スポンサーリンク

ケチらないでお金がたまる人になる方法!節約よりもすべきこととは?

スポンサーリンク

お金がたまる人になる方法④募金・寄付を惜しまない

『こういう活動をされている方って素敵だな、応援したいな!』、そんな風に思う人・団体を見かけたことはありませんか?なんでも構いません。たとえばあなたが犬が好きなら保護犬活動をしている団体、自然が好きなら自然保護の活動をしている団体など、あなたが興味のあることに対して活動している人や団体はないでしょうか。

少し角度を変えるとふるさと納税制度なども、好きな街や応援したい街に納税するわけですよね。

そういったところに、投資や募金や寄付をする。ただでさえ、節約したいし家計は火の車だっていうのに?!と…簡単にはできないかも知れませんが、ここでケチらないで、『自分の好きなことに活かしてもらえるなら』とお金を出せる人は、巡り巡ってお金って返ってくるものなんですよ♪

一生懸命、自分のために貯め込んでも、生きている間に使う額はさほど変わりません。というか、使う能力の有無も関係しますしね…。

家族に残すためにと思っていたとしても、その残った家族がお金を得た時に、本当にその遺族のためになるのか…考えたことはありますか?遺産で揉めるかも知れません。

いきなり大金を手にしたことで、人生が崩壊する人もいます。

貯めて貯めて…流れないお金を抱え込んだとしても、自分はよくても”他の人を幸せにしていない”ことに、少し気持ちを寄せられると良いですね!

総務省|ふるさと納税ポータルサイト

お金がたまる人になる方法⑤ケチらないで増やす発想を

節約する方法、切り詰めて貯金をする方法ばかり考えるのではなく、現段階であなたができるお金を生み出す方法を考えてみましょう。

ほとんどの人が『そんなお金になるような一芸もないし…』『資格もないし、手に職になるようなものもないし…』と考えるかもしれませんし、今できることでお金を生み出すという発想自体が難しいかもしれません。

しかし、雇われるばかりがお金を得る方法ではないのです。

これは、起業でもしろって?って話ではありません。ただ、あなたが普通・当たり前と思っていることだとしても、人がお金を払ってでも欲しいと思うことってあるのです。

ただの趣味だということであっても、実はお金を生み出すあなたの強みになることだってあるのですから!

まず、好きなことをとことん追及してみる。それだって、楽しみながら、お金がたまる人になるひとつの方法でもあり、近道なんですよ♡

お金がたまる人になる方法の注意点!ケチらない=節約しないわけではない!

タイトルとURLをコピーしました