アラフォー世代の大人女子!男ウケのために痛い女になってない?

アラフォー・大人女子!男ウケのために痛い女に?!

あなたは男ウケのためにどんな努力をしているでしょうか?

今の時代、アラフォーでも独身の女性なんてたくさんいますが、たとえ既婚者であっても女性である以上、女ウケも男ウケもよくいたいでしょうし、いつまでもキレイ・可愛い女性でいたいと思う気持ちはありますよね♡

しかし、その気持ちとは裏腹に、アラフォーといえば微妙な年代でもあるのも事実。コラーゲンも激減し、肌ツヤも変わってきます…。

体型維持にスキンケア、ヘアケア…あらゆるケアが、これまで以上に維持が大変になってくる年代です…。そんな中、手っ取り早くできる❝男ウケ狙い❞で、痛い女になってしまっていないでしょうか?

経験ゆえに、『こういうのって、男ウケ良いよね♡』と思い、意図的にやっていたことであっても、アラフォーがやると、ただの❝痛い女❞になり兼ねないこともあるんですよ!

そうならないために、痛い女認定されてしまう見た目や言動を学びましょう!

見た目が痛い女?!男ウケに必死なアラフォーな大人の特徴

こんな見た目だと『痛い女だなぁ…』と思われてしまう、アラフォー女性の特徴をいくつかご紹介します。

見た目に関しては、童顔の人もいれば、もとから老け顔の人もいますし、人によってかなり差があることなので、一概には言えませんが、自分の主観の可愛いと、年齢ゆえの可愛いにギャップが出てくる年代でもあるアラフォー。

このギャップをしっかり把握していないと、痛い女と認定されてしまうかもしれません。

見た目が痛い女?!男ウケに必死なアラフォーな大人①20代向けの服

明らかに20代向けの服装をしていると、男ウケは微妙になってしまいます。

服って、その人の感性を現すアイテムでもある反面、世間の流行や主観・個人の好みもあるため、基本的には自分が着たい服や好きな服を着ても、誰からも文句を言われる筋合いはありません。

しかし、いくら肌がキレイでもスタイルが良くても、露出の多い服…ティーンかのような色使い…若作りな可愛すぎる服のアラフォー大人女子の場合、男ウケはどうでしょう?

自分より世代が下の世代に向けたデザインの服でも、キレイに着こなせる大人もいるでしょうが、ハッキリいってそれができるのはほんの一握りの人のみ。

実際に、芸能人ですら、服装に関してはさまざまな意見があるほどですから。アラフォーともなれば、着こなすのはかなり至難の業…。

年齢にそぐわない服装の大人を見て、男ウケとしては『若作りにしか見えない…』という意見は複数あります。

周りからどう見えるかを意識したファッションセンスも、大人の魅力ということですね。

見た目が痛い女?!男ウケに必死なアラフォーな大人②派手めなメイク

メイクにも流行りがあって、世代によっても似合うもの、似合わないものがあるのは事実です。

マツエク、つけま、カラコンなんかも人の見え方を非常に変えるアイテムですし、アラフォーともなると、まつ毛の毛量も悩みどころかも知れません。

加齢でまぶたも下がるので、カラコンで目をパッチリさせたい気持ちもわかります。メイクって、コンプレックスを解消することもできるから!

ただ、アラフォーのやり過ぎなアイメイクは男ウケとしては要注意!世代に合わせたメイクのアップデートがポイントです。

流行りを追い過ぎているメイクやメイクアイテム以外にも、昔っぽさが出ているメイクも注意したいところ。20代の頃に流行っていたメイクを今もなお続けていないでしょうか?

アイラインの囲みメイクやつり眉、変えるのって勇気が要ることでしょうが、せっかくのメイクで男ウケが悪くなっていては元も子もあせません。

若い子の流行りを追い過ぎず、過去を引きずり過ぎず、歳と共に似合うメイクに進化させていないと、痛い女認定されているかもしれません…。

タイトルとURLをコピーしました