【女性のキャリアアッププランの書き方】なりたい自分になる方法

女性もキャリアアップする時代!どんなプランを思い描く?

あなたはどんな夢や人生設計がありますか?

一昔前までであれば、女性は寿退社が当たり前だったり、20代の早いうちに結婚して出産して…というのが大半だったりしましたが、今の時代は、女性でもキャリアアップできるようになってきました。

実際に最近は女性でもしっかり出世をしている人も増えていますし、女性の上司もいますもんね。これは、男性女性関係なく、色んな生き方が選べる時代でもある証です。

ただ、中には夢で終わってしまった人もいます。反面、しっかり思うようにキャリアアップして、なりたい自分になれている女性もいるのは事実。

もちろん、なるようになるというスタンスで、その場その場の流れで生きるのもひとつの生き方です。色んな価値観・生き方はあるとはいえ、仕事をされている女性であろうが、今は育児中という女性であろうが、どんな立場の方であっても『こんな自分になりたいな♡』というビジョンはないでしょうか?

厚生労働省|雇用における男女の均等な機会と待遇の確保のために

『なりたい』を叶える!キャリアアッププランを作ろう!

すでに仕事がある方であれば『もっとキャリアアップしたい!』と思う方もいるでしょうし、今は仕事から離れている方でも『落ち着いたら、仕事をしてキャリアアップしたい!』と思う方もいるでしょう。

こういった思いを夢や憧れで終わらせることなく実現させたいのであれば、キャリアアップに向けたプラン表を作成するのがオススメです!しっかりプランを組めるか、具体的に書けるかで、実現できる可能性に雲泥の差が生まれます。

キャリアアッププランの書き方は、ネット検索でいくつか出てくるのですが、どちらかというと男性向けの内容のものが多くて…。基本的には男性と女性のプランの書き方は同じでも良いのですが、男性と女性にはいくつか決定的な違いもあるので(出産など)、ズレが生じる危険もあります。

では、女性がキャリアアップしたい際のプランの書き方は、どうすべきなんでしょう?一緒に確認していきましょう!

女性のためのキャリアアッププランの書き方とは?

『キャリアアッププランの書き方』と検索して出てきた情報を元に、女性がキャリアアッププランを考えていったとしても…結婚や出産、育児という女性ならではの悩みも出てきます。仕事内容や職場環境によっては、その転機でキャリアアップを阻まれる…なんてこともゼロではありませんし。

つまり、女性は男性向けのキャリアアッププランの書き方を活かした上で、プラスアルファの工夫が必要なんです。ただ、誤解しないで欲しいことがあります。それは、すでに今子供がいる女性・仕事から離れているという女性であっても、キャリアアップは目指せるということ。

『今更キャリアアップのプランを考えるなんて無駄…』と、諦めないでください。年齢に関係なく、キャリアアッププランを丁寧に考えていけば、なりたい自分になれるチャンスは必ずあります!『なりたい!』を叶えるプランの書き方のポイントは、”楽しいイメージ”ができること。ですから、最初から無理かも…と諦めないで、楽しい気持ちで書き出していってくださいね♪

では、さっそく女性のためのキャリアアッププランの書き方を詳しくご紹介していきます!

女性のためのキャリアアッププランの書き方①大まかな人生設計

まず、書き方の一番初めの手順として、ざっくりで良いのキャリアアップのための大まかな人生設計を考えてみましょう。

キャリアアップと言っても『絶対に女性役員になってある!』という人もいますし、『独立して起業する!』という人もいますし、『部長・リーダーになる!』という人もいますよね。最初にその自分の最終目標を決めてください。そして、そうなるには30代のうちにこうしておこう。40代にはこうなっていたいという明確なビジョンを考えます。

この時の書き方のポイントは、最終目標から逆算して考えていくことです。『いつ頃どうなっているのか』という設定をして、そこからそうなるにはこのくらいにはこうなっていないといけないな、じゃあそれまでにこうしておきたいな…と『逆算プラン』の書き方をするようにしてください。

あくまでこの段階では大まかにで構いません。この年齢くらいにはこうありたいなという願望を書き出していくと良いですね!

タイトルとURLをコピーしました