スポンサーリンク

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低いって損する?!

人それぞれ、得意不得意があったり、個性があったり、性格が違うからこそ面白い!それはもちろんわかります。しかし…そうは言っても、コミュニケーション能力が低い人と、コミュニケーション能力が高い人とでは、やはり低い人は損をする可能性は高いもので…。

「別にそれで良いもん」っていう方もいるでしょうが、コミュニケーション能力が低いことが原因で、あらぬ誤解を招くことって案外多いのも事実ではないでしょうか?

ちょっとした言い方・身振り手振りが原因で、万一相手を不快にさせてしまったとしても、コミュニケーション能力が高ければ、関係悪化も免れますし、さらに良好な人脈・人間関係も作れる。

反面、コミュニケーション能力が低いが故に挽回できない、あるいは相手との仲を諦めるなんてこともありえます。性に合うか合わないかは別として、無理のない範囲で、できれば人に不快感を与えないでいたい…そう思うのは自然なことですし、好んで人に嫌われようとはしませんもんね。

「美人は得する」なんて言いますよね。確かに一部ではそうかもしれませんが、美人でコミュニケーション能力が低いと、たちまち「美人だからって…」「美人のくせに」「美人なのに…」と言われ、ちやほやしてくれるどころか、敵だらけになることもあるでしょう?

逆に、コミュニケーション能力が高ければ、敵は圧倒的に減る上に味方ばかりでしょうし、老若男女問わず愛される人生を送れますよね?さぁ、コミュニケーション能力が高いか低い、どっちが楽しく生きられるでしょうか。

コミュニケーション能力が低いことに悩む人は多い?

スポンサーリンク