スポンサーリンク

ケチらないでお金がたまる人になる方法!節約よりもすべきこととは?

スポンサーリンク

お金がたまる人になる方法②人を笑顔にするためにお金を使う

お金って、今の社会では生きるために必要なアイテムではることは間違いないのですが、自分のためだけ・生きるためだけにお金を使っているのであれば、残念ながら、ケチらないでお金がたまる人には程遠い価値観を持っているということです…。

お金を支払う時に、”この自分の支払いで、どこかの誰かが喜んでいる”って思ったことはあるでしょうか?先ほど物々交換の話をしましたが、それを元に考えてみてください。

あなたが必要だから支払った(購入した)ことにより、それを販売する人・付随する関係者にお金が流れて、そのお陰で笑顔になれる方がいるのです。

人におごれとか贈り物をしろという意味ではありませんが、ただこの発想があれば、お祝いなどの時に人になにかを贈る時やご馳走する機会に、ケチらないで”相手を笑顔にしたい・喜んで欲しい”という、気持ちを表現する方法として、純粋な気持ちで支払えることでしょう。

お金がたまる人になる方法③楽しみながら働く

お金に対して悪・悪いもの・大変なもの・苦労をして得るものと、いうイメージがある方は、一層注意が必要です。出し惜しんだり、ケチらないとお金がたまる人になれないと思っていたりするのは、『お金を得るのは大変で、苦しいこと。嫌な思いをして得るもの』というような”我慢料”のような気持ちがあるからではないでしょうか?

あるいは仕事に対して、”生きるために仕方ないこと・苦しいもの”として認識していることはありませんか?

そもそも、苦痛を伴って得たという感覚のお金であれば、それはもう…出し惜しむのも無理はありません。こんなに苦労したんだから、無駄に出したくないとケチらないではいられなくなってしまいます…。

だた、それだとお金を使うことが苦痛になってしまいませんか?もし、楽しく働いて得られている場合なら、もっと楽しくお金も使えることになるはずです。楽しみながら仕事をして、お金を得るようにしてください♪

また、日本のこれまでの仕事やお金の感覚にメスを入れる発言になるので、賛否分かれるのは承知ですが…汗水たらして稼いだお金と、楽しく手に入れたお金を比べらた、汗水たらした方が価値があるとい発想は捨てた方が良いかも…。その美学って、日本人らしい発想というか…。

楽しくお金を稼いだって良いし、むしろそれこそが健康的に生きている証ですから、楽しくお金を手に入れる人になりましょう!好きなことで収入を得てください。

タイトルとURLをコピーしました