるネイルもたくさんあります。シックで上品なファッションが似合う50代には、不自然な長さのネイルはインパクトが強すぎて似合いません。ネイルにチャレンジする時は、遠目から見たら自分の爪かな?と思えるぐらい自然な長さのネイルにするよう心がけましょう。

自然な長さのネイルは上品な印象を与えるだけでなく、家事などの日常作業もしやすいのが特徴です。まだまだ忙しいアラフィフの女性でも、仕事や家事の邪魔をすることなく手先のおしゃれが楽しめますね。短めのネイルは長いネイルに比べて塗りなおしなどの手入れが簡単なのも、アラフィフにおすすめのポイントです。

アラフィフネイルの注意点その5:ハンドケア・ネイルケアも忘れずに

50代の手や爪はどうしても乾燥しがちです。ネイルで血色や艶感を与えることで若々しく見せることは可能ですが、毎日の手や爪のケアも重要です。せっかくおしゃれで上品なネイルをしていても、手や爪が荒れていたら意味がありません。手が乾燥してひび割れしていたり、ささくれだったりしていたら気分も下がってしまいますよね。

ハンドケアやネイルケアといっても、難しいことや面倒なことはありません。洗い物など水に触るときはハンドクリームをしっかり塗って保湿する、夜寝る前にキューティクルオイルを爪に馴染ませるなどの一手間で、アラフィフでもきれいな手や爪を保つことができます。何ヶ月に1回は、ネイルサロンでパックやネイルケアを受けるのもよいですね。年齢が出やすい手だからこそ、しっかりケアして50代ならではのシックなネイルを楽しみましょう。

50代からのシックで上品なネイルデザイン8選

アラフィフネイルの注意点が分かった所で、実際に50代の人におすすめなネイルデザインをいくつかご紹介しましょう。どれも上品さと華やかさが感じられるデザインで、50代でも抵抗なく取り入れられるものばかりです。

「どれが自分に似合うかな?」と想像しながら、普段のファッションや好みに合わせて選んでみてくださいね。

50代からのシックで上品なネイルデザイン①フレンチネイル

写真のゴールドの部分、爪の先をアーチ状に塗っているのをフレンチネイルと呼びます。フレンチネイルはとても上品で、昔から人気のあるデザインです。

オフィスネイルとしては勿論、ウェディングネイルとしてオーダーする方も多く、幅広い年齢層に求められています。何歳でも馴染みやすい上品なフレンチですが、年齢やカラーによって印象が変わるのもフレンチの面白いところでしょう。

塗り幅が狭いので、地味なのではと思う方もいらしゃるかもしれません。確かに受け取る印象によっては「地味」なのかもしれませんが、上品だからこそ華やかな印象で存在感はバッチリ有ります。

50代からのシックで上品なネイルデザイン②斜めフレンチ

この投稿をInstagramで見る

き ら り(@ki___rq)がシェアした投稿

フレンチの中には、変形フレンチと呼ばれるものが有ります。逆フレンチ、ハーフフレンチ、そして写真のような斜めに色を塗った斜めフレンチです。カラーだけではなく、斜めに塗ることも指先が長く見える効果が期待できますよ。

50代からのシックで上品なネイルデザイン③グラデーションネイル

グラデーションネイルとは、色を少量ずつ何層にも塗り重ねるネイルです。爪の先に行くほど、だんだん色が濃くなりキレイなグラデショーンの出来上がりです。オフィスには持って来いのネイルで、とても上品な印象を受けます。

グラデーションになっているため、更に指が長く見えます。シンプルでさりげないところが、またお洒落なネイルです。先端にゴールドのラインを入れていてとてもエレガントですが、ポイントで何本かの指に少量のストーンを乗せても可愛いでしょう。

50代からのシックで上品なネイルデザイン④ラメグラデーション

爪の先にいくほど濃く、今度はラメでグラデーションをつくるラメグラデーションの紹介です。

キラキラで派手かと思いきや、そんなに主張しないのがラメグラデーション。ホワイトのラメなら可愛らしく肌にも馴染みがよくオススメです

。ラメグラでショーンなら価格を安く設定している店舗も有り、初めてネイルに挑戦する方はラメグラデーションから始めるのも良いでしょう。ラメグラデーションは、爪の幅が広い方や狭い方、爪が縦長の方や短い方もどんな爪でも良い具合に仕上がります!

50代からのシックで上品なネイルデザイン⑤花柄ネイル

花柄ネイルはとても女性らしいネイルです。花柄の中にも種類が有り、小花柄か大きな花柄か、花の種類によっても印象がかなり変わります。

例えばヒマワリなら大きな花柄になることが多いですが、元気なイメージで若々しい印象を受けます。写真のような淡い色の大きな花柄は、どちらかといえば大人の女性に似合う上品な花柄です。全部の指に花柄を入れるよりは、何本かにポイントで入れるのが柄が際立ちお洒落でしょう。

50代からのシックで上品なネイルデザイン⑥タイダイ柄ネイル

お写真で説明すると、ベージュの上にホワイトの柄がのっているものがタイダイ柄といわれるネイルです。何だか大理石のようにも見えますね。全体的に落ち着いた色で、石のようにも見える柄が上品に感じるポイントではないでしょうか。

50代からのシックで上品なネイルデザイン⑦レース柄ネイル

この投稿をInstagramで見る

GELGRAPH(@gelgraph)がシェアした投稿

レースはファッションでもよく取り入れられるほど人気で、女性らしいアイテムです。ネイルではレースのシールも有りますので、誰でも簡単にレースネイルを楽しめます。また手書きのレースネイルは、手書きだからこそ出せる柔らかさや強弱が上品さを増します。

50代からのシックで上品なネイルデザイン⑧縦ラインネイル

この投稿をInstagramで見る

kachi_nail(@kachi_nail)がシェアした投稿

縦ラインネイルとは言葉の意味通りですが、真ん中や少し端に縦のラインを引いたネイルです。ラメやカラーで縦のラインを書いたり、ラインテープというものが有りますので、好きな長さに切って貼ったりします。

指長効果にはベージュやピンクベージュが良いと紹介しましたが、実はこの縦ラインも指が長く見える効果がありますよ!

スポンサーリンク