スポンサーリンク

スポンサーリンク

食育・スローフードな食材は子供のために良い?

人間の体を作るのに必要な食事。当たり前のようにしている食事ですが、生きる上で欠かせないものですし、誰しも『楽しく・美味しく食べて健康な体でいたい』と思いますよね♪

特にお子さんがいるご家庭では、『自分が作る食事が子供の体を作るんだから、食べ物には気を付けてあげたい!』と考える方も多いのではないでしょうか?

バランス良く・偏食にならないよう、多種多様な食材を使用した食事をすることはとても大切なことです。

しかし…わかっていても毎日のことだからこそ、食事がおろそかになることはありませんか?

『疲れたし今日は手抜きしよう』『ファーストフードで済ませちゃおう…』という日が、たまにはあっても良いのですが…。

子供に添加物や防腐剤がたくさん使われている食材を食べさせる危険を考えると、少し躊躇してしまいます。

手作りの❝スローフード❞や、食の原点を考える❝食育❞というのは、子供のみならず、食事が当たり前になり過ぎている大人にとっても、必要なことといえそうですね。

そもそも『スローフード』ってなに?

スローフードとは、イタリアから始まった❝ファーストフード(ファストフード:Fast Food)❞に対抗する、食に対する理念のこと。スローフードを直訳すると、ゆっくりな食べ物となるので、『どういうこと?』と思われるかもしれませんが、Fast(早い)に対してSlow(ゆっくり)という言葉を使用しています。

簡単にいうとアンチファストフード、広い意味では『安心できる食を大事にしよう』という考えのことです。

スローフードの食事に対する根本理念は、❝美味しく・キレイに・正しい❞であり、当たり前のように食べているものについて、しっかり考えていこうというものです。

今ではオーガニック食材・有機野菜などの言葉が定着していますが、スローフードでいうとこれは❝キレイ❞に該当します。

農薬がすべて悪とはいいませんが、農薬不使用のキレイな食材という意味ですね。また、遺伝子組み換えではない食材などもこの❝キレイ❞のひとつ。

❝正しい❞は、フェアトレードなどを指します。❝美味しい❞は食事に関しては言うまでもないことですが、新鮮さや素材そのものの旨味・風味のこと。

人間が利便性を求めた結果、あれこれ手を加えすぎてしまい、ありのままの食材のよさが壊れてきてはいないでしょうか?

そういったことを踏まえて、食材・食事の原点に戻って、自然にも体にも優しく、食べることを考えようという考えがスローフードのポイントです。

スローフード協会|スローフードとは

そもそも『食育』ってなに?

スポンサーリンク