仕事が嫌!憂鬱になる原因と『良い対処法・NGな対処法』

仕事が嫌で憂鬱に…その原因とは?どういう対処法が良い?

本当は今の仕事が嫌なんだけど…という本音がありつつも、みなさん、さまざまな理由から、無理して働いていませんか?生活のため、仕事上の社会人としての責任・義務など、仕事が嫌でも辞められない方も多いかもしれませんね。

でも、責任感や義務感、生きるためという理由だけで、本当は仕事が嫌なのに続けていたとしても、やがて憂鬱になってしまい心が折れてしまっては、元も子もないことになってしまいます…。

憂鬱になるほど仕事が嫌になる原因は、職場の人間関係や、そもそもの業務が自分に合わない、やりがいが見つけられないなどさまざまあるでしょうが、この時考えるべき対処法は大きく2つあります。
ひとつは『石の上にも三年』ともいうし、とにかく我慢して続けていれば、なんとかなる日が来るのを待つ。あるいは仕事を好きになる努力をする。

もうひとつは、思い切った方向転換をする。(これは退職・転職・起業なども含めた意味です。)

大きな人生の別れ道になってきますよね。ただ、今の時代、転職なんて当たり前にもなっているので、石の上にも…は、まやかしなのかもしれません。とはいえ、3年もすれば仕事の面白さもわかってくる頃ですし、気持ちの折り合いがつけられるのかも…ってこともありえます。

どう考えても仕事の内容が合わないという場合については、ひとつの仕事を続けるべき…と決めつけない方が、自分に合う道を探すきっかけにもなるのではないでしょうか?

厚生労働省|働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト こころの耳「統計情報・調査結果」

仕事が嫌で憂鬱になる原因とおすすめの対処法

仕事が嫌で憂鬱になる原因って人によって異なります。向いていない部署なのか、職種なのか、そもそも職場がブラックで問題ありなのかもしれませんし。小さな原因・小さなストレスがいくつかあって、ちりつもの結果、総合的に『憂鬱』ということもあるでしょうが…。

ここでは、いくつか代表的な原因をご紹介した上で、それぞれの対処法を考えてみましょう。原因によって対処法も違ってきますからね♪

仕事が嫌で憂鬱になる原因が『人間関係』の場合

仕事が嫌になったり憂鬱になったりする一番の原因は、やはり人間関係ではないでしょうか。これは社会人のストレスの原因の上位に、常にランクインしています。異動などでガラッと環境が変わったり、部署によって雰囲気が違ったりということもありますし、直で作業に関わる同僚しかり、クライアントしかり、自分の思う『良い人』や『やりやすい人』ばかりではありませんからね…。

逆に、万一その仕事があまり好きじゃない場合でも、人間関係に救われることもあるほどですから、やっぱり『人間関係』って、とても重要なことではないでしょうか。

どこに行っても、全員自分に合うなんてことはないのかもしれませんが…。

対処法としては、異動・自分の思考を変えるなどありますが、明らかに誰かが悪いなどがあるのであれば、然るべく窓口に相談する、どうしても憂鬱で耐えられないという場合は、辞めるのもひとつです。ただ、捉え方としては、不快な気持ちで辞めるのではなく、『もっと他の場所があるという神様の思し召だな♪』くらいの楽しい気持ちで切り替えると良いですね!

仕事が嫌で憂鬱になる原因が『職種』の場合

タイトルとURLをコピーしました