所作が綺麗だと人生が変わる!所作がもたらす大切な意味とは?

所作が綺麗ってどういう意味?

所作の正しい意味をご存知でしょうか?日常生活で『所作』というと、動き、おこない、振舞い方や身のこなしというイメージが多いですよね。また、日本の伝統芸能(舞踊・茶道など)にも、決まった一連の所作がありますが、これはいわゆる、『作法』や『礼儀』といったものを現します。

一つひとつの所作には理にかなった意味があり、無駄なくスムーズに動作を進めるためのマナーのようなものです。

ここでもうひとつ覚えておきたい意味があります。それは仏教上の所作の意味。

動作のみならず意志を伝える行為全体、❝三業❞(身業:ボディーランゲージなど、口業:発っする言葉、意業:心の動き・思い)のことを指し、人がなにか行動(意志を持つ・発言)する時の心の動きに連動する、あらゆる反応のことをいいます。つまり、身振り手振りのみならず、発言や意志も含む意味のことをいうのです。

『所作』の正しい意味を踏まえて綺麗な所作とは?

これまでの解説の意味を総合すると、所作はマナーや立ち振る舞い、作法のみならず、発する言葉・思考や意図、すべてのあなたの行動が、『人に与える影響・印象』という意味になるのではないでしょうか?

つまり、所作が綺麗ということは、動作にも無駄がなくスムーズなだけではなく、『周りにも配慮がある』ということです。大人女子としてはぜひ身につけておきたい、品の良さ・魅力でもありますよね!

こういった綺麗な所作は、心にも時間にも余裕がある人でなければできませんし、ある程度気を引き締めていなければ、ついついボロも出てしまうわけで…。

ただ、根本は自己満足ではなく❝周りに不快を与えない配慮である❞ということが重要なポイントです。綺麗な所作は自分を守るものであり、かつ周りへの気遣いができることを意味するのではないでしょうか?

要領を得た身のこなしができる余裕こそ、大人の魅力ですよね!

綺麗な所作ができない=品のない人と思われる意味は?

これまで解説した所作の意味でもわかるように、綺麗な所作というのは、周りへの配慮やスムーズな動きということです。逆に綺麗な所作ができない人って、そのぎこちなさや荒々しい言動により、周りをハラハラ・ひやひやさせてしまうこがあります…。

人間はそういった所作に対し、無意識な不快感を抱くことも多く、『品のない人』と認識することもあるんですよね。具体例をいくつか挙げてみますので、該当するものはないかチェックしてみてくださいね♪

TPOをわきまえない服装!所作にも影響をもたらす?!

所作は動作のみならず、心の表現にも関係するとお伝えしましたが、服装においても大いに関係があるんですよ。『おでかけをするならオシャレがしたい!』『お気に入りの服を着ていたい!』という女心はわかるのですが、TPOをわきまえていない服装や髪型などで、自己アピールしてしまっていないでしょうか?

プライベートのみならず、ビジネスでも言えることですが、相手にどう見えるかという印象も重要なこと。

自分の気分は上がっても、場にそぐわない服装で登場されたら、周りの人はどう感じるでしょう?

あえて過剰なたとえを挙げますが、たとえば、ハイキングにみんなで行くのに、ヒールを履いてきたり…お客さん回りの日に露出の激しい服だったり…。こういったTPOをわきまえていない人は、周りに配慮ができておらず、綺麗な所作なんて遠い存在の人であり、残念ながら品のなさが際立ってしまいますよね…。

中身のないうわべだけの綺麗な所作はかえって逆効果?!

タイトルとURLをコピーしました