スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低いのは損?!愛される女性の秘訣とは?
スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低いって損する?!

人それぞれ、得意不得意があったり、個性があったり、性格が違うからこそ面白い!それはもちろんわかります。しかし…そうは言っても、コミュニケーション能力が低い人と、コミュニケーション能力が高い人とでは、やはり低い人は損をする可能性は高いもので…。

「別にそれで良いもん」っていう方もいるでしょうが、コミュニケーション能力が低いことが原因で、あらぬ誤解を招くことって案外多いのも事実ではないでしょうか?

ちょっとした言い方・身振り手振りが原因で、万一相手を不快にさせてしまったとしても、コミュニケーション能力が高ければ、関係悪化も免れますし、さらに良好な人脈・人間関係も作れる。

反面、コミュニケーション能力が低いが故に挽回できない、あるいは相手との仲を諦めるなんてこともありえます。性に合うか合わないかは別として、無理のない範囲で、できれば人に不快感を与えないでいたい…そう思うのは自然なことですし、好んで人に嫌われようとはしませんもんね。

「美人は得する」なんて言いますよね。確かに一部ではそうかもしれませんが、美人でコミュニケーション能力が低いと、たちまち「美人だからって…」「美人のくせに」「美人なのに…」と言われ、ちやほやしてくれるどころか、敵だらけになることもあるでしょう?

逆に、コミュニケーション能力が高ければ、敵は圧倒的に減る上に味方ばかりでしょうし、老若男女問わず愛される人生を送れますよね?さぁ、コミュニケーション能力が高いか低い、どっちが楽しく生きられるでしょうか。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低いことに悩む人は多い?

インターネットの普及で、対面でのコミュニケーション能力が育ちにくいことも要因のひとつですが、もとから緊張しやすい・人見知り・内気でシャイ…なんて人もいますし、色んな理由でコミュニケーション能力の低さに悩む人も多いもの。

年齢と共にクリアできる人もいれば、歳を重ねたからこそ悪化してしまうケースもありますし…。実際に、コミュニケーション能力が低い人が陥りがちなトラブルや、悩みどころをいくつかご紹介してみましょう。

コミュニケーション能力が低い悩み①仕事の場で…

職場には色んな人がいます。同僚や取引先がいて、協力・連携・信頼ありきで成り立つ中、やはりコミュニケーション能力がないと、営業成績が伸びない…同僚とうまくやれない…いつも大変な作業を断れないで抱え込んでしまう…など、さまざまな悩みを抱えることでしょう。クリエイティブなディベートもできませんし…。

1日の大半を過ごす場です。収入・生きるためためとはいえど、できるだけコミュニケーションや人間関係の苦痛は軽減したい…というのが本音ではないでしょうか?

厚生労働省|地域若者サポートステーション

コミュニケーション能力が低い悩み②恋愛で…

コミュニケーション能力の低さ故に、恋愛で苦労してしまうのもよくあること。それもこれも含めて、性格の相性と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、やはりコミュニケーション能力が低いことが原因で、思うような幸せが掴めない人も多いものです。恋人・恋愛関係にある以上、親密な距離感になるにも関わらず、良好なコミュニケーションが取れないなんて、我慢や苦労の多い恋愛ばかりになってしまいます。

コミュニケーション能力が低い悩み③友人の集まりで…

ママ友・友人の連れてきた友人・ご主人のつながりの人など、複数の人が集まるような場でも、やはりコミュニケーション能力が低いと、相手との距離感の取り方がわからず、悩むことも多くなってしまいます。

そもそもコミュニケーションが苦手だと、不特定多数の人の集まりや人づての友人関係が億劫に感じることもあるかもしれません。そうなると、集まりへの参加自体に気苦労が多くなって、しんどいんですよね…。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低いと非モテコース…?

先ほど軽く、コミュニケーション能力が低いと恋愛にも支障が出て悩むことが多いことに触れましたが、実際にどういったシーンで、苦労することになるのか…?いくつが具体的な例を挙げてみます。
恐ろしいことに、コミュニケーション能力が低いと非モテ街道まっしぐらになってしまう危険もあるんです。いかにコミュニケーション能力が人間関係や恋愛においてまでも、重要な意味を持つのか、考える機会にしてみてください♪

会話が続けられずうまく距離を縮められない…

コミュニケーション能力が低いと、どうしてもリアクションがワンパターンになってしまいがちだったり、自己表現が上手にできなかったりと、良い関係を築くための距離を取りづらくなってしまいます。恋愛って一緒にいる時の空気感だったり、会話の相性だったり、きっかけは人それぞれですし、性格・感性・波長が合うかなども重要なポイントになってきますが、そもそもコミュニケーション能力が低いと、話は別。

自分の意見を言い出せない・伝えられない、あるいは人見知りなどで、本音を伝えないレベルになると、相手からすると『意見を言わないからわかりにくい人』という印象ができてしまい、深い仲になるのに時間もかかる上に、そもそもそうなる前に相手の興味が薄れていくなんてことも大いにありえます。

一緒にいて楽しい・心地いいと思うのはやはり、ある程度のコミュニケーションありきですからね。

行き違いを解決する術がないので続かない…

コミュニケーション能力の低さゆえに、誤解や行き違いが起きても解決できないこともあります。たとえば、まったく悪気もなく、むしろ、思い遣りのつもりでかけた言葉だったのに、相手が不快そうになってしまったなんて経験はありませんか?そこで、その価値観の違いを基準にして、『心の狭い人』と、相手と一線引いてしまう方もいるでしょう。合わない相手だと判断する人もいて当然です。

しかし、無理に合わせて相手に歩み寄れとは言いませんが、思い遣りのつもりだった言葉が、相手を傷付ける言葉だったという可能性もありますよね?もちろん逆もしかりです。つまり、この状況は自分にも起こりうること。

それをわかっていたら、相手とのコミュニケーションのとり方も変わってくるのでしょうが、コミュニケーション能力が低い場合、この時点で慌ててしまったり、諦めてしまったりという判断しかできなくなってしまいます。

自己肯定感が低いとコミュニケーション能力も低い?

コミュニケーション能力が低い原因は、もともと人と接するのが苦手という場合もありますし、これまでの個々の経験によって違ってくるものです。

しかし、自己肯定感が低い人の場合、顕著にその差が出てくることも多々あります。自己肯定感の有無は、幸せを感じられるか否かを決める鍵と言っても、過言ではありませんからね。自己肯定感とコミュニケーション能力にはどういった関係があるのか、少し掘り下げて考えてみましょう。

核家族・個人情報などの影響で自己肯定感を養う機会が激減

在宅ワークが可能な時代。核家族化も進み、近所づきあいも希薄になりつつありますよね。ご近所さんを知らないなんて方もいますし、引っ越しのご挨拶も、個人情報の関係で控えてくださいと不動産屋からも言われる時代です。

昔は悪い事をしたら、近所のおじちゃんに怒られることもありましたが、今そんなことをしたら、こ近所トラブルになる始末。そんな世の中ですから、自分の家庭・友人・同僚などとの関わりしか知らないままに生活が成り立ってしまうことも多いわけで…。

でも逆に言えば、近所の方から褒められる場面も減ってきているというこもでもあるんです。悪いことをしたら怒られる・良いことをしたら褒められる経験もない上に、コミュニケーション自体が激減しているため、自己肯定感を養う機会も当然減ってきているとも言えますよね?

ダブルパンチでコミュニケーション能力・自己肯定感ともに育たない環境に慣れてしまっている方は、コミュニケーション下手になっていたとしても仕方がないのかもしれません。

内閣府|平成18年版 少子化社会白書「第5章 社会全体の意識改革」

自己肯定感が低いと言いたいことを言いにくい

自己肯定感が低い人は、特にネガティブなことを伝えるのが苦手です。『本当は嫌だけど…どう断ろう。でも言ったら嫌われるかも…どうしよう』という考えが先立って、どうしても我慢をしたり、無理をしたりする習慣がついてしまいます。

すると、コミュニケーション自体を避けるようになったり、『人間関係=我慢』という感情に支配されてしまいがちになるのです。そう思う以上、やはり良好なコミュニケーションを取ることは難しくなってしまいます。

コミュニケーション能力が低い悩みを克服するために

コミュニケーション能力が低くても、克服はできます!引っ込み思案でも人見知りでも、少しの『コツ』を理解しえ、それを活かすだけなんです。ちょっとした工夫で、人間関係をもう少し気楽に楽しめるなら、やってみる価値はあるのではないでしょうか?コミュニケーション能力を養うためのコツをいくつかご紹介しますので、無理のない範囲で、できそうなことからチャレンジしてみてくださいね♪

リアクションに困ったらオウム返しをしてみましょう!

リアクションに困ったらとにかく相手の言った内容をオウム返しで聞き返すようにしてみてください。もちろん、オウム返しばかり繰り返していると、『え、人の話聞いている?』と相手も思ってしまうので、多用は禁物なのですが、どう対処したらいいのかわからない場合には試してみてください。たとえば、あまり相手の話している内容に納得できずに、どう返事をしたら良いのかわからないなんてことありませんか?

そんな時、コミュニケーション能力が低い人の場合、焦って意味のわからない返答をしてしまうことがあります。しかし、そういう時に、相手が言った言葉をそのまま『〇〇なんですね?!』と、相手と同じテンションで聞き返すだけでOK!

相手も『そうなの~!それでね~!』とリズムを崩すことなくスムーズに会話が続いていきます。コミュニケーションのポイントは相手を気持ちよく話させること。このテクニックのひとつがオウム返し♪こういう返しをする人って、相手の懐に入るのが上手なんですよねー!

1日1回、些細なことでも自分を褒めましょう!

スポンサーリンク