スポンサーリンク

社会人だって新しい友達が欲しい!素敵な大人の友達の作り方♪
スポンサーリンク

社会人だからこそ友達が欲しい…でも友達の作り方がわからない

社会人になってから、何人新しい友達ができましたか?…この質問って単純に聞こえますが、案外、考え込んでしまう人もいるのではないでしょうか。

仕事がハードで会社と家の往復のみ…友達が欲しいと思ってもそんな時間すらないという方もいますよね。休みは家のことややりたいことをやったり、日頃の疲れを抜いたりもしたいし…。こういう生活をしていると、友達が欲しいと思っても、そう簡単じゃないんですよね。

社会人になると仕事中心の生活になってしまい、出会いも学生時代から比べると激減しますよね。(職種にもよるでしょうが…)

そんな毎日ですから、「友達ってどうやって作るんだっけ?もう作り方がわからない…」という気持ちが湧いてくるのも無理はありません。仕事で出会った人の場合、仕事の壁があるため気楽に付き合える友達になるのも難しいものですしね。子供の頃なんて、友達の作り方なんて意識しなくても、自然と仲良くなれていたのに…。どうしてこんな風になってしまったのでしょう?

社会人でも友達は欲しい…でもどうして作り方を忘れてしまったの?

社会人になったから、友達の作り方がわからなくなってしまったんでしょうか?あるいは大人・社会人になったから、新しい友達が欲しいと思っても、どうしたら良いのかわからなくなったのでしょうか?

子供の頃は、友達が欲しい…友達の作り方がわからない…なんて、考えたこともなかったという方も大半かもしれません。では、どうしてあなたは友達の作り方を忘れてしまったのか?少し考えてみましょう。

そもそも学生時代に友達の作り方で悩んだことはあった?

そもそも学生時代に友達が欲しいと思ったり、友達の作り方に悩んだりしたことがあったでしょうか?もちろん、個人の性格にもよりますから、控え目だったり、そんなに人と上手に話すのが得意ではなかったりする方もいるかもしれません。

しかし、社会人と学生時代には決定的に違うことがあります。それは、こちらが率先して動かなくても必然的に一定数の『役割』にハマらないで良い人たちが周りに多くいたことです。

みんな同じ条件で責任の鎧をまとうことなく、学校という場所で集まる…放課後は一緒に遊び…そういう、自由な生活ができていましたよね?つまり、そもそも友達の作り方なんて知らなくても、無意識に・必然的に友達ができていたのではないでしょうか?

大人になった今、能力や収入はもとより、生き方もさまざまあるのは当たり前。学生時代の頃のように”同じ”・”平等”という感覚が変化し、社会人として違いが生まれてきたということ。つまりそれが役割です。

大人になり社会人になると、学生時代のようにみんなが同じ平行線上に並ぶことはなくなりますし、ライフスタイルもそれぞれ変化していきます。早々専業主婦になり子供を持ちママになる人、バリバリのキャリアウーマン、海外へ移住、地元を離れる…そうやって、それぞれの道(人生)を進んでいくのです。

ですから歳と共に、友達の作り方が変わってくるのはいたって自然なことで、子供の頃のようにはいかなくなって当たり前なのかもしれませんね。

社会人であるという責任と役割にハマり過ぎていませんか?

社会人になり、みんながバラバラの人生を歩み自立していく上で、それぞれの”立場”や”責任”が生まれます。人によっては、母としてという人もいますし、会社員として、中には起業して個人事業主として…と、同じ歳・世代であろうが色んな立場の社会人がいることでしょう。

その立場によってやることや自己実現の仕方は変わってきますが、”立場”に縛られ過ぎて、ガチガチな考え方をしてしまう方も多くいます。

たとえば、ママ友として、社会人・会社員として、妻として…自分の今すべき役割の仮面をまとい、本当の自分を出す機会を失っていませんか?

こうなると『社会人だし、会社の人と友達のようになるのは良くない』と決めつけ、仕事の関係のみと割り切り、それ以上の仲になることを自らブロックしてしまいがちです。確かに仕事に関しては、友達気分ではなあなあになってしまうこともあるため、注意は必要ですが、ビジネスパートナー以上の関係性にはなれません。

ママ友の場合であっても、『〇〇くん(ちゃん)のお母さんとして』とか『子供のためにちゃんとしよう』という役割の義務感から、よき母としての仮面を外せなくなってしまい…。いざ、子供抜きになると希薄でよそよそしい関係になってしまうこともあります。

これでは、”友達は欲しいけど作り方がわからない”のではなく、自分から”友達になるのに邪魔な壁”を作ってしまっているのではないでしょうか?

社会人の今、あなたが欲しい友達はどんな人?

社会人になって、漠然と『あ~ぁ。友達が欲しいな…』と思っていても、具体的にどういった関係の友達が欲しいのか考えたとこはありますか?この基準って人によって、全然異なる部分なんですよ。
話し相手が欲しいのか、一緒にご飯に行ったり、お出かけしたりするほどなのか、もっと深い親友のような存在が欲しいのか…まず、自分が望む友達像を確認してみましょう。それによっては作り方も異なってきますからね♪

欲しい友達は…生活リズムが合う人!

社会人になった今、たくさん会ったり出かけたりできるような友達が欲しいのであれば、やはり大事なのは生活リズムが似ている人という前提になりますよね。

土日祝が休みの9時から17時(18時)の勤務の人が、接客業で土日祝が基本は仕事…という人と、たくさん会える友達になれるかというと…ほぼ不可能。どちらかが合わせてばかりになってしまい、欲しい友達とはかけ離れてしまうのではないでしょうか?

欲しい友達は…趣味・好きなことを共有できる人!

好きなことや趣味を一緒に楽しめる友達が欲しい!という方もいますよね。もしくは、やってみたいことはあるのだけど、一人ではトライしにくい…一緒にやれる友達がいたら、楽しく続けられるかもしれないってこともあるでしょう。自分が楽しい・好きと思うことを、一緒に共有して楽しめるって、楽しみを2倍にしてくれる最強の存在ですもんね!その友達のお陰でもっと知識も楽しみも増えるってこともありますし。

もちろん、気が合う上に、趣味や好きなもの・ことが同じとなると一番楽しいのでしょうが、少なからず、趣味や好きなものが似ているというだけでも、会話はしやすくなりますし、近づきやすい・親しくなりやすいというメリットもありますよね。

好きなものや考え方が同じ・似ているという共通点の有無は、友達の作り方を考えた時、楽しい気持ちを伴えるため、一番手っ取り早い方法なのかもしれませんね♪

欲しい友達は…メンター的な人生の先輩!

メンターという言葉をご存知でしょうか?簡単に説明すると、メンターとは、なりたい人・やりたい生き方をしている先輩とでも言いましょうか。やりたいと思っている道ですでに成功している人、自分の理想とする生き方をできている人。一般的には指導者・教育者という意味で表現され、昨今の仕事場でもメンター制度を採用しています。

みなさん、憧れる生き方や考え方、こんな人になりたいなっていう人っていませんか?

メンターは先輩・友達・知り合いから成り立つことも多く、事業をやりたいと思っている、生き方に迷っている時に、自分と同じような経験を経て成功した先駆者のような存在です。生き方・人生の師匠と弟子のような関係のこと。

メンターのマネをしていたら、自分も成功できたって人もいますし、メンターからヒントを得たなんて人もいます。なりたい自分からアドバイスをもらえるなんて、そんな仲間・友達がいれば心強い味方になりそうですよね!

厚生労働省|女性社員の活躍を推進するための「メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル」

欲しい友達は…悩みを共有できる人!

社会人になってからというもの、腹を割って話ができる友達がいない…と感じる人は少なくありません。

先ほどのお話のように、学生時代は同じ価値観や目線で考えられていたことも、主婦とキャリア女性の悩みや経験が違ってきますし、意見や見方が変わってくるのは当然のこと。なにをメインにして生きるかは、社会人になると人それぞれで変わってくるため、悩みが共有できるか否かも、立場によって違うのは致し方ないものです。

今まで同じように生きてきた友達も、経験が違ってくると相談しにくくなってしまったり、相談してもスッキリできなくなったりすることもありますし…。立場が同じ人が必ず意見が合うというわけでもないのですが。

ただ社会人になってから話す相手がいないと感じるのは、誰しも寂しいことでしょう。いろいろ話せる友達が欲しいと思うのは、人が当たり前に持つ本能ですから。あなたは今、悩みや苦しみを一人で抱え込んでしまっていないでしょうか?

厚生労働省|まもろうよこころ SNS相談

社会人から始める!新しい友達の作り方

社会人になってから…いや、社会人になったからこそ、今一度友達の作り方をおさらいしておきましょう。

先ほどどういった友達が欲しいのかという切り分けをしましたが、それによってはオススメな友達の作り方も変わってきますし、学生時代の頃の友達の作り方と同じ感覚でも良い部分と、社会人になってからそのやり方はNGというものもありますからね!さっそく、新しい友達が欲しいならすべきことやオススメの作り方を見ていきましょう!

生活を変えることが一番重要!…でも簡単じゃない?!

そもそもの基本かつ重要なお話です。これができないと言うのであれば、”友達が欲しい・新しい友達の作り方”云々以前の問題が出てきますから…。

まず、仕事や家事(あなたの今の役割)を理由に、『時間がない!』『自由がない!』と思っているのであれば、生活を見直しましょう。忙しくて…仕事が…育児が…家事が…やることが…と言い訳をしている以上、いい友達を作るのはほぼ不可能です。

少し厳しいお話ですが、人間は本気になれば絶対にそのための時間を作り出します。”美容院に行きたい!”と思ったら、美容院に行く時間を取りますよね?同じように、”歯が痛い!”と思ったら、歯医者に行くことでしょう。本気で自分が行きたいと思っているから、時間に都合をつけているはずです。
それと同じく、本気で友達が欲しいと思うのであれば、忙しいを理由にしていた生活を見直す必要があります。

たとえば、本当にブラック企業で残業ばかり…というのであれば、日頃の悩みの相談相手・一緒にいてスカッとできる友達が欲しいと思っているでしょうが、その前に、精神的に追い込まれるほどの仕事、そこまでやらないといけない仕事から抜け出す選択肢も必要なのかもしれません。

受け身で漠然と友達が欲しいと思うのではなく、メリハリをつけて時間を作る工夫をし、生活・1日の時間の振り分け方も見直す必要があるのではないでしょうか?

社会人だからこそ外に出よう!外は友達の宝庫♪

職場と家の往復のみの生活…そんな習慣はやめて、とにかく外に出るのが友達の作り方としてのはじめの一歩です。家にいたって新しい友達がやってくることなんてありえませんからね♪

休みの日は家のことが…ゆっくりして疲れも抜きたいから…仕事が早く終わったから今日は早く帰って寝よう…という生活ではなく、趣味のための習い事を始めたり、気になっていたセミナーやボランティアなどに参加してみたりしてみましょう。

すでに一人で完結するような趣味があるという場合は、趣味の仲間が集まる会やSNSなどに参加してみるのもいいですね。なにかに参加するというのは自己啓発にもなりますし。

好きなことの習い事やセミナーであれば、少なからず同じものに興味がある人が集まるわけですから、趣味の友達を作るにはもってこいなはずです。とにかく一歩、新しい刺激を見つける。そのために、家に閉じこもるのはやめませんか?

政府広報オンライン|「学び」に遅すぎはない! 社会人の学び直し「リカレント教育」

友達が来る集まりには積極的に参加する

社会人になり、忙しさを理由に友達に呼ばれても参加しなかったという方は、断らずにどんどん参加してください。”忙しくて参加できない”ではなく、参加するために調整するように心がけましょう。
既存の友達が別の友達も呼んでいる集まりもあるでしょうし、そんなの友達が欲しい人にとっては絶好のチャンス到来じゃないですか♪単純な考えと思うかもしれませんが、友達の友達って、案外気軽に友達になれたりします。

共通の友達がいれば、出会い方にしても話題・会話にしても、まったくの初対面同士よりも親しみやすくはなるはずです。『友達の友達=自分も友達』という新しい友達の作り方って、出不精や初対面が苦手な人からしてもハードルも下がりますしね。

ただし、新型コロナウイルスの関係から、集まりではしゃぎすぎるのはよくありませんし、人と会う・集まる際の注意は忘れないようにしてくださいね♪

社会人というプレッシャーは不要!フラットな心で♪

『せっかく外に出てみたものの、やっぱり友達の作り方がわかりません…』という人もいます。

友達の作り方で失敗する人の場合、外に出たにもかかわらず、相変わらず責任や役割の仮面を外せないでいたり、社会人としての自分の立ち回り方に囚われ過ぎたりしてしまい…。結局また、自分から”社会人としての壁”を作って、一線置いてしまうことがあるんです。これでは、友達と呼べる関係を築く弊害になってしまいますよね。

友達の作り方として、まず自らがある程度柔軟性を持って、オープンな気持ちでいることも大事なことです。今までの消極的な生活をしていては、新しい出会いですら受け止められなくなってしまいます。積極的に自ら動くように、かつ、フラットな心の状態でいられるように心掛けましょう。

『友達を作らねば!』と力み過ぎないようにしておく必要があります。必死過ぎないで、動きはするものの、心はニュートラル。これは意識していてくださいね。

なりたい自分像や望む生き方を考える!

『友達の作り方に直接関係ある?』と思うかもしれませんが、自分がなにものか?自分はどうなりたいのか?どういう生き方をしていきたいのかを明確に持っていると、類は友を呼ぶともいうように、自分に見合う人が自然と集まってくるものです。これは社会人だからこそ必要な要素ともいえますね。

友達の作り方に翻弄されているのではなく、自分とは?というビジョンがあると、気が合いそうな人にも敏感に反応できるようになってくるはずですよ♪

友達が欲しい時、社会人がすべきではない新しい友達の作り方って?

スポンサーリンク