スポンサーリンク

ケチらないでお金がたまる人になる方法!節約よりもすべきこととは?

スポンサーリンク

ケチらない方が金回りが良くなる?!

お金は川のようなもので、本来、流すもの・流れるものです。

考えてみてください。お金という制度がなかった頃は、お互いの”できること”を活かして、物々交換で成り立っていました。たとえば、魚を取る人がいて、家畜を育てる人、野菜を育てる人などがいて、それぞれが『うち、魚あるから、その肉と交換してください』『うちは野菜があるから、その魚と交換しましょう』って。それで成り立っていたわけですよね。

ただ、いつでも魚があるわけでも肉・野菜が手元にあるわけでもない。まして肉と大根1本が平等な価値というわけでもない。交換する物の価値が同等ではないこともあります。こうなってくると、公正・適格な取引が難しくなってしまうため、お金というものを使用して、みんなが同じ価値を示せるようにしました。

この話で気づいて欲しいのですが、誰か一人がお金を抱え込もうとする(出し惜しむ)と、他の人に回って来なくなり、困ることになります。

物々交換の流れ、お金の流れを止めることでストップしますよね?肉屋さんだけお金を持っていて、魚屋さんは肉屋のお金が流れて来ないと、なにも買うことができなくなる…。そうなると、現在で言う経済(物流)全体がストップします。ある人だけが得て、他が苦しむ仕組みです…。

そう考えると、人のためにお金を使うという意味があると考えられますよね。しかも自分が出さないと、新しいものは入ってきません。お金は上手に循環させないと、無意味なただの紙切れ。流すから入ってくる、だからお金がたまる人になれるんです。

お金が絡むと人柄が出る!?

タイトルとURLをコピーしました