50代・60代で始める「終活」へ向けた断捨離のすすめ!断捨離の方法やメリットをご紹介

人生の折り返し地点である50代・60代。多くの方が、残りの人生の過ごし方について考え始める頃ではないでしょうか。そんな50代・60代の方におすすめしたいのが「終活」へ向けた断捨離。50代・60代で終活をするのは少し気が早い気もしますが、さらに高齢になると体力も落ちてしまい、断捨離をするのも難しくなります。元気なうちに要らないものを断捨離してしまい、身軽な老後を目指しましょう。

公開日:    最終更新日:

50代・60代は断捨離をする最後のタイミング!


http://girlydrop.com

50代・60代くらいの年齢になると、気になってくるのが「終活」。そろそろ身の回りを整理整頓して、身軽になりたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。ライフスタイルも仕事を持っている方なら定年退職をしたり、お子さんがいる方なら子どもの就職などで手が離れたり……と、色々な変化を迎える頃ですよね。

そんな50代・60代の方におすすめしたいのが断捨離です。年齢を重ねるにつれて体力などもなくなってきますから、まだまだ元気な50代・60代のうちに、断捨離をして、必要なものとそうでないのものをしっかり見極めることが大切になるのです。50代・60代は、断捨離を本格的に行うことができる最後のタイミングであるとも言えるかもしれませんね。今回は50代・60代の方向けに、断捨離&終活をする上で役立つコツやポイント、参考になる本などをご紹介していきます。

50代・60代で始める断捨離のメリットとは?


http://girlydrop.com

「いまさら断捨離なんて……」と思う方もいるかもしれませんが、断捨離は基本的にはいつからスタートしてもOKなものです。50代・60代であるといっても、これからの人生においては「今」が一番若いときでもありますよね。断捨離に関心があるのであれば、ぜひ今からでも取り組んでみることをおすすめします。

50代・60代から断捨離を始めるメリットとしては、好みなどが若い頃よりも定まってきていることが多く、取捨選択がしやすいということが挙げられます。洋服やアクセサリー、趣味関連のものを断捨離するときには、好みがはっきりしていた方が行いやすいと言えます。

また50代・60代ともなるといつのまにか不要なものが家の中にたまってしまっているということもあるでしょう。そういった「いつのまにか溜まってしまっていた不用品」「いつか使うからととっておいたけど、結局使っていないもの」などを片付けるチャンスなのです。頻繁に引っ越しをしている方の場合は持ち物を見直す機会が多いですが、持ち家など同じ場所で長年暮らしている場合には、知らず知らずのうちに家の中に物が溜まっているということが多々あります。そうしたものの見直しもかねて、断捨離を行ってみてはいかがでしょうか。

50代・60代での断捨離のコツ


http://girlydrop.com

あることを忘れているところから手をつける

断捨離は、取捨選択がしやすいところからスタートすることが、成功させるためのコツになります。例えば高いところの収納スペースや納戸など、普段使わないものを収納しているところから手を付けみるのはとてもおすすめです。そうした「普段あまり開けない場所」には、不要なものがたくさん眠っている場合が多いため。中には「こんなものがあったのか」と、あることすら忘れていたものを見つけることもあるでしょう。

また高いところの収納スペースは、年齢を重ねて体力がなくなってくると、断捨離や整理が難しくなってくる場所でもあります。足腰が弱くなってから高いところのものを出し入れするのは危険ですよね。ですので、健康な今のうちに、主に高い場所の整理を完了させておくことをおすすめします。また重いものなどを上げ下ろしする際には、十分に注意して行うようにしてください。

ジャンル別に取捨選択を行っていく

断捨離を行うときには、「服」「靴」「アルバム」「食器」のように、ジャンルごとに行うことがおすすめです。できれば同ジャンルのアイテムは一度に整理をしてしまうのが理想であると言えます。例えば靴の整理を行うのであれば、一度所有しているすべての靴を一か所に集めましょう。そしてそこから残すものと手放すものとに分けるのです。

断捨離や片付けでは基本的に、「残すもの」「手放すもの」に分ける作業を、ジャンルごとに行っていくことになります。思い出の品などはなかなか取捨選択が難しいジャンルなので、最初は比較的取捨選択のしやすい台所用品や服などから手を付けることをおすすめします。できそうなジャンルから取り組むことによって、断捨離のモチベ―ジョンをアップさせるという効果も期待できますよ。

決して無理はしないようにする

断捨離を開始すると早く終わらせたくて頑張ってしまうこともあるかもしれませんが、無理は禁物です。断捨離に夢中になって身体を壊してしまったら意味がないので、あまり体力がない方などは、無理して一気に行わないようにすることが大事です。また重たい荷物の整理や家具の整理など、力が必要になるシーンでは、家族や友人に手伝いをお願いするのも良いでしょう。

50代・60代はまだまだパワフルな方も多いですが、若い頃よりはやはり体力が落ちてくるものです。体調などともしっかり相談しつつ、断捨離を進めていくようにしてくださいね。

「子どもや孫が使うかもしれない」はやめる

お子さんやお孫さんがいる方の場合、自分にとっては不要であっても「子どもや孫が使うかもしれないから」と取っておきたくなるものも出てくることでしょう。ですが、自分以外の誰かのための物を抱えるのは、そろそろやめても良い頃です。「いつかつかうかも」と思って保管しているものは、実際には使わないものが多くあります。

子どもや孫のためにとって置いているものがあるなら、断捨離のタイミングで必要かどうかを訊ねてみると良いでしょう。そのときに子どもや孫がいるといえばあげれば良いですし、いらないようであれば、潔く処分すれば良いのです。

おすすめの断捨離&終活本

断捨離や就活の参考になる本が、様々な出版社からたくさん出版されています。ぜひ書籍も断捨離の参考にしてみてはいかがでしょうか。今回は特に50代・60代の方におすすめの本を集めました。気になるものがあったら、読んでみてくださいね。

『定年前にはじめる生前整理 人生後半が変わる4ステップ』(古堅純子/講談社)


https://www.amazon.co.jp/定年前にはじめる生前整理-人生後半が変わる4ステップ-講談社-α新書-古堅/dp/4062915014/ref=sr_1_13?s=books

『定年前にはじめる生前整理 人生後半が変わる4ステップ』(古堅純子/講談社)は、定年前に身の回りをきちんと整理しておきたいと思っている50代・60代の方にぴったりの書籍です。「老後」を迎えてから大がかりな断捨離や片付けをするのは、なかなかきついものです。そこで50代・60代のうちにしっかりと生前整理をしておくためのコツやポイントなどを、こちらの本で学んでみてはいかがでしょうか。

実際の事例なども書かれているので、そうしたエピソードも参考になることでしょう。終活や生前整理のやり方について学びたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

『50歳からはじめる人生整理術 終活のススメ』(柴田和枝/日経BP社)


https://www.amazon.co.jp/50歳からはじめる人生整理術-終活のススメ-柴田-和枝/dp/4822295834/ref=sr_1_6?s=books

『50歳からはじめる人生整理術 終活のススメ』(柴田和枝/日経BP社)は、タイトルの通り終活に着手しようと思っている50代の方に向けた本となっています。もちろん60代の方が読んでも参考になるところは多いでしょう。こちらの本では「写真整理」「デジタル遺品」「エンディングノート」の3つのポイントに焦点を当てて、終活の方法とポイントを紹介しています。断捨離の本ではありませんが、写真整理のコツなどは、断捨離をする際にも役立つことでしょう。断捨離や片付け本と合わせて読むのもおすすめです。

関連記事